2010年11月03日

でかっ!!!鯛のお頭を完食す。

そこら辺のニャー達に見せたら、一目散に走って逃げて行ってしまいそうな鯛のお頭・・・
・・・いや、そんだけ “でっけぇ〜っっっ!!!” って例えですけどね・・・を頂きましたよ。

どんだけ“でっけぇ〜”か。どぉすればそれが伝わるか、乏しい知恵を絞りました。
お頭の横に定規を置いてみたり、こんにゃくゼリーを置いてみたり、そのうちには 5円玉を目玉に乗せようとしてみたり・・・衛生面+お財布の中に5円玉がなかったので、これは即却下。

で、こぉしてみました。

分かる?分かる?ワインのコルクと比較して分かる?とにかく “でっけぇ〜っ” のよ。
平均より気持ち大きめの私の顔より、うんとこさ大きかったワケなのさ。


これ程 “でっけぇ〜” 鯛のお頭をかち割るとなりゃ〜、家庭じゃ無理っ!絶対無理っ!
・・・ってんで、お店の厨房で マダムと一緒に鯛のお頭と戦うこと数十分。
ゴンゴンゴンっガンガンガンっベキっベリリっ・・・こ・・・これは厨房で聞くべく擬音っすか?
細腕で鯛と取っ組み合っておられたマダムのお姿、王子も見たがっておりました。


こぉして我が家にやって来た鯛のお頭くん。
さ、綺麗にしてあげないとね。お水の中で血の固まりを除いてから 熱湯にさっとくぐらせて・・・と。
冷水にとってそっと表面をこすれば、あの難儀な鱗も綺麗にぽろぽろ取れるんよ。

ここまで下処理が完了すれば、あとはチョロいもの。ビール片手にレッツクッキンっ!!









今回の鯛のお頭メニューは、塩釜焼きと煮つけに決定!!!
塩釜は良いよ!お魚を焼いた時のニオイも殆ど気にならないし、なんたって失敗がない!

立派なお頭だもの。粗塩1キロ・卵白4個分をひたすら混ぜるの。手がダルくても頑張るの。
鉄板の上にアルミホイル・クッキングシートを敷き、混ぜたお塩&卵白を均一にひろげます。

その上にハーブを敷き詰め、処理した鯛のお頭をどぉ〜んと置きましょう。
お頭の上にもハーブをたっぷり!で、お塩ですっぽりと包み込んで塩釜に。

今回使ったハーブは、ベランダですくすく成長したバジル。
ちょっと香りがキツいかな?って心配でしたが、意外とイケましたよ。

あとは、200度に予熱したオーブンにブチ込んで、焼くこと1時間。
ちょうど良いタイミングで、仕事から主人も帰ってきましたよ。

塩釜に布巾をかぶせ、トンカチでひびを入れましょう。
お塩がかからぬよう 出来るだけ塩釜を崩さないようにしながら発掘。主人、わくわくの瞬間。

魚嫌いな妹が見たら 卒倒しそうなこの横顔・・・余分なお塩を払って、食うべし食うべし!!






鯛のお頭メニュー、これがないとお話にならないわよね。そぉ!煮付けよね。
我が家では、お水を一切加えません。
お酒・お砂糖・お醤油だけでことこと煮込み、最後にみりんで照りをだして仕上げます。

うぅ〜ん、ダイナミック。わたしゃ、この部分がいちばん好きなんだよ。

お鍋の底に薄切りにした生姜をたっぷりと敷き詰め、その上にお鍋の大きさに合わせて切ったクッキングシートを。で、アラを重ならないように並べ入れます。

全体の2/3程度が浸かるくらいにお酒を注ぎ、お砂糖を1/2カップ程。
やや強めの弱火にかけ、落とし蓋をして アラに火が通るまで10分程煮ましょう。
次いでお醤油を1/2カップ程加え、同じく落とし蓋をして煮汁が少し煮詰まるまで。

調味料の量は、アラの大きさによって加減して下さいね。

煮汁が煮詰まって少しとろりとしてきたら、煮汁を上からまわしかけながら ことことことこと。
時短なんて言っちゃダメ。面倒なんて言っちゃダメ。
最後に、みりん大さじ1〜2を加えて照りをだしましょう。

そっとアラを寄せて隙間を作り、空いたところで ざっくり切った三つ葉をさっと煮ます。
三つ葉をお皿に敷き、アラが崩れないようそっとそっと盛りつければ出来上がり!!










こぉして開催された鯛のお頭祭り。食べ応えのあるその大きな大きなお頭、ぃやっほいっ!

あれ〜っ?鯛の鯛は?どこ?どこだ?鯛の鯛を探す横で、ころんっと可愛い音をたてる主人。
彼の大好物 お魚の目ん玉。
ぽいっと葡萄でも食べるかの様にお口に放り込み、眼球だけをぺっ!・・・・・・お見事。


こぉして絢爛豪華な鯛のお頭は、綺麗すっきりふたりのお腹に納まったのでありました。
いや、良いねぇ〜。楽しかったねぇ〜。
長良川方面に向かって敬礼!ご馳走様!深々と頭を下げ、ふたりは酔い潰れましたとさ。


posted by しんさん at 13:14 | Comment(0) | たまぁ〜に作る凝ったお料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。