2010年08月24日

ゴーヤと胡麻味噌の焼きおにぎり

在庫豊富なお米の消費、ようやく明るい光が差し込み始めた今日この頃。
やれやれ・・・と思ったのも束の間、今度は 実家のゴーヤが今になって大豊作。

月・水・金と “おかもち” 持参で、夕食作りの為 実家に駈けつけます。
実家の野菜室にはゴーヤがどっさり。ゴーヤの消費ノルマが、我が家にまで課せられます。

先日の主食、ツナマヨネーズのゴーヤおにぎり
本日の我が家のお弁当、主食はゴーヤのおにぎりさん 第2弾。

たっぷりの擂り胡麻・白味噌・合わせ味噌を混ぜ合わせたお味噌は、ちょっと甘め。
チーズとかちりを混ぜ込んだ黒米ご飯は、もちろん大豆を炊き込んであります。

みじん切りニンニクと さっとゴマ油で炒めたゴーヤが、今にも崩れそうなくらいたっぷり!
ゴーヤとお味噌・お味噌とチーズ・チーズとかちり・かちりとご飯・・・好相性食材の終結です。

残暑厳しい折だもの、バテた体にゴーヤをもりもり!ほら、夏バテなんてどこ吹く風。
・・・あ、我が家の場合は 少ぉ〜し夏バテした方が良いくらいかしらね。










ゴーヤは縦半分に切って 種とワタを丁寧に除き、薄切りにして お塩をふって軽く揉みます。
しばらくおいてしんなりしたら、ザルにあけて ざっと塩気を洗い流します。

キッチンペーパーで包んで、ぎゅっと水気を絞っておきましょう。


みじん切りニンニク・ゴマ油を極々弱火にかけます。
ニンニクの香りがしてきたら、さっとゴーヤを炒めて冷ましておきましょう。



白ゴマ 大さじ3を焦がさないように乾煎りし、すり鉢に移して しっとりするまで丁寧に擂ります。

ここに 白味噌 大さじ1・合わせ味噌とお砂糖 各大さじ1/2・お酢 小さじ1/2を加えて更に擂り混ぜ、とろりと扱いやすいかたさに 鰹だしでのばしておきます。





お米 1合に対し、大豆と黒米 各大さじ1を加え、黒米入りの大豆ご飯を炊き上げます。
かちりとあられ切りにしたプロセスチーズを混ぜ込み、小さなおにぎりさんを作りましょう。

おにぎりさんは、クッキングシートを敷いた鉄板の上に並べましょう。




おにぎりさんの上に 用意しておいたゴーヤをたっぷり・・・てんこ盛りです。
スプーンでお味噌をとろりとたらし、250度に予熱したオーブンの上段へ。

ほぉ〜ら こんがり・・・って、焦げ過ぎか?

・・・10分では長過ぎるようですね、加熱時間。
こんな時は、オーブントースターがベストなようです やっぱり。










焼きおにぎりの胡麻味噌、少し余りましたよ。

おろし生姜をプラスして。
十六ささげと 型抜き人参の切れっ端を加えれば、立派な副菜出来上がり!

人参の切れっ端は、軽くレンジ加熱した状態です。

十六ささげと生姜。
これはもぉ鉄板ですな。











順序がいつもと逆になりました。

主菜は、ナスと鶏挽き肉を使って。

ふんわり挽肉をサンドしたナスを、ことことと煮含めました。

片栗粉を薄く・・・でもしっかりとナス全体にまぶすのがポイント。



ナスは 1.5センチ程の厚さの輪切りにし、バットに並べてお塩を軽く全体にふります。
しばらくおいて 水分が浮いてきたら、ざっと洗い流して 表面の水気を拭き取ります。

鶏挽肉・みじん切り玉ねぎ・おろし生姜・片栗粉を混ぜ合わせます。
ナスの内側になる面に 茶こしで片栗粉を薄くふり、挽肉を挟んで形を整えます。

形を整えたら 茶こしで全体に薄く片栗粉をふるのですが、これは煮る直前に・・・


ししとう・シイタケ・シメジ・軽くレンジ加熱した人参に、全体がたっぷり浸かる量の鰹だしを。
だし醤油・お酒・みりんを加えて中火にかけます。

煮立ったら弱火にして、キッチンペーパーで落とし蓋をしてことこと煮ましょう。
全体が良い感じにしんなりしたところで、ナスの余計な粉をはたき落としながら そっと投入。

再度キッチンペーパーで落とし蓋をし、ゆっくりと煮含めましょう。
そのまま冷まし、粗熱がとれたら キッチンペーパーの上に並べて煮汁を切ってお弁当箱へ。










本日のスープは、冷たいコンソメジュレスープ。

小さな玉ねぎを、丸ごとごろんっと1個。

お箸ですっと切れるくらいに、ことことやわらかく煮てみましたよ。

ふるっふるの冷たいジュレスープ、まだまだ活躍しそうな暑さです。



玉ねぎは 皮をむき、根元に十文字の切れ目を入れます。
1分程レンジ加熱してから、全体が浸かるくらいのお水と共に中火にかけましょう。

コンソメスープの素を加え、煮立ったら弱火に。
キッチンペーパーで落とし蓋をし、スプーンで煮汁を回しかけながら ことこと煮込みます。
途中でお水が減ってきたら足し、玉ねぎが透き通るまで 気長にことこと・・・

お水 大さじ1に 粉ゼラチン 小さじ1をふり入れ、しばらくおいてふやかします。
熱いスープを少量ここに加え、ゼラチンをしっかりと溶かしましょう。

塩コショウしてスープの火を止め、玉ねぎをそっとすくって器に。

スープが少ないようならお水を足し、ゼラチン液を加えて混ぜ合わせ 器に注ぎます。
完全に冷めたら冷蔵庫に入れて冷やし固めましょう。オクラを散らして出来上がり。





ゴーヤ・味噌・チーズ!
合うねぇ、イケるねぇ、食欲増進だわ・・・


ゴーヤのおにぎり 第2弾は焼きおにぎりで。
胡麻味噌・チーズ・ゴーヤ・・・これは合います。

残った胡麻味噌で、十六ささげと人参の和えもの。
あれ?何所に埋まった??人参の下辺りか???

鶏挽肉をナスで挟んで。
油を使わないので、あっさり低カロリーです。

本日のスープは、丸ごと玉ねぎのジュレスープ。
ふるふるっとした冷たいジュレスープ、今年は本当に出番が多ぉございます。

暑いですねぇ・・・まだまだ暑いですねぇ・・・でも 食欲は落ちませんねぇ、全く。
今年は、ゴーヤの出来が悪い悪いとボヤいていたら ここに来て豊作です。

ゴーヤの基本、ゴーヤチャンプルーは 実家の母親に任せるとして・・・と。
まだまだ野菜室には 新聞紙に包まれたゴーヤが1本、2本・・・あれ、まだあるか?

さ、今日は生憎の曇り空。
久しぶりの主人とのデートは、お流れになるか それとも決行されるか・・・うぅ〜ん、悩む。

とりあえず、お昼にしようかな・・・うん。

posted by しんさん at 12:29 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。