2010年09月07日

なぜしぼむ?バナナとチーズの撃沈蒸しパン

私は蒸しパンが苦手です。いや、食べるんじゃぁなくて作るのが。十中八九失敗します。

以前は、万年ダイエッターさんの為にと 薄力粉におからを加えておりました。
おから入りだと どぉしてもふくらみが悪いので、それも無理もない話なのですが・・・

ホットケーキミックス使用で このザマでさぁぁぁっ!!

何故だ?おから入っていないのに、何故ふくらまないんだ??
いや、ちょっと違うな・・・一旦はふくらんだのに 何故しぼむんだ?しかもあっという間に。


昨日、ご褒美のバナナをもらい損ねた主人 (・・・なんだか失礼な言い方ね、これ)。
今、正に食べ頃 完熟バナナ。今朝は時間もないし 蒸しパンでも作ってみるかな、と。

本日は気楽にホットケーキミックスを使いましょう。作る量を控えめにすれば問題なしよね?
バナナ好きの主人に対し、私はややバナナ苦手組。よし、チーズを入れて塩気をプラス。

・・・そして撃沈。

何故なんだー、何故しぼむんだー。もっちりしたこの食感、ういろうだわ ういろう。
ほんのりチーズのバナナ蒸しパン、ふっくら・・・とは程遠いもっちりもちもちの仕上がりです。










以下の分量で、8号カップに5つ分。


バナナは完熟したものを1本。正味 130グラム弱。
皮をむいて適当な大きさに切り、500Wのレンジでラップをしないで1分加熱します。

熱いうちに スライスチーズを小さく切って加え、泡立て器でよく混ぜ合わせます。
チーズが溶けたら、牛乳 大さじ2・ハチミツとサラダ油 各小さじ1を加えて混ぜましょう。

滑らかに混ざったところで、卵1個を割り入れてしっかり混ぜ合わせます。

最後に ホットケーキミックス 50グラムをふるい入れます。

粉っぽさがなくなる程度にさっくりと混ぜ込み、紙カップを敷いたシリコン型に流し入れます。
充分に蒸気の上がった蒸し器に並べ入れ、水滴が落ちないよう蓋を布巾で包んで蒸します。

火加減は強火、時間は15分・・・間違ってないハズだぞ。これで良いハズだぞ。
蒸し器の蓋を開けた瞬間のこの喜びったら!!

この後、数秒で冒頭のようなあのぺっしゃんこな哀れな姿に・・・
持ち上げて落とされた気分だわ・・・ホットケーキミックス使って、あれじゃぁあんまりだわ・・・


主人、これは蒸しパンだと思わずにお召し上がり下さい。
カップ入りのういろうだと。バナナ風味のういろうだと。ほんのりチーズ香るういろうだと










主食の出来が悪いと、恐ろしいイマイチスパイラルが巻き起こります。

主菜のお豆腐クリームコロッケ。

もちろん オーブン仕上げのオーブンコロッケです。


生地がやわらかすぎて、生地を冷凍庫で冷やし どぉにかこうぉにか成形したってお粗末さ。
その上、トマトソースを添えるのを忘れましたので超薄味。ま、主人には丁度良いのかもね。


みじん切り玉ねぎ 大さじ2・みじん切りニンニク 1片分・オリーブオイル 大さじ1。
以上を 弱火でじっくりじっくり炒めます。

玉ねぎが透き通って ニンニクのよい香りがしてきたら、みじん切りにしたシイタケも投入。
油が全体になじんだら、小麦粉大さじ1も加えて粉っぽさがなくなるまで炒めます。

ここに 充填絹ごし豆腐 1パック(150グラムかな?)を崩し入れます。
鍋底から返すよう常に混ぜながら ぽってりするまでしばらく煮詰め、塩コショウします。
パットにひろげて冷ましましょう。

この間に、極少量の油でパン粉をこんがりと炒めて冷ましておきます。
パン粉 大さじ4〜5に対して 油は数滴ってところかしら・・・

色づき過ぎないよう、早めに火を止めて 余熱でこんがり仕上げるのがポイントです。
お豆腐生地を丸め、パン粉をまぶして クッキングシートを敷いた鉄板に並べましょう。

とにかく生地がやわらかいので、じっくり焼いていると生地が流れてしまいます。
250度に予熱したオーブンの上段に入れ、7〜8分で仕上げましょう。

オーブントースターがあれば、高温で温めておいてさっと焼く程度に。










副菜はピーラー人参のサラダ。
生姜と切りゴマを効かせました。

これは失敗のしようがありません。
混ぜて和えるだけです。


すりおろし生姜 1片分・だし醤油 大さじ1・お酢 ゴマ油 お砂糖 各大さじ1/2・切りゴマ 適量。

以上をよく混ぜ合わせます。

人参は皮をむき、ピーラーでリボン状にスライスして軽くレンジ加熱します。
ザルにひろげて軽く水分をとばし、生姜ドレッシングと和えれば出来上がり。










本日のスープは、トマトとじゃが芋のポタージュです。

冷やしても 温めても、どちらでも美味。

お水は加えず トマトの水分だけでことこと煮て、牛乳でのばして仕上げます。




つぶしたニンニクとオリーブオイルを 極々弱火で炒めます。ニンニクの香りがしてきたら 薄切り玉ねぎも加え、透き通ってねっとりした感じになるまで丁寧に炒めましょう。

ここに ざく切りにしたトマトを加え、少し火を強め トマトを崩すようにしながら炒めます。
トマトから水分がたっぷり出てきたら、薄切りにしたじゃが芋を お水にさらさず加えます。

弱火にしてコンソメスープの素を加え、トマトの水分で じゃが芋がやわらかくなるまで煮ます。
少量の白味噌を煮溶かして火を止め、牛乳を少し加えて ハンドミキサーでピューレ状に。

再度弱火にかけ、牛乳でお好きな濃さにのばします。塩コショウし、軽く温めて出来上がり。





主人、ごめんっ!
コロッケのソース 忘れたわ!


主食は、バナナとほんのりチーズの蒸しパン。
ふんわりふくらむハズだったのに・・・何故なの?どぉしてなの?
もちもち ういろうチックな仕上がりは、何がいけないの?

そして、その失敗を引きずるようなオーブンコロッケ。
その生地 良く言えばクリーミィ、普通に言えばでろりんちょん。
よぉもよぉもまとめたモノよ、帳尻合えば全て良し。ソースは忘れたけど。

生姜風味の人参のサラダ。
これは失敗のしようがないもの、美味しいわ。

本日のスープは、トマトとじゃが芋のポタージュ。
冷たかろーが温かかろーが 好きなように飲んでくだっちぇ(←投げやり)

どぉやったら、あのぷっくりとまん丸にふくらんだ蒸しパンになるの?
なんでアタシが作ると、いっつもいっつも ういろうチックになるの?

ぶつぶつ言いながら もちもち食べていたら、おや?荷物が届きましたよ。
おっ!主人、ガス入りのお水が届きましたよ。サンペレグリノが届きましたよ。

主人曰く・・・これからは お水にこだわるのだそうです。
お家では、ワインでなくお水を飲んで 健康な体を手に入れるのだそうです。

・・・長続きするといいわね。

posted by しんさん at 13:01 | Comment(2) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
横入り失礼いたします。
Mark様の興味深いコメントに反応せずにいられませんでした。素晴らしい。

私もお菓子やパンを作る際に水分量、糖度を計算します。ネットから得る情報から予測計算するので不正確ではありますが・・。

以前自家製のフレーバー蜂蜜シロップを全量糖分に置き換えてマフィンを作り見事に「ういろう」になりました。

お料理は難しく、興味深く、楽しいものです。
Posted by 朋子 at 2021年10月08日 10:58
朋子さま、抜群の合いの手に感謝致します。

朋子さまのコメントがなければ、私、愚かなスルーをするところでありました。
そして折角のご好意を無下にするところでもありました。

本当に、お料理は科学であり、数学であり、経験であり、人伝に伝えられるものですね。
Posted by しんさん⇒朋子さま at 2021年10月12日 14:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。