2010年11月30日

あら美味しい!おからとバナナとココアのケーキ

嫌いじゃぁないけれど つい後回しになってしまう食材・・・私の場合、それがバ・ナ・ナ。
たまに実家の母親がくれるのですが、つい完熟ぎりぎりで慌てて消費するのが常。

お、またヤッチまいましたよ。完熟ぎりぎりバナナの甘い香りがキッチンに漂っていますよ。
やべぇやべぇ、あと一日気付くのが遅かったら危なかったわ。

・・・というワケで、本日の我が家のお弁当。ど完熟バナナを使った主食です。

久しぶりじゃないかしら、薄力粉不使用 おから100パーセントケーキ。もちろんノンバター。

完熟バナナの甘い風味とココアのほろ苦さ、クルミの香ばしさ・・・あら、美味しいわ これ。
お砂糖もぐぐっと控えてあるので、夫婦揃って増加気味の体重にも良いのじゃなくって?

しっとりふんわり、バナナとココアが香るおからのヘルシーケーキ。
危ういところで救われた完熟バナナ、本日の我が家のお弁当 主食となって無事消費。
・・・ま、途中 ココアを入れ忘れるというハプニングはあったものの 結果オーライよね。










以下の分量で、底径約9センチ 紙製の100均マドレーヌカップに4つ分。



【下準備】
  • クルミ (適量) をクッキングシートを敷いた鉄板の上にひろげ、150度のオーブンで (予熱なし) 10分程焼きます。粗熱がとれたらざっくり刻んでおきましょう。
  • オーブンは180度に予熱しておきましょう。



【卵白と卵黄を泡立てましょう。そしておから生地を作りましょう!】
  1. ボールをふたつ用意し、卵2個を卵白・卵黄に分け入れます。
    それぞれにグラニュー糖を10グラムずつ加え、先ずは卵白を泡立てます。しっかりしたメレンゲになったら冷蔵庫へ。次いで卵黄に参りましょう。
  2. 泡立て器のアタッチメントは洗わずそのままでOKですよ。卵黄が白っぽくとろりとしたマヨネーズ状になったら、完熟バナナ(小ぶりのもの2本 正味160グラム程)をちぎり入れて 泡立て器でつぶすようにしながら混ぜ合わせましょう。

  3. 更におから 50グラムを加えます。滑らかになるまでしっかりと泡立て器で混ぜ、グランマニエ 大さじ1を加えて軽く混ぜ合わせましょう。

    • はい、ここで私ココアを入れ忘れました
  4. 冷蔵庫に入れておいたメレンゲ・3の卵黄ボールとを合わせます。先ずはメレンゲの1/2量を3のボールに加え、泡立て器で素早く混ぜ合わせます。次いでこれをメレンゲのボールに戻し、メレンゲの泡をつぶさないようゴムべらでさっくり混ぜ込みます。

    ・・・仕方がないので、ここでココア10グラムを茶こしでふるい入れてみました。

  • ちなみにココアは、バンホーテンの純ココアを使用



【生地をマドレーヌカップに流し入れましょう、そして焼きましょう!】
  • おから生地をカップにふんわり流し入れ、用意しておいたクルミを散らします。

  • 小麦粉使用の生地と違って、空気抜きはさほど必要ありません。
    180度に予熱したオーブンに素早く入れ、温度を170度にして25〜30分。

おからオンリーの生地なので、それほどはふくらみませんがしっとりふんわりです。
冷めたら茶こしで粉砂糖をふって出来上がり。
焼きたてより時間が経ってからの方が、生地が落ち着いてくるので美味しいですよ。










主食がおからケーキだって関係なしよ。主菜はホウレン草たっぷりのシュウマイです。

但し、皮なしお肉なし。
はてさて、これをシュウマイと言えるのかしら。

つるんとした表面は片栗粉。
高野豆腐・お豆腐・ホウレン草の自称シュウマイ・・・ヘルシーには違いないわよね。


普通のシュウマイよりうんと簡単です。

人参は軽くレンジ加熱してあられ切り。シイタケもあられ切りに。高野豆腐はすりおろします。
ホウレン草は お塩を加えた熱湯でさっと茹でて冷水にとり、しっかり絞って刻みます。これをキッチンペーパーに包み、ぎゅっと水気を絞ります。以上をすべてビニール袋に入れましょう。

更に 充填絹ごし豆腐・小麦粉・おろし生姜・顆粒の鶏がらスープ・ゴマ油・オイスターソース・お醤油も加えてもみ混ぜます。ついでに前日のゴボウサラダも刻んで入れちゃえ!

バットに片栗粉をひろげ、丸めた生地を並べていきます。
軽くレンジ加熱した人参を少し埋め込むように飾り、全体に片栗粉をまぶします。

蒸気の上がった蒸し器に並べ入れ、中火で10分蒸せば出来上がり。

くっつきやすいので、蒸し器にはクッキングシートを敷いて充分間を空けて並べ入れましょう。
水滴が落ちないよう蒸し器の蓋を布巾で包み込むことも忘れずに。










副菜は、さつま芋と柿のヨーグルトサラダです。

バナナと同じく、柿ってそれ程好きなものではないんです。
でもね、ヨーグルトと合わせると話は別。大・大好物!

キャラウェイシードを効かせた大好きなヨーグルトサラダ。

上にふりかけた黒胡麻シナモンは余分だったかな?


さつま芋は皮つきのあられ切りにします。しばらくお水につけてから、レンジ弱で休み休み10分程かけてじっくりと加熱します。ザルにひろげ軽く水気をとばしましょう。

柿は、さつま芋と大きさを揃えてあられ切りに。

ヨーグルト 大さじ2・マヨネーズ 大さじ1/2・ハチミツと白ワインビネガー 各小さじ1・キャラウェイシードとハーブ塩 各適量を混ぜ合わせ、さつま芋・柿・レーズンを和えれば出来上がり。










本日のスープは小松菜と里芋のポタージュ、根尾で貰った立派な小松菜どっさりの美味しいスープです。

小松菜は お塩を加えた熱湯でさっと茹でて冷水にとり、しっかりと水気を絞ってから使います。

アクの少ない小松菜は 本来下茹で不要。
でもね、根尾の小松菜は体に嬉しい無農薬。下茹でしないと・・・虫が!ね。

包丁でつぶしたニンニク→薄切り玉ねぎの順にじっくり弱火で炒め、濃いめにとった鰹だしを注ぎます。薄切りにした里芋・極少量の昆布茶とウェイパーも加えてしばらく煮たら、下茹でした小松菜をざく切りにして加えます。軽く煮て、極少量の白味噌を煮溶かして火を止めます。

牛乳を加えてハンドミキサーでピューレ状にします。
再度弱火にかけ、お好みの濃さになるよう牛乳でのばして軽く温めれば出来上がり。





し、精進料理ですか?これは。
これで太ったら奇跡だよ、主人


主食は、久しぶりのおからケーキ。小麦粉・バター不使用です。
お砂糖をぐっと控えて完熟バナナの甘さを活かしましたよ。
ほろ苦いココア風味が美味しい!しっとりふんわりおからのケーキです。

主菜はホウレン草の皮なしシュウマイ。
皮がないだけではありません、肉もないんです。で、シュウマイなの?これ。

さつま芋と柿のヨーグルトサラダ。
キャラウェイシードは必須です。

小松菜と里芋のポタージュ。
ぼけぇ〜っしていて春菊と小松菜を間違えた結果のスープ。
明日は春菊のスープにしよう。

主人の意見。『僕さぁ、得意料理は肉じゃが!っていう女性より 得意料理はパスタ!って女性の方がなぁ〜んか信用できないんだよねぇ・・・』 ふんふん、なるほどね。

私の意見。『私さぁ、葉物野菜を誇らしげにレンジで下茹でする料理愛好家ってなぁ〜んか信用できないんだよねぇ。これを見たお母さんの料理を食べる子供、大丈夫かしら・・・って』

たまに勘違いされるのですが、私は決してベジタリアンでもエコロジストでもありません。
母親のボケ防止に付き合って野菜を作り始めたり、根尾の伯母や知らないおじさん(!)から新鮮無農薬野菜をもらうが故 野菜を無下に扱うことが出来ないだけのただの貧乏性です。

自分で作った野菜とスーパーの野菜、比べるとものすごい差があります。
もちろん作った野菜は酷いなんてものじゃぁありません。虫喰いだらけで、実際に虫もぽろぽろ・・・新聞紙に包み更にビニールに入れてからでないと野菜室になんて入れられません。
下茹で・・・こぉ言えば聞こえはよいですが、要は洗っても落ちない虫を釜茹でる行為。

レンジで下ごしらえ、大いに結構。時短料理、大いに結構。でもそればっかりじゃね。
たまの週末、主人が料理をしている姿を見ると なんだか微笑ましくて微笑ましくて・・・
慣れないながらも一生懸命お料理する姿。えぇ、たとえそれが私の為でなく自分の為でも。

食いしん坊の主人は、とうとうパイを作ってみたいと言い出しました。
大昔愛読していたお菓子の本、ぽんっとテーブルの上に放っておいたのを見たようね。
やってみなさい、主人。パイだろうとケーキだろうとトライしてごらんなさい。

・・・あ、でもちゃんと後片付けはお願いね。使用前より美しく・・・が掟だからね。



posted by しんさん at 13:51 | Comment(0) | お弁当日記 おからを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。