2010年11月06日

鮭のアラで幸せな朝食

鯛のお頭に続き、鮭のアラを頂きました。アラにこれだけ挑んだ週も珍しいでしょう。
“あれだけやれば鯛も本望よ!” マダムに合格点をもらい、楽しくアラと向き合っております。

さて、昨日のお弁当に作った鮭のアラバーグ。
皮やヒレ辺りの鮭の身をスプーンでこそげとって作った お魚ハンバーグのことですね。

アラバーグを作った後の皮やヒレ周辺・・・いえ、まだ捨てません。まだまだ捨てられません。
鮭のアラときたら、これを作らないテはないでしょ?今まさに新米の季節、これ作るでしょ?

骨やヒレの周りには、スプーンでこそげ取り切れない身がいっぱいなの。
でもね、そこがまた美味しいの。ちょっと色は悪いけれど、鮭フレークを作ってみましたよ。

皮や骨に含まれるタンパク質。この周辺の身なので、冷めると軽いにこごり状態に。
これを熱々炊きたてのご飯にのっけると、ご飯の熱でほろりと旨みが溶けだすの。
間引た大根の葉っぱも一緒に、お肌に良し!体に良し!お財布に良し!の鮭フレーク。

・・・アラ料理って楽しいわ。










背骨周辺は、お醤油に軽く漬けて焼きましょう。
頭やカマ部分は三平汁にしましょう、酒粕風味のね。主人、近々食卓に上るわよ。



【下準備】

アラバーグに使うのは、もっぱら皮や小さな骨周辺のアラ。
お水の中で 血の塊等を綺麗に除いた後、スプーンで身だけをこそげ取ります。

この後のアラで鮭フレークを作ります。アラをさっと熱湯で湯がき、ザルにあけましょう。

水気をしっかりと切り、お箸等で残った身をほぐしとります・・・ここまで来ると、趣味ですね。





【鮭フレークを作ろう!】

ほぐした身・お酒・みりん・お砂糖・少量の生姜の絞り汁・少量の薄口醤油・少量の昆布茶。
以上を厚手のフライパンに入れて中火にかけ、優しく混ぜながら火を通しましょう。
この際、小骨等が入っていないかチェックしながら混ぜることもお忘れなく。

鮭の色が変わってきたら 刻んだ大根の葉っぱも加えます。

大根葉は、さっと茹でて冷凍しておいたものを使っております。
シャーベット状態に解凍したものを細かく刻み、しっかり水気を絞って加えましょう。

このまま混ぜながら、しっとりした状態になるまで水分をとばして出来上がり。
お砂糖やみりんを使ったやや甘めの仕上がりです。焦がさないように・・・











遅ればせながら、ようやく我が家にも新米がやって来ました。
のっけますよね?そりゃのっけますよね、鮭フレーク。胡麻をひねってね。

今年の新米は、粒が小さいんですって。猛暑の影響かしらね。でも、やっぱり美味しい!
主人、可愛そうねぇ〜まだ寝てるしねぇ〜炊き立ていちばんよねぇ〜。

そんな主人に代わって・・・まぁいっぱいっ!

2杯目は、鯛のそぼろでね。
ゼラチン豊富なアラ部分なので、冷蔵庫に入れておくと少しかたまるんです。
これを熱々ご飯にのっけると・・・ふわぁ〜ってゼラチンが溶けて しっとりそぼろになるんです。


あぁ、幸せ。










どぉでもよいことなんですけどね・・・土曜だって日曜だって、私は変わらず早起きです。
あ、この先 昆虫嫌いな方は見ないでくださいね。



今朝、ちょっとお空が明るくなってきたかしらって頃。そぉまさに暁の頃。
リビングのカーテンを開けた私。ん?私の外敵センサーが何かに反応しましたよ!!!

!!!!うわぁぁぁぁぁっぁぁっぁぁぁぁぁぁぁぁあぁっっ!!!!!
ばばばばばばばばばばばばばばば・・・ばった??????



昆虫図鑑すらも触れることの出来ない虫嫌い。朝からこれはねぇよ・・・
え?窓の外だからいいじゃんですと?洗濯モノどぉするの?干せないじゃんっ!!

悩んで悩んで悩んだ挙句・・・
早朝のベランダ。髪をしっかり束ね、軍手を2枚重ね、巨大なビニール袋を持った私が出陣。

ビニール袋に捕獲したバッタくん、半狂乱になった私がばっさばっさと振り落とします。
申し訳ありません、階下の住民方。バツとしてマンション周りの掃き掃除しときます。
バッタくんと一緒に、思わず勢い余って落としてしまったビニール袋もちゃんと拾っときます。

妻がかように恐ろしい思いをしたというのに、主人はぐっすり睡眠中。
あ、でも写真を撮ってるってことは 若干の余裕もあったのかしら。
畑では大丈夫なのにねぇ、バッタくんだって平気なのにねぇ・・・



posted by しんさん at 08:34 | Comment(0) | 保存食・調味料・常備菜等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。