2010年12月21日

見た目はちょっと・・・のつくね芋お焼き

つくね芋を頂きました。
山芋の類ってややこしいんですよねぇ・・・地方によって同じ種類でも呼び方が違ったりして。

ちなみに、私たちが “つくね芋” と呼んでいるのはこんなの。

粘りが強いので知られる自然薯(ヤマノイモ)並み・・・んにゃ、それ以上の強い粘りが特徴。
すりおろしたものを取り分けよう!なんて行為は至難の業。お箸にくるくるっと巻きつけようものなら、全部ぺったりとくっついてきちゃう・・・それほど粘りが強い山芋なんです。

で、そんな “つくね芋” で作った本日の我が家のお弁当。主食はこちら

主材料の “つくね芋” に負けず劣らず無骨な姿・・・つくね芋のお焼きです。
使ったお好み焼き粉は極少量。なのに、しっかり形になるところが “つくね芋” のスゴさ。

なんとも素朴なお昼ご飯。
ネギに白菜・銀杏・きゃらぶき、そしてツナ。ぎゅぎゅっと入った具沢山なつくね芋お焼き。
扱い辛いわ、手はかゆくなるわ・・・意外と大変だったのよ これ。こんな姿だけどね・・・










  1. つくね芋は綺麗に洗い、皮をむいてすりおろします。変色が気になる場合は、薄い酢水にしばらくつけてからすりおろすと 幾分かは変色が抑えられるようです。

  2. 1に濃いめにとった鰹だしを加えて扱いやすいようにのばし、少量のお好み焼き粉・お酒・ツナ・刻んだきゃらぶきを加えてよく混ぜ合わせます。
    きゃらぶきの代わりに塩昆布やサクラ海老、ちりめんじゃこなんかでも。

  3. 繊維を断ち切るよう細切りにした白菜は軽くレンジ加熱し、冷めたらぎゅっと絞ります。ネギは小口切り。銀杏は殻にひびを入れて軽くレンジ加熱し、殻と薄皮を除きます。
    ティッシュ等で極々薄く胡麻油をぬったフライパンを温め、正方形にカットした海苔を並べます。この上につくね芋生地を流し入れ、その上に白菜・ネギ・銀杏を。
    弱めの中火でじっくり焼いたら裏返し、押え付けずにふんわり両面焼けば出来上がり。

  • なんとも不思議なふわふわ感。ひとつでかなりお腹にずっしりきますよ。
    ・・・すぐにお腹が空くけどね。










無骨な田舎風お焼きが主食・・・ならば主菜も無骨に参りましょう。

イノシシの肉です。
頂いた猪肉を、お味噌と生姜で炒めた定番中の定番料理。

猪肉には、舞茸が合うんです。冷めても脂が浮いてこないので、意外とお弁当向きなのかも。


猪肉の脂身って、豚や牛の脂身よりずっとしっかりとした食感。
焼いても脂が融けださないので、さくさくっとした感じが残るんです。

猪肉は食べやすい大きさにカットし、お酒・おろし生姜をもみ込んでおきます。お味噌・お酒・極少量のオイスターソース・みじん切り生姜を混ぜ合わせ、合わせ調味料を作っておきます。

舞茸は食べやすくほぐしておきます。
人参は厚めの輪切りにして面取りを。蕪は縦4等分して皮をむき、同じく面取りします。
人参と蕪は、軽くレンジ加熱しておきましょう。

ティッシュ等で極薄く胡麻油をぬったフライパンを温め、人参と蕪をじっくり焼きます。綺麗な焼き色がついたら猪肉を投入して両面さっと焼き、舞茸・合わせ調味料を加えます。からめながら焦がさないようしっかり中まで火を通し、火を止めてお醤油を数滴たらして出来上がり。

・・・主人、今日はお楽しみの猪鍋よ!あなたってホンとジビエ好きね・・・はぁ・・・










副菜は、大好きな酒粕和えです。

根尾の伯母が冷凍しておいてくれる “桑の木豆”、 莢ごとお料理にするなら、この酒粕和えがいちばん好き!

今日は、柚子の風味をプラスして。
酒粕と柚子そして胡麻の風味、桑の木豆でなくても美味しいったらないわ。


白胡麻を乾煎りし、すり鉢に移してしっとりするまで丁寧に擂ります。


すり鉢に小さくちぎった酒粕・少量の白味噌を加えます。鰹だし・お酒・みりん・お砂糖を小鍋でひと煮立ちさせ、酒粕に回しかけてしばらくおいてふやかします。これを丁寧に擂り混ぜて和え衣に。

桑の木豆はお塩を加えた熱湯で茹でてザルにあけ、しっかり水を切ります。柚子は皮の黄色い部分だけを薄く包丁で削ぎ、細かく刻みます。これらを和え衣で和えれば出来上がり。

主菜で使った人参・蕪の切れっ端も軽くレンジ加熱して加えちゃいましょう。










本日のスープは、さつま芋とゴボウで。

ゴボウ特有の土っぽさにさつま芋の甘味、意外と調和されて美味しいんです。

食物繊維がっつり摂取出来る美味しいスープが出来ましたよ。



さつま芋とゴボウは同量で。どちらも皮を剥き、さつま芋は半月の薄切り・ゴボウは斜め薄切りにしてお水に浸しておきましょう。

つぶしたニンニク→斜め薄切りにしたネギ(白い部分)をじっくり炒めたところに、さつま芋・ゴボウを加えて軽く炒めます。油が全体になじんだら、ひたひたのお水・コンソメスープの素を。

さつま芋とゴボウが充分やわらかくなったところで、極少量の白味噌を煮溶かして火を止めます。牛乳を少量加え、ハンドミキサーでピューレ状にしたものを再度弱火にかけましょう。

牛乳でお好みの濃さにのばし、味をみて薄いようならお塩を少々。軽く温めて器に盛り、たっぷりの黒コショウを挽いて出来上がり。





つくね芋・猪肉・桑の木豆・・・
これってお弁当の食材なの?


つくね芋たっぷりの素朴なお焼き。
白菜・ネギ・きゃらぶき・ツナ・銀杏・海苔・・・文字通りの具沢山。

猪肉の味噌炒め。定番ですね、猪にお味噌は。
そして猪肉には舞茸!シイタケよりしめじより絶対舞茸!

伯母がさっと茹でて冷凍しておいてくれた桑の木豆。
大好きな酒粕和えに。柚子の香りがこれまた美味しいっ!

本日のスープは、さつま芋とゴボウのポタージュです。
ほんのりさつま芋の甘味、ほんのりゴボウの土っぽさ・・・よい組み合わせ。

今朝は、つくね芋で作ったとろろうどんを朝食に。
朝食を食べながら、テレビの中のみのさん・その仲間たちの熱いトークを聞いておりました。

なになに?
妻が夫に言われてかちんっとくる言葉、夫が妻に言われてかちんっとくる言葉は何か?

『もっと家のこと手伝ってよ!』・・・テレビの中の皆さま、うんうんと大きくうなずきます。
主人が呆れた顔で言います。『これとこれやっておいてね、って手紙に書いて置いておけばいいのに・・・僕、言われたことはやっとくよね、どぅみぃ(私のこと)。』・・・えぇ、確かに。

『誰のおかげで飯食ってると思ってんだ!』・・・女子アナがリアルに同意しています。
主人即答、『誰がご飯作ってくれてると思ってんだろうね、このご主人。ご飯作ってもらえなきゃ、働けないのにね。』・・・あんた、偉いよ。本当にいい人だよ。

今夜は大好きな猪肉、いっぱい入れてあげるからね。
ところで、我が家でかちんっとくる言葉って何なんだろう。いつも何の原因で喧嘩するんだっけ?
猪鍋食べながら、暴言合戦してみる?


posted by しんさん at 14:55 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。