2010年09月13日

違うっ!暇だったわけじゃぁないっ!!

雨の月曜日。朝刊はお休みです。
幾分涼しくはありますが、重たい程の湿気ゆえ 我が家のクーラーは相変わらず全開です。

今朝のこのじめじめ感、なんとなぁ〜くお弁当で表現してみようかしらね。
小さなひと口サイズのおにぎりさん。全体にぺたっと海苔を巻いて・・・と。なんとなくじめじめ感。

真っ黒おにぎりさんは、梅おかか・刻みきゃらぶき・塩昆布の3種類。
あら、でもこれだけじゃぁなんだか面白くないわねぇ・・・

そぉ言えば見たことあるわ。クックパッドで皆やってたわ。スライスチーズあったわよね、確か。

ち、違うっ!暇だったわけじゃぁないっ!

アレなんだそぉですよ、ほらアレ。宮崎駿監督映画に登場していた “まっくろくろすけ”。
“となりのトトロ” の中で、メイちゃん家の壁を這っつくばっていたアレですよアレ。

・・・何がしたかったんだ アタシ。何かから逃げているんだろぉか アタシ。
主人の分だけにしときゃぁいいのに、自分の分までも・・・朝っぱらから何してんだ アタシ。

40過ぎの主人に持たせるお弁当・・・うふっ、真っ黒おにぎりさんの “まっくろくろすけ” よ。
クーラー病が頭に来たか・・・主人、あなたの妻 こりゃ重病よ。










ご飯を あまりかっちかちに握るのもナンなので、毎度毎度の里芋ご飯に。
お米と一緒に炊き込んだ里芋のおかげで、ご飯はもちもち。崩れにくいのであります。

お米 1合分を洗い、普通の水加減+お水とお酒 小さじ1でしばらく吸水させます。
ゴマ油を数滴たらしてひと混ぜし、冷凍里芋を 凍った状態で3〜4個散らしてスイッチオン。

炊き上がったら、里芋をしゃもじで軽く切るようにしてつぶし ご飯に混ぜ込みます。

第1のボール:細かく刻んだ塩昆布。
第2のボール:細かく刻んだきゃらぶき。
第3のボール:包丁でたたいた梅干し+鰹節。





スプーン1杯分程度を ひろげたラップの上にのせ、きゅっと茶きんにして まん丸に整えます。
正方形に切った海苔は、ぴったりと密着するよう 4辺の真ん中に切れ目を入れて。

海苔でご飯を包んだら、ラップでしっかりと密着させて クリップでしばらく留めておきましょう。
おにぎりさんの具が、どれがどれだか分かんなくならないよう・・・3種類をひとまとめにして。

海苔とおにぎりさんが馴染んで しっとりと落ち着いたら、最後の仕上げに参りましょう。

スライスチーズを、大小大きさの違う丸い型で抜きます。
おっ!100均ショップのSSサイズ漏斗(ろうと)に 丸口金がぴったりか?

おにぎりさんのラップを外し、3つをピックで留めましょう。チーズの目をつけて出来上がり。

・・・意外と楽しいのね、キャラ弁って。キャラ弁と言うには あまりに貧相だけどね










さぁ、お次はハンバーグでトトロでも・・・・・・とは参りません。年相応に参りましょう。

主菜は、根尾の伯母からどっさりもらったじゃが芋で。

刻んだじゃが芋&卵・チーズで こんがり焼き上げました。

ハッシュドポテトのダイエッターさん仕様とでも。
主食としてもいけそう。



スライスタイプのとろけるチーズ (1枚) は 細かく刻みます。
卵 1個・マヨネーズ 大さじ1弱・チーズをもったりするまでよく混ぜ、強めに塩コショウします。

ここに 細かく刻んだじゃが芋 (中1個) ・人参・シイタケ・玉ねぎを加えて よく和えます。
じゃが芋は お水にさらさずに加えましょう。

フライパンとリング型の内側に ティッシュ等で極々薄く油をぬります。
フライパンを温め、リング型を並べて じゃが芋生地を きゅっと押し込み気味に詰めましょう。

うんと弱火でじっくり焼き、じゃが芋生地の表面がふつふつと泡立って 縁がやや固まってきた所で リング型ごとひっくり返します。型がとっても熱くなっているので、トング等を使って。

少し焼いたら型から出します。
トングで型を押さえ、スプーン等で じゃが芋生地をそっと押しながら 優しく押し出す感じで。

両面こんがり焼いて出来上がり。薄く焼いても美味しいですよ。ベーコン等を加えても










副菜は、人参の胡麻和えです。

人参を乾煎りしてからゴマ油を加え、さらっと仕上げます。

きんぴら人参も、もこの方法だとさらりと仕上がりますよ。

・・・って昨日の新聞、落合慎一さんのコラムに載ってました。




白ゴマ 大さじ2を乾煎りし、すり鉢に移して しっとりするまで丁寧に擂ります。

人参 1本は千切り・シイタケは細切りにして、油をひかずに フライパンで乾煎りします。
少ししんなりしたところで ゴマ油 小さじ1/2を加えて軽く炒めましょう。
お酒 大さじ1・お醤油 少々を加え、やや火を強めて 軽く水気をとばします。

すり鉢に移し、すりゴマと和えれば出来上がり。











本日のスープ。

これしかないでしょ?
昨日から、当然心に決めていたでしょ?

白ナスの焼きナスのポタージュ。

もちのろん (げっ!ばばくさっ) でしょ?



白ナスは ぐるりとヘタを切り落とし、皮がしっかり焦げるまで充分に焼いて 皮をむきます。
もぉこの段階で とろっとろ・・・つまみ食いしたい気持ちをぐっと我慢。

つぶしたニンニク→薄切り玉ねぎの順に じっくりゴマ油で炒めます。
玉ねぎが透き通ってねっとりした感じになったら、ひたひたの鰹だし・極少量のウェイパーを。

軽く煮て焼きナス・小さじ1弱の白味噌を加えて火を止めます。

牛乳を少量加え、ハンドミキサーで滑らかなピューレ状にして 再度弱火に。
お好みの濃さになるよう牛乳でのばし、味をみて薄いようなら昆布茶を少々。

器に盛り、柚子胡椒をあしらい ゴマをひねって仕上げます。





不気味?ねぇ不気味?
え・・・アタシがいちばん不気味?


にわかキャラ弁では これが限界ね。
真っ黒おにぎりさんの “くろすけ” さん。里芋ご飯がもっちりです。

刻んだじゃが芋と卵・マヨネーズ・チーズの組み合わせ。
ハッシュドポテトのややカロリーオフバージョン。

副菜は、人参の胡麻和え。
最初に乾煎りして さらりと仕上げます。

本日のスープは、白ナスの焼きナスのポタージュ。。。
意外とあっさりさらっとした仕上がりになるのね。

・・・まさかねぇ、この歳になって 『まっくろくろすけよ、うふ』・・・をやるとはねぇ・・・
げっ!そぉ言えば 主人からの “ごちそうさまコール” 、かかってきていないぞ、今日は。

不評だったのか? “まっくろくろすけ” は撃沈メニューだったのか?
あ、かかってきたぞ!それでは!!

posted by しんさん at 14:03 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。