2010年11月29日

ご飯の入った焼きロールキャベツ

猛暑による冬野菜の価格高騰がささやかれている昨今。
冬のお楽しみ、鍋をしようにも白菜・大根等があの値段じゃ・・・とボヤく姿がニュースにも。

ところがぎっちょん。
現在の我が家、白菜・大根・蕪・小松菜・ホウレン草・春菊・・・あらゆる冬野菜が豊富です。
選り取り見取りな冬野菜たち。本日のお弁当、主食にはキャベツを取り上げてみましたよ。

最近お気に入りの焼きロールキャベツです

醗酵バターでじっくり炒めた大根葉やシイタケを、大豆ご飯に混ぜてキャベツでくるり。
トッピングには、焦がし醤油風味の刻みネギ。これまた美味!

ことこと煮込んだロールキャベツも大好きだけど、お弁当となるとちょっと煮汁が心配だもの。
じっくりゆっくり焦げ目がつく程に焼いた冬キャベツは、歯応えしっかりなのに甘くて美味!

え?世間に反し、現在の我が家における冬野菜バブル状態の理由?
もちろん根尾の伯母よ。昨日遊びに行った根尾で、山ほどの冬野菜を貰ってきたのよ。
伯母だけでなく、ご近所さんからも新鮮野菜が続々と。あっと言う間に市場状態。

膝の痛い伯母が作ってくれる大根・キャベツ・ブロッコリー、小雨の降る中 山程の小松菜やホウレン草を摘んでくれたお隣のおばさん、ふたつと何ヶ月になったんだっけ?柚子をヨチヨチ持ってきてくれたお隣のモモちゃん。無駄なく食べるからね、全部美味しく食べるからね!










【下準備】
  • キャベツは破らないよう葉っぱをそっとはがし、お塩を加えた熱湯で茹でます。
    ザルにひろげて冷まし、軸の部分は三角に切り取って細かく刻んでおきましょう。
  • 大根葉は、お塩を加えた熱湯でさっと茹でて水気をしぼり刻みます。シイタケも刻みます。
  • トッピング用に、刻んだネギ・お醤油を混ぜ合わせておきます。
  • お米1合に対して乾燥大豆 大さじ1程を加えて一緒に炊き、大豆ご飯を炊いておきます。


【ぼちぼちと作り始めましょう】
  1. 刻んだキャベツの芯部分・大根葉・シイタケを少量の醗酵バターでじっくりと炒めます。我が家では無塩バターを使用。たっぷりの白胡麻と極少量の昆布茶で仕上げます。
  2. 炊きたての大豆ご飯に1を混ぜ込みましょう。

  3. キャベツを丁寧にひろげ、軽く俵に握った2を手前の方において途中まで巻きます。片方の端を中に折り込んで最後まで巻き切り、もう片方の端を中にねじ込みましょう。

  4. 厚手のフライパンに ティッシュ等で極々薄く油をぬって温めます。やや弱めの中火で3をじっくりじっくり全体にこんがりと焼き色がつくくらいに焼きます。
    次いでこれを食べやすいよう3等分し、アルミホイル・クッキングシートを重ねて敷いた鉄板の上に並べます。上部を少しスプーンで平らにし、トッピング用のネギをたっぷりと。

  5. 230度に予熱したオーブンの上段に入れ、5〜8分程・・・トッピングのネギがうっすら焦げるくらいに焼けば出来上がり。

葉っぱがやわらかな春キャベツに反し、しっかりとした葉っぱが特徴の冬キャベツ。
その特徴から、煮込んだり炒めたりといった火を通して食するのにぴったりなんですよ。










根尾には美味しいお豆腐もあるんです。

『薄墨とうふ』
ずっしりした田舎豆腐で、冷奴はもちろん田楽にしても美味!

本日は冷蔵庫にあったパセリを使って。ちょっと変化球なパセリ味噌田楽です。


平らなお皿の上に巻きすをひろげます。お豆腐1/2丁を2等分してキッチンペーパーで包み、巻きすの上にのせて500Wのレンジで1.5分加熱しそのまま冷まして水切りをします。

蕪は縦4等分して皮をむきます。全体がかぶるくらいの鰹だし・少量のお酒と共に中火にかけ、煮立ったら弱火に。10分程煮てそのまま冷まして煮汁をしっかりと切ります。

銀杏は殻にひびを入れて軽くレンジ加熱し、殻と薄皮を剥いて爪楊枝にさしておきます。

鉄板の上にアルミホイル・クッキングシートを重ねて敷き、お豆腐・蕪・銀杏を並べます。
銀杏の爪楊枝をアルミで覆い、250度に予熱したオーブンで まずは10分程焼きましょう。

この間にパセリ味噌を作りましょう。
みりん・お砂糖・合わせ味噌・白味噌を弱火で練り上げ、ぽってりとしたら刻んだパセリを。
パセリがしんなりする程度に火を通して火を止めます。

お豆腐等の表面が少し乾いたところでパセリ味噌をぬり、再度250度に予熱したオーブンへ。

お味噌が少し焦げる程にさっと焼いて出来上がり。パセリ味噌はお砂糖多めがお勧めです。










根尾でもらった巨大な小松菜。
大きいけれど、葉っぱがやわらかくてとても美味しいんです。
王道の胡麻和えで頂きます。

クセのない小松菜には、香ばしい黒胡麻を合わせて。

軽く擂った黒胡麻に、うんとお醤油を控えめに。
小松菜そのものの風味をシンプルに楽しんでみましたよ。



小松菜は綺麗に洗い、葉っぱ部分と茎部分に分けます。
お塩を加えた熱湯でさっと茹でて冷水にとり、すぐに引き上げてぎゅっと水気を絞ります。
少量のだし醤油を回しかけてなじませ、巻きすに巻いて再度ぎゅっと絞ってざく切りに。

乾煎りした黒胡麻をすり鉢に移して軽く擂ります。

小松菜を加えて和え、味をみて薄いようならだし醤油を少し足して出来上がり










本日のスープ。

伯母が立派な天然なめこをくれました。

とっても貴重な天然なめこ・・・はて、どぉ食べようかしら。

散々悩んだ結果、根尾野菜たっぷりの粕汁になりましたよ。



大根・人参・里芋は乱切りに。
大根は、面倒でも軽く下茹でしましょう。たっぷりのお水・少量のお米と一緒に火にかけ、30分程ゆっくり煮てお水で洗い流すだけ。 これだけで、ぐっと味がしみやすくなります。

大根・人参・里芋・鰹だし・お酒・極少量の昆布茶を中火にかけ、煮立ったら弱火に。
ことことことこと気が済むまで煮込んだら、本日のメイン食材 天然なめこを加えます。

薄口醤油・白味噌で薄めに味付けをし、最後に酒粕を溶かし入れましょう。
器に盛り、さっと茹でて刻んだ大根葉を散らして出来上がり。





小松菜・キャベツ・お豆腐・大根・蕪・里芋・・・・・
根尾の野菜食材もぉ〜りもり!


主食は、具沢山ご飯の詰まった焼きロールキャベツ。
醗酵バターと焦がし醤油風味のネギのトッピングがベストマッチ。
お弁当にぴったりね。

パセリ味噌で作る変わり田楽。
ずっしりした根尾の薄墨とうふ・さっと鰹だしで煮た蕪・銀杏で。

新鮮な小松菜は胡麻和えに。
香りが強い黒胡麻を使用。

本日のスープは、伯母野菜ごろごろごろの粕汁で。
もぉね、大根も人参も里芋もとろけますよ。そして天然なめこの美味しいこと!

大きなお鍋にいっぱい作った粕汁。
伯母が教えてくれたんです。けんちん汁とかの具沢山汁ものは、どっさり作ればいいんだと。
翌日・翌々日になればなるほど味がしみて美味しくなるから。食べ飽きないから、と。

そぉか!その手があったか!灯台下暗しだったわ!ふたり分をちまちま作るより賢明だわ!

そして出来ましたよ。早起きなんとやらでじっくり煮込んだ美味しい粕汁が。お鍋いっぱいに。
お弁当用のカップに注いで、と。折角だもの、朝食でも食べましょうね・・・

あら、なんて美味しいの。こりゃ美味しい!主人も幸せそぉ〜に最後に残しております。
こぉしてお鍋にいっぱいあった粕汁、翌々日どころかその場で食べ切ってしまいましたとさ。

・・・我が家において、翌日・翌々日の為に残すってことは所詮無理な話だったのね。
でもまぁいいか、本当に美味しかったものね。後でお礼のお手紙書きましょうね、主人。


posted by しんさん at 14:26 | Comment(2) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地元のお豆腐、天然なめこ入りの粕汁、
そして季節の野菜をふんだんに使ったメニュー、
なんて贅沢な食卓なのでしょう!
しかも小松菜やお豆腐、粕汁、どれも私の大好きなものばかり。

先日のタイカレーもとってもおいしそうでした。
タイライスはあんなふうにミックスされて売られているものもあるんですね。
黒いのはワイルドライス?
赤米も入ってました?
体にも良さそうな二重丸カレーですね^^

実は我が家は最近ずっとカレーを作っていないんです。
というのもうちで一番デリケートな主人がしょっちゅう体調を崩すから。
しんさんちのタイカレーを見ていたら自分の分だけでも作って食べたくなりました。
Posted by 梅* at 2010年11月29日 23:00
こんにちは、梅*さん。
いよいよ12月!寒くなってきて、気分も盛り上がります・・・寒さが得意でない私は、石油ストーブ・電気ストーブ・加湿器の傍を離れられない引きこもり生活の始まりです。

この季節となると当然話題は『鍋』なのですが、今年の売れ筋鍋の素(!)は、トマト鍋やらカレー鍋やらなんだそうです。最後はチーズたっぷりのリゾットやパスタで締めくくるのが人気なんですって!!

・・・梅*さんからコメントを頂くとホッとすると同時にほっこりとした気持ちになるのは、梅*さんがきっと『食』と『食材』いうものをとても大切に思われているが故なんでしょうね。
そして愛情がたっぷり込められた丁寧な食事を楽しんでこられたが故なのでしょう。
田舎料理って、地味だけど本当に色々なことを教えてくれる素敵なお料理ですものね。

ふふっ、タイらしいでしょ?ミックスライス。
外国のお米に尋常でない税金が課せられる日本で、このミックスライスは今年の我が家のヒット商品です。お米を買いにまたタイに行かねば!

梅*さんカレーは、しっかりと私の頭の中に貼りつけてありますよ。もちろんカレー王子の頭の中にも^^
新作は見られずとも、食べたいカレーナンバーワン!なんですもの。
Posted by しんさん→梅*さんへ at 2010年12月01日 15:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。