2010年08月23日

じゃが芋が主食!ガレットみたいなオープンオムレツ

根尾の伯母から、たっくさんのじゃが芋が届きました。
小ぶりで 皮がぷりっとしていて ほくっとしていて・・・伯母が作るじゃが芋、大好きっ!

本日月曜日。早速だもの、我が家のお弁当は 伯母のじゃが芋をメイン食材に。
とっても簡単なのに とっても美味しい、こんな主食はいかがかな?主人。

塩茹でした皮つきのじゃが芋を、さっと炒めて。
溶き卵・帆立・たっぷりの玉ねぎ・おろしたミモレットと一緒に オーブンで焼き上げました。

ま、簡単に言ってしまえばオープンオムレツですね。
でも フライパンで焼くより使用する油が少ない分、ずっとカロリーオフではないかな、と。

本日は じゃが芋が主食です。失敗知らず じゃが芋たっぷりのオープンオムレツ。
ぷりっとしたじゃが芋・ローズマリーとミモレットの香り・・・うんうん、よしよし、今日も上出来










とっても簡単です。
じゃが芋は ピンポン玉大ってところ。品種は定かでありませんが、皮がしっかりしています。


綺麗に洗って たっぷりのお水・お塩と共に火にかけ、ややかための塩茹でにします。
ザルにあけて しっかりとお湯を切り、少量の油で軽く炒めて 2〜4つ切りに。

これをシリコン製のカップにこんもりと盛り、上からピザソースを。

ピザソースは 先日のお家ピザの残り。もちろん、市販のピザ用パスタ用ソース等でも。




卵 1個・すりおろしたミモレット 大さじ2〜3をよく混ぜ合わせます。
みじん切り玉ねぎ・小さめに切った帆立を加え、ざっと混ぜ合わせましょう。

チーズの塩気・ピザソースで 味はしっかりとしているので、塩コショウは特に必要ないかと。




スプーンを使って、シリコンカップの縁の方から そっと卵液を流し入れます。
卵液が、じゃが芋の周囲全体に行き渡るよう 底を数回打ち付けて全体をならします。

おろしミモレットをふり 香りつけのローズマリーをあしらって、230度に予熱したオーブンへ。

綺麗な焼き色がつくまで、15〜20分焼けば出来上がり。
完全に冷めてから、そっとシリコン型から抜きましょう。

じゃが芋の隙間に、卵液をしっかりと行き渡らせるのがポイント。

ホタテをツナにしたり鮭にしたり、トマトソースの代わりにクリームソースにしたり。
シリコン型がなければ、ココット皿やグラタン皿で作っても。応用自在で美味ですよ。










主菜は、お豆腐のオーブンコロッケ・・・の予定だったのですが。

なかなか使い切れない自家製の米粉。

えぇい!今日で最後にしてしまえぇっ!!と。

残りを全部ぶち込んだところ、お鍋満杯 お豆腐の入る余地はなし・・・


結果、米粉のコロッケとなりました。もっちりしたその食感は、まるで里芋コロッケの如し。
刻んだミョウガ・塩昆布がたっぷりで、米粉だけに和風な感じに仕上げてみましたよ。
もちろん、油で揚げずにオーブンで仕上げる ダイエッターさん仕様のコロッケです。



パン粉は、極少量の油で こんがりと炒めて冷まします。
大体 パン粉 大さじ5〜6に対し、油 小さじ1ってところかしら。冷めたらビニール袋へ


みじん切りニンニクと玉ねぎを、玉ねぎが透き通るまで 弱火でじっくりと炒めます。
あられ切りシイタケ→ざっと刻んだ帆立・小口切りミョウガを順に加え、さっと炒めましょう。

油が全体になじんだら、米粉 大さじ4を。これ、かなりの量ですが 最後だったので・・・
焦がさないよう丁寧に混ぜながら炒め、米粉が透き通ってきたら 牛乳 100CCを。

素早く混ぜ合わせ、ぽってりとしてきたら火を止めます。
刻んだ塩昆布を加えて練り混ぜ、冷めたら 手の平に薄く油をぬって丸めましょう。

炒めパン粉を入れたビニール袋にひとつずつ入れ、パン粉を たっぷりとまぶします。

クッキングシートを敷いた鉄板の上に並べ、230度に予熱したオーブンの中へ。

軽く10分程焼けば出来上がり。
予め火が入っているので、表面をかりっとさせる程度に焼けばOKです。










副菜は、ゴーヤを使って。

なぜだか今になって、実家の庭先で豊富に実っておりますゴーヤ。
本日は 梅おかか和えで。


ゴーヤは 縦半分に切り、種とワタを取り除いて薄切りに。

お塩を揉み込んでしばらくおき、しんなりしたら ざっと塩気を洗い流してザルにあけ 水を切っておきましょう。


たたいた梅干し・ハチミツ・白すりゴマをよく混ぜ合わせます。
キッチンペーパーに包み しっかりと水気を絞ったゴーヤをここに加え、よく和えます。

たっぷりの鰹節を加えて和えれば 出来上がり。











本日のスープは、人参のポタージュです。

主食に使ったミモレット。
おろし切れなかった分を だし代わりに。

ほんのりミモレットの風味に、黒コショウ。

普段の人参スープとの違い、気付くかな?主人。



ミモレットの皮には 小さな小さな気泡のような穴があります。
この穴が何故開いたのかって・・・まぁ何も知らない主人の為に、ここはスルーしましょう。

全く無害なのですが、主人が真実を知った時の為 ざっくり皮を削って適当に切っておきます。


包丁の腹でつぶしたニンニク→薄切り玉ねぎの順に じっくりじっくり炒めます。
玉ねぎが透き通ってねっとりした感じになったら、薄切り人参も加えましょう。

さっと炒めて油がなじんだら、ひたひたのお水・コンソメスープの素 1/2個分・ミモレットを。
しばらくことこと煮込み、ミモレットが透き通ってきたら火を止めて 牛乳を少量加えます。

これをハンドミキサーで滑らかにミキシングし、再度弱火に。
お好みの濃さになるよう牛乳でのばし、軽く塩コショウして温めます。

器に盛って 黒コショウをたっぷりと挽いて出来上がり。





ベランダのローズマリー。
猛暑もなんのその、すくすく成長


主食はじゃが芋。ミモレットとローズマリー香るオープンオムレツ。
あ、主人。ローズマリーは 香りだけを楽しんでね。
もちろん 食べても無害だけど、枝が口の中に残るわよ。

最後の自家製米粉。お豆腐コロッケのとろみづけに・・・と思ったのに。
ちょっと入れ過ぎね、お豆腐コロッケはまた次回。今日は米粉のオーブンコロッケ。

実家でたわわに実るゴーヤ。
本日は梅おかか和え。

本日のスープは人参のポタージュ。
おろし切れなかったミモレットも加えて。

ベランダのローズマリー。
主人が料理に使いたい!って聞かないので、いつぞや私がプレゼントしたもの。

買ってきた時に比べると、枝もすっかり太くなって 逞しく成長しました。
でも、なかなか主人は使えないようね。また、枯らしちゃったりしないようにね。


さ、お昼からは さっそく届いたばかりの夏着物に 袖を通してみようかしらね。
おっと、忘れちゃならない送金送金・・・
主人、明日あたり どっかで待ち合わせしようか。デートしてあげても良くってよ。


posted by しんさん at 12:36 | Comment(0) | お弁当日記 じゃが芋を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。