2010年09月09日

冷凍ピザ・ドゥで作る簡単フォカッチャサンド

昨日まで夏だったのに 今日は秋?台風一過の清々しい風が吹いております。正に“白露”。
涼しくなって草木が露に湿る・・・秋の気配が漂い始めるとされる二十四節気の一つ。

え、この気候も今日だけ?明日からはまた猛暑日なの?・・・・・あ、そぉですか・・・

さて、本日のお弁当。今週は、粉モノ失敗スパイラルがはびこっているようです。
なので、ちょいと市販の冷凍ピッツァ生地を使ってみましたよ。

さ、流石の仕上がりだわ!グッジョブだわ!!
冷凍ピザドゥで、ローズマリー香るフォカッチャを。がっつりフォカッチャサンドが今日の主食。

この冷凍ピッツァボールを知ってからというもの、外食でピザを選択することがなくなりました。
ゆぅ〜っくり冷蔵庫で解凍&醗酵させ、のばして焼くだけ。お家でプロ・・・いえ プロ以上の味。

http://shintakenaka.seesaa.net/article/160236214.html

もっちりフォカッチャ。フィリングには、ぱりっと焼いたチキンでしょ?ナスでしょ?じゃが芋でしょ?
ズッキーニでしょ?たっぷりのブロッコリースプラウトでしょ?そしてトマトソースでしょ?

大丈夫 大丈夫!!フィリングには ほとんど油使っていないもの。オーブン任せだもの。
見た目のボリュームよりは、きっとうんとヘルシーだわよ きっと。多分ね。

やっぱスゴいわ 美味しいわ、この冷凍ピッツァボール。Y氏に感謝・・・
どぉ?主人。気に入ったでしょ?美味しいでしょ?意外と簡単なのよ これ。今度作ってみる?










冷凍ピッツァボールを冷蔵庫に移し、15時間を目安に解凍&醗酵させます。
軽く打ち粉をした台の上にとり、包丁で2等分。切り口を包み込むように丸めて のばします。

指先に小麦粉をつけて 表面に数ヶ所穴を開け、ハケでオリーブオイルを薄くぬります。
お好みで、穴に軽く埋め込むようにローズマリーを。フルール・ド・セルを ちろりと散らします。

200度に予熱したオーブンに素早く入れ、温度を190度にして13〜15分。
・・・ふっ、完璧だわ。もっちりもちもちのフォカッチャ、いとも簡単に焼き上がりです。

分かってるってばよぉ!ちゃんとあなたの分は、1.5割増よ、主人。
網の上で冷ましておきましょう。




オーブンが空いたところで、フィリングに参りましょうか。

じゃが芋は 皮つきのまま塩茹でにし、厚さ5〜7ミリの輪切りに。
ナスとズッキーニは 厚さ5ミリ程度の輪切りに。

鉄板にアルミホイルとクッキングシートを重ね、これらを クッキングシートの上に並べます。
その上に輪切りにしたトマトをのせ、ローズマリーを1枝。

鶏もも肉は 両面に軽く塩コショウします。
皮面を上にして ローズマリーを覆うようにして重ね、皮にオリーブオイルを薄くぬりましょう。

崩れないよう そっと250度に予熱したオーブンへ。
20分程焼けば、シンプルローストチキンの出来上がり・・・もうちょい焼いても良かったかな?





チキン・ナス・ズッキーニ・じゃが芋を別皿にとり、シートに残ったトマトでソースを作ります。

みじん切り玉ねぎとニンニクを合わせて大さじ2程。
レンジOKのボールに入れ、ふんわりとラップをして 500Wのレンジで約1分。

少量なので目を離さないように。様子をみながら加熱しましょう。
ここに鉄板に残ったトマトを水分ごと加え、同じくラップをして 1.5分加熱。軽くつぶします。

ここからは、水分をとばしたいので ラップはなしで加熱します。

トマトケチャップ バルサミコ酢 各大さじ1・ハチミツ 小さじ1・顆粒鶏がらスープ 小さじ1/2。
以上を加えてひと混ぜし、30秒程加熱→混ぜるを ソース状になるまで数回繰り返します。

最後にお醤油を加えて加熱し、お好みで チキンを焼いた時のローズマリーを刻んで加えます。





フォカッチャをカットし、薄くバターをぬって お好みで粒マスタードをぬります。

じゃが芋・ナス・ズッキーニを並べ、しっかり水を切ったブロッコリースプラウトをたっぷり。
その上に トマトソースを。

チキンは、ぱりっとした皮を楽しみたいので 最後にのせましょう

フォカッチャを重ね、ピックで留めれば出来上がり










何故だ?突然和風のおかず・・・

油揚げの中に お豆腐・少量の溶き卵等を詰めて、フライパンで かりっと香ばしく焼いてみました。

焦がし醤油がポイントです。

ほら、よく納豆であるでしょ?
“ビールのおつまみに簡単レシピ”
その類のあるもの版ですよ。

見た目は とっても地味ですが、主人 お気に入りのひと品です。


お豆腐は、水切り不要の充填絹ごし豆腐を使います。150グラムパックを 1/2程。
ボールに崩し入れ、泡立て器で滑らかになるまで混ぜます。

ここに、溶き卵 大さじ2〜3・刻んだきゃらぶきと人参を加えて混ぜます。
人参は軽くレンジ加熱してあります。

油揚げの一辺を切り落とし、破らないよう丁寧に開いて 味付け海苔を中に数枚並べます。
お豆腐生地を詰め、爪楊枝で縫うようにして口を閉じます。

弱めの中火で温めたフライパンに並べ入れ、やや火を弱めて 両面こんがりと焼きましょう。

ハケでお醤油を両面に薄くぬり、お醤油を焦がす程度にさっと焼いて お皿にとります。

爪楊枝を外し、食べやすい大きさに切ってお弁当箱へ。
お豆腐生地をしっかり焼き固めないと、カットした時 でろりんちょんになります、気をつけて。










あら、可愛い

少し残ったとき卵に、もう1つ卵を加えて。
ものすごぉ〜く簡単な、まん丸オムレツ。



卵をよく溶きほぐします。
塩コショウし、人参・とろけるスライスチーズをあられに切って加えます。

人参は、予め軽くレンジ加熱して 冷ましてからあられ切りに。


薄く油をぬったフライパンを温め、卵液をじゅっと流し入れます。
縁がやや固まったら大きく混ぜ、粗いやわらかめのスクランブルエッグに。

熱いうちにスプーン1杯程度をひろげたラップにのせ、空気を出来るだけ抜いて茶きんに。
冷めるまでクリップで留めておきましょう。

そっとラップを外し、小口にしたオクラを飾って出来上がり。










本日のスープは、茗荷の甘酢漬けが入ったトマトのスープ。

酸味を効かせた・・・強いて言えば、酸辛湯(サンラータン)風。

唐辛子入れ忘れたけどね。豚肉じゃなくって鶏肉だけどね。お酢の代わりに茗荷の漬け汁だけどね。



鶏もも肉は 適当な大きさに切ってザルにひろげ、たっぷりの熱湯を回しかけます。

鶏肉・たっぷりのざく切りトマト・全体が浸かる量のお水・お酒・顆粒鶏がらスープ・極少量のウェイパーをお鍋に入れて中火にかけ、煮立ったら弱火に。

キッチンペーパーの中央に穴を開けて落とし蓋代わりにし、ことこと気が済むまで煮ます。
千切り人参・細切りシイタケを加えて軽く煮てます。

最後に千切りにした茗荷の甘酢漬け・茗荷の漬け汁を加えてひと煮立ち。

昆布茶を加えてお好みの味付けに。ふやかしたゼラチンを溶かし入れ、ゆるジュレ仕立てに。





すごいぞ!美味いぞ!この冷凍ピザドゥ!
もぉ手放せないぞ!


冷凍ピザドゥで作るフォカッチャ。
ベランダのローズマリーをたっぷり効かせて。
ボリュームがっつりのフォカッチャサンドが本日の主食です。

で、何故油揚げ?超和風?
油揚げとお豆腐で ビールのおつまみ系のひと品。主人のお気に入り。

残ったとき卵で、ころんっと愛らしいオムレツを。
粗いスクランブルエッグを、素早く熱いうちに茶きんにするのがポイント。

茗荷の甘酢漬け・・・の漬け汁まで使って。
貧乏性スープは、自称“酸辛湯”風。

朝はあんなに爽やかな風が吹いていたのに・・・なんだか暑くなってきましたよ。
猛暑がぶり返すって本当ですか?

何日ぶりだったかしら、朝食時にクーラーをつけなかったのは。
このまま秋に突入だね、なんだか空が高いよね、なんて言ってた我が家。あぁ、お単細胞。

まだまだクーラーと麻のパジャマが活躍しそうです。
そして、アイスクリーム片手に帰宅する主人の新習慣も・・・太るぞ、主人。

posted by しんさん at 14:03 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。