2010年10月22日

あら、どぉにかなっちゃったわね。

4泊5日の旅行から帰ってきたのが、今週の火曜日。本日は金曜日。
お買い物にも行かず、貧しい食材を駆使してお弁当を作っております。

いえね、行きゃぁ良いんですよ 行きゃぁ・・・歩いて5分の場所に某スーパーがあるんだし。
でもね、やっぱり農協朝市が良いんだもの。土曜・日曜しか開いていない農協朝市がね。

そんなワケで、結局今週は 旅行に行く前の野菜室すっからかん状態で どぉにかこぉにか完結してしまいました。出発前に冷凍しておいたお肉や野菜、乾物、お土産を持って行った際 実家の庭で収穫させてもらったささやかな野菜・・・これらを使って、今日もちゃっちゃとお弁当作り。

なので、彩りは悪いのだけれどね。本日の主食、ちゃんと出来ましたよ

旅行でぐぐぅ〜んっと体重増の主人。ご飯の量をなるべく減らしましょう・・・ってね。

かりっと焼いたぺらっぺらの台は、じゃが芋を混ぜ込んだご飯。焦がし醤油風味です。
その上に、冷凍しておいたバジルペーストとナス・実家の庭にぶら下がっていたピーマン・玉ねぎ・チーズをのせて、オーブンで焼いて仕上げました。要するに、あり合わせご飯ピザ。

冷凍トマトでソースでも作れば、もうちょっとヴィジュアル的にもアップしたのでしょうが・・・
どぉも旅行から帰ってからというもの、朝起きるのが辛くて辛くて 眠くて眠くて。

結局 お買い物には行かずに終わってしまいました、今週のお弁当作り。
食材ない、時間もない、気力もない、ないない尽くしのお弁当。え?じゃ載せるなって?










じゃが芋は 皮つきのままレンジ加熱して、熱々のうちに皮をむき フォークでつぶします。
ここに 炊き立てご飯を混ぜ込み、目玉焼きリングにラップを敷いて ご飯を詰めます。

ティッシュ等で極々薄く油をぬったフライパンを温め、両面こんがりと焼きます。
空いた場所で、ナスもこんがり・・・

ナスってね、冷凍出来ちゃうんです。
使い切れないな・・・と思ったら、お料理の用途に合わせて切って 20分程お水に浸けてアク抜きをし、水気を綺麗に拭き取って ジップ付きの冷凍バックに入れて冷凍庫へ。

お味噌汁用には半月、炒めもの用には上の写真のように切って。冷凍したまま調理します。


ご飯の片面に ハケでお醤油をぬり、もういちどお醤油の面をこんがり焼きましょう。
アルミホイルとクッキングシートを重ねた鉄板の上に並べ、表面にバジルソースを。
上に、ナス・薄切り玉ねぎ・ピーマン・とろけるチーズ等々お好みの具をのせましょう。

高温に熱したオーブンの上段、またはオーブントースターへ。
チーズに綺麗な焼き色がつくまで焼けば出来上がり











あぁ〜、彩りが悪いわねぇ。

実家の庭に いまだぶら下がっているゴーヤと、冷凍庫に眠っていた牛肉を炒めただけの主菜です。


繊維を断ち切るように切ったステーキ肉に、少量のお酒・小麦粉をもみ込んでおきます。

これを 少量の油でささっと炒めたら、種とワタを除いたゴーヤを投入。


油がなじんだところで、お酒・オイスターソース・だし醤油・少量のバルサミコ酢を加えます。
水分をとばすように炒めれば、はい出来上がり。

・・・ピーマンといい ゴーヤといい、実家の庭は いつまで夏なんだ。










食材が乏しい時、頼りになるのが乾物。

副菜は、干しシイタケと高野豆腐の胡麻和え。あら、何だか体に良さそう!

ついでに、私のおやつ “黒豆の炒り豆” も利用させてもらいましょうね。




シイタケはやわらかく戻し、軽く水気を切って細切りにします。


シイタケの戻し汁にお水を足し、薄めのお吸いものくらいの味付けをして火にかけます。
煮立ったら シイタケ・高野豆腐を加え、弱火で10分程煮含めてそのまま冷まします。
煮汁を軽く切って高野豆腐は細切りに。ザルにあけて自然に煮汁を切ります。

白胡麻 大さじ2を乾煎りし、すり鉢で しっとりするまで丁寧に擂ります。
白味噌・マヨネーズ・お酢 各小さじ1を加えてよく擂り混ぜ、柚子胡椒をお好み量加えます。
シイタケ・高野豆腐・黒豆の炒り豆を加えて和えれば出来上がり。











牛乳はないけれど、スープだってちゃんと作りましたよ。

本日は、冷凍カボチャと冷凍酒粕を使ってみましょう。

ほんのりハチミツを効かせた甘酒風味のスープ。
キャラウェイシードが味の引き締め役。



薄切り玉ねぎを 弱火でじっくりじっくり炒めます。
玉ねぎが透き通ってねっとりしてきたら、凍った状態のままの冷凍カボチャ・バンコクで買ってきた生姜のドライフルーツ・小さくちぎった冷凍酒粕・お水・ハチミツを加えます。

後は、カボチャが充分やわらかくなるまで煮て、少量の白味噌を煮溶かして火を止めます。
ハンドミキサーで滑らかなピューレ状にし、再度弱火にかけて お好みの濃さになるようお水でのばします。ハーブ塩を加え、軽く温めて器に。キャラウェイシードを散らして出来上がり。





ゴメンっ!主人。
結局、食材調達に行かなかったわ


主食・・・見えないけれど、言うなればご飯ピザ。
冷凍バジルソース、冷凍ナス・・・冷凍庫って偉いわぁ。

ゴーヤとお肉を炒めただけのスピード料理。
バルサミコ酢でぐっと風味が良くなります。

干しシイタケ・高野豆腐・黒豆の炒り豆。
乾物が大活躍の胡麻和え。きっと体に良いハズ。

本日のスープは、カボチャと酒粕で。
ほんのり生姜風味で、体ぽかぽかです。

旅行帰り、主人の体重は 今までにないほど急激に増加いたしました。
当然、朝食もお弁当も夕ご飯も 量は控えめです。

昨日の夕方、主人に尋ねる私。
『今日のお弁当、少なかったでしょ?お腹空いた頃じゃない?』
主人、満面の笑みで答えます。
『うぅん、夕方さぁ 大福もらって食べたんだ。こぉ〜んな大っきいやつ。中にクリームと餡子が入っててさぁ・・・美味しかったぁ』・・・・・・・・・・・・・・・・・・うっとりしてんじゃないっ!主人。

そして夜。
しゃこしゃこと歯磨きをする私。部屋から出てきた主人と目が合いました。
『うわっ!自分ばっか何か食っとる!!』
・・・・・・・・あなた、食っとるってなに?感情むき出しだわよ。あなたも食べる?歯ブラシ。

主人の食事を減らすということ。
  1. 何の罪もない私までもがひもじい思いを強いられるということ。
  2. 空腹に耐える主人の妄想に付き合わされるということ。
本当に困った人ね、主人。あなたって人は。

posted by しんさん at 13:58 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。