2010年12月01日

ふわっふわホウレン草パンケーキの野菜もりもりサンド

おぉっ!今日から12月ですか。今年も残り1ヶ月となりましたか。お早いですなぁ。
本日12月1日大安。月の始まりが大安って、なんだか好きなんです。

さ、今日も元気に野菜室の中を じゃんじゃん片付けて参りましょうか!
日持ちする根菜類は後回し・・・と。まずは葉野菜。特にホウレン草をやっつけましょ!

で、本日の我が家のお弁当。ホウレン草もりもりの主食が出来ましたよ

見るからにホウレン草もりもりね、この緑色。ホウレン草がどっさり入ったパンケーキです。

このホウレン草パンケーキね、すっごくふわんふわんなの。
焼いていても楽しい程ふわふわ。ふわふわ過ぎて・・・マズい!つい食べ過ぎてしまうわ!

お弁当だからと言って、ソースもないパンケーキなんてちょっと味気ないものね。
じゃ、どら焼きみたいにソースを挟んじゃいましょう!在庫豊富な里芋のソースをね!

あくまでも在庫食材の消費に拘りますよ。ふわっふわのホウレン草パンケ―キで作る里芋クリームのパンケーキサンド。ついでにとろとろに煮た蕪も一緒にサンド。
本日の我が家のお弁当。主食のパンケーキサンドは、根尾の伯母 特製野菜がもぉ〜りもりです。










本日のふわふわ生地は、薄力粉・ベーキングパウダー・重層・ヨーグルトで作ります。
以下の分量で、直径8〜9センチ程のホウレン草パンケーキ14枚分。


【下準備】
  • ホウレン草はお塩を加えた熱湯でさっと茹でて冷水にとり、ぎゅっと水気を絞ってからざく切りにしておきます。ざく切りにした状態で100グラム程でした。
  • フィリング用の蕪は皮をむき縦4等分に。鰹だしでじっくり煮てそのまま冷ましておきます。あ、下の写真は主菜用の大根も一緒に煮てありますけどね。
  • 無塩タイプの醗酵バター 20グラムを湯せんにかけて溶かしておきましょう。

  • 薄力粉 100グラム・ベーキングパウダー 小さじ1/2・重層 小さじ1/4・お塩 ひとつまみ。以上を全て一緒にふるっておきます。



【ホウレン草もりもりのパンケーキ生地、まずは生地を休ませるところまで】
  1. ホウレン草・卵 1個・牛乳 大さじ3をハンドミキサーでピューレ状にします。ここにヨーグルト 120グラム・溶かしバターを加え、泡立て器でしっかり混ぜ合わせましょう。
  2. ふるっておいた粉類に1を加え、ゴムべらでさっくり混ぜ合わせます。

    ここで混ぜ過ぎないのがポイント。粉っぽさが若干残る程度でOKです。そのまま室温で10分程休ませます。重層の発泡効果で生地がしゅわっとした感じになりますよ。



【ホウレン草もりもりのパンケーキ生地、弱火でじっくり焼きましょう】
  1. 厚手のフライパンにティッシュ等で極々薄く油をぬって温めます。ホウレン草生地をスプーン1杯ずつ丸く流し入れ、弱火でじっくりと両面焼きましょう。

    セルクル型等使わなくても、ふわふわの生地なので意外と丸くまとまってくれますよ。
    この調子でどんどん焼いては網の上にひろげて冷ましていきます。

    あ、焼き上がったパンケーキを重ねるのはしっかりと冷めてから・・・ね。



【里芋クリームを作りましょう、そしてパンケーキに挟んで仕上げましょう】
  1. 里芋は皮をむいて1センチ厚さの半月に。たっぷりのお水と共に弱めの中火にかけ、煮立ったら火を少し弱めてやわらかく茹でて お鍋を傾けお湯を流します。これを滑らかに練り混ぜ、みじん切りにしたマッシュルーム・少量の牛乳を加えて弱火にかけながら焦がさないよう練り混ぜましょう。クリーム状になったら火を止めて塩コショウします。

  2. パンケーキの上に里芋クリームをたっぷり盛ります。
    その上にしっかりと煮汁を切ってイチョウ切りにした蕪を並べましょう。

    上にパンケーキをのせてサンドすれば出来上がり。ふわふわホウレン草パンケーキ・もっちり里芋クリーム・やわらかな蕪・・・当に野菜もりもりの主食です。
    ダイエッターさんでなければ、里芋クリームにツナ ベーコン チーズ等を混ぜても。










カウンターの柚子が良い香り・・・
ここはひとつ、レンジで気楽に柚子味噌なんぞ作ってみましょう。

鰹だしでやわらかく煮た大根を柚子の器にこんもりと盛って。
たっぷりの柚子味噌をあしらい、オーブンで焼いてみましたよ。

柚子味噌は酒粕入り。
これで焦げ過ぎなければ100点満点だったのにね・・・



大根は皮をむいて小さな乱切りに。たっぷりの鰹だしと共に中火にかけて煮立ったら弱火にし、キッチンペーパーの中央に穴をあけた落とし蓋をしてことこと煮ましょう。
20分程煮て充分やわらかくなったらそのまま冷まします。

柚子1個を綺麗に洗います。表面の皮を薄く削いで、皮はみじん切りに。実は横2等分します。
種を取り除いて果汁をレンジOKのボールの中に搾り出し、実のワタを除いて器にします。

柚子果汁のボールにお好みのお味噌 70グラム・酒粕 30グラム・みりん 大さじ3・お酒 大さじ2を加え、少しずつレンジ加熱しては練り混ぜます。滑らかになったら柚子の皮を加えましょう。

しっかりと煮汁を切った大根を柚子の器にこんもりと盛りつけ、柚子味噌をたっぷり上に。
高温に熱したオーブンの上段 又はオーブントースターで焼きましょう。

うっすらお味噌が焦げる程度にね。焦げ過ぎないようにね。










副菜は大好きな白和えです。

本日は春菊と柿で。
彩り美しい大好きな組み合わせです。

和え衣には、いつもの白胡麻に加えてピーナッツも擂り混ぜてみました。

粒が大きくてかたいピーナッツ。
白胡麻だけの時より多少骨は折れますが、濃厚な白和えが楽しめますよ。



ピーナッツは塩分の少ないものを。焦がさないよう乾煎りしてすり鉢に移し、すりこ木で押し潰します。ピーナッツが細かくなったら乾煎りした白胡麻を加え、しっとりと擂り混ぜます。

充填絹ごし豆腐・お砂糖・白味噌を加えて更に擂り混ぜ、滑らかな和え衣に。

春菊はお塩を加えた熱湯でさっと茹でて冷水にとり、根元を揃えて引き上げます。巻きすに包んでしっかり水気を絞ってから少量のだし醤油を回しかけ、再度巻きすで絞ります。

食べやすく切り揃えた春菊・拍子木切りの柿をすり鉢に。和え衣で和えれば出来上がり。










本日のスープは、さつま芋と人参のポタージュです。

・・・ちょっと人参が小さかったかしら。

殆どさつま芋の味しかしませんが、これはこれで美味しい濃厚なスープが出来ましたよ。



つぶしたニンニク→薄切り玉ねぎの順にをじっくり弱火で炒めます。
更に薄切り人参、しばらくお水に浸けてアク抜きをした薄切りさつま芋を加えて軽く炒めます。

ひたひたの鰹だし・極少量のウェイパーを加えてしばらく煮て、少量の白味噌を煮溶かして火を止めます。牛乳を少量加えてハンドミキサーでピューレ状にし、再度弱火にかけてお好みの濃さになるよう牛乳でのばします。昆布茶を少量加え、軽く温めて出来上がり。





焦げてるって、焦げてるって!
折角の柚子味噌、焦げてるって!


主食はホウレン草たっぷりのふわふわパンケーキ。
里芋のクリーム&やわらかな蕪をサンドしてみましたよ。

あらら・・・見れば見るほど焦げ過ぎね。
大根の柚子味噌焼き。あ、主人。柚子の器は食べちゃダメよ。

大好きな春菊と柿の白和え。
本日は白胡麻に加えてピーナッツ入りの和え衣で。

さつま芋 > 人参のポタージュ。
言われなきゃ人参が入ってるって分かんないわね、こりゃ。

いつ頃だったかしら。ファミレスのロイヤルホストさん、パンケーキ食べ放題で話題だったの。
いつ頃だったかしら。パンケーキカフェなるものが テレビでよく紹介されていたの。
いつ頃だったかしら。パンケーキブーム到来!なんて見出しをよく見かけたの。

ホットケーキと聞かば なんだか懐かしい響きに魅了され、パンケーキと聞かば なんだかおっ洒落ぇ〜な響きに魅了され・・・同じものなのに。不思議な食べものだわね、これ。

主人から、たった今 “ご馳走様コール” がありました。
『びっくりしたんだよぉ・・・甘い系だと思ってかぶりついたら、里芋だったんだよ・・・』
ぷっ!ごめんごめん、確かにびっくりね。甘党のあなた、さぞ喜んで喰らいついたんでしょうね。

なんだか無性に普通のホットケーキが食べたくなりましたよ。
おっ洒落ぇ〜なヤツでなくて 昔ながらの普通のホットケーキ。メープルシロップとバターで食べる昔ながらのヤツ。大昔、新岐阜百貨店1階のガラス張りの喫茶店にあったヤツ。

・・・新岐阜百貨店!!ガラス張りの喫茶店!!なんとまぁどローカルな!!
岐阜の人でも若い人は知らないでしょうよ。
あの、カレーなんだかメープルシロップなんだかの香り漂うレトロな新岐阜駅を。


posted by しんさん at 14:09 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。