2010年07月13日

セル・シュール・シェールのミニクレープ

今朝の主人は ご機嫌でした。大っっ嫌いな雨降りだって、気にもならない程ご機嫌でした。
昨晩のお酒が過ぎたようで、やや飲み過ぎの症状はあれど ご機嫌の喋りっ放しでありました。

『ご飯食べられる?』・・・優しい言葉をかけられると、途端に体調不良になる主人。
『僕ぅ・・・今朝はご飯いらない・・・』心の中では 祭太鼓が乱打爆裂のクセに。悄気た態度の彼。

『けっ、ただの飲み過ぎだろ?』 そぉ思いつつ、具沢山のお味噌汁を呈する私。大人な態度。
良かったわね、新しい飲み友達が出来て。右巻きトーク、思う存分楽しめるお友達が出来て。

ご飯いらない・・・などと言いつつ、ご飯以外は ちゃっかりたっぷりお腹に収めた主人。
じゃ、お昼だって余裕で食べられるわね。本日の我が家のお弁当、主食はこれよ。

手の平サイズの小さなクレープ、ミニクレープです。

最近 しばしば登場するクレープ。
マダムからの誕生日プレゼント・・・このフライパンだと すごく綺麗に焼けるんだもの、楽しくって。

フィリングは、シェーブルチーズ・・・山羊のチーズをたっぷりと。
黄色ズッキーニとマッシュルームに、セル・シュール・シェールをソースのようにからめてみました。

見た目はこんなにキュートなのに・・・山羊のチーズが苦手な方には、拷問のようなミニクレープ。
本日の主食、セル・シュール・シェールのミニクレープ。自分用には チーズ増量で!!


Yぅ子ちゃん、T氏、シェーブルをありがとう!ごめんね、全部平らげちゃったわ、私。










クレープは、以下の分量で5〜6枚出来ます。作り過ぎた分は、冷凍保存してまた後日・・・


薄力粉 100グラム・ナツメグ 小さじ1/2・お塩 ひとつまみ。
以上を、大きめのボールに 全部一緒にふるい入れます。

ここに 卵 1個・サラダ油 大さじ1・牛乳 250CCを加えます。

牛乳は 一気に加えず、まずは1/3〜半量を加えて 泡立て器でよく混ぜましょう。
ダマなく全体がよく混ざったら、残りの牛乳を 少量ずつ混ぜながら加えていきます。

このクレープ生地、すぐに焼いてはいけません。
ラップをして 常温で1時間ほどお休みさせましょう。これ以上時間をおく場合は、冷蔵庫へ。





厚手のフライパンに、ティッシュ等で極々薄く油をぬります。
ぬる・・・と言うより、油をちょこんっとつけたティッシュで フライパンを拭くって感じかしら。

弱めの中火でフライパンを温め、充分休ませた生地をひと混ぜし お玉1杯弱を流し入れます。
フライパンをまわし、素早く薄くひろげましょう。

しばらくすると、生地の端のほうが ちりちりっとフリルのように浮き上がってきます。
菜箸にひっかけるようにしながら 素早く裏返し、両面を色良く焼きましょう。

焼き上がったら、平らなお皿に移します。
乾燥を防ぐ為、上にキッチンペーパーをひろげ 全体がしっとりするまで霧吹きでお水を吹きます。

焼き上がった生地→キッチンペーパー→霧吹き・・・といった具合に重ねていきましょう





フィリングに使用したシェーブルチーズは、セル・シュール・シェール。
ロワール地方の山羊のチーズです。

先日購入して以来、すっかり気に入ってしまった黄色ズッキーニ。
細長く切り、さっとオリーブオイルで炒めたところに 刻んだホワイトマッシュルームを。

予め室温に戻しておいたセル・シュール・シェールを加え、溶けたところを全体にからめます。

やや熟成されたセル・シュール・シェールなので、お塩は加えません。
白コショウをほんの少量ふって仕上げましょう。





クレープ生地を半分に切り、生地の端にレタス・たっぷりソースをからめた黄色ズッキーニを。
生地を半分に折りたたみ、ズッキーニを芯にして きつめに巻きましょう。

セロファンを適当な大きさにカットし、下側を折り曲げたクレープをひと巻きします。
セロファンの下側を折りたたみ、シールで留めれば・・・はい、出来上がり。

自分用には、固形のセル・シュール・シェールも一緒に巻いて。
これにて 我が家のシェーブルチーズ、終了でございます・・・ちょっと寂しい










主菜は イワシと参りましょう。

イワシと相性の良い トマトソースをたっぷりと・・・
オーブンで焼き上げました。

トマトソースは、極少量なので 電子レンジで。

簡単ささっと出来て、色々使える便利なソースです。



トマトソースから参りましょう。
以下の分量で、大さじ3〜4程度のトマトソースが出来ます

みじん切り玉ねぎ 40グラム・みじん切りニンニク 適量。
これらをレンジOKのボールに入れ、500Wのレンジで ふんわりラップで1.5分加熱します。

ここからはラップなしでレンジ加熱をします。
ひと混ぜし、まずは 皮つきのままざく切りにしたトマト 65gを加え 1.5分レンジ加熱。

全体を混ぜ、ケチャップ 大さじ1・ハチミツ 小さじ1・顆粒の鶏ガラスープ 刻んだ鷹の爪少々を加え 1.5分レンジ加熱。最後にお醤油 小さじ1を加え、様子を見ながら1.5〜2分レンジ加熱します。

ひと混ぜし、粗熱がとれたら ハンドミキサーでピューレ状に。やや飛び散るので 要注意。
塩コショウして トマトソースの出来上がりです。



イワシは手開きにし、両面に軽くお塩をふってしばらくおきます。
イワシから出た水気を綺麗に拭き取り、身の側を上にして並べます。

幅のひろい頭側の方に青紫蘇をひろげ、トマトソース・さっと茹でたインゲンを。

尻尾に向かってひと巻きし、巻き終わりを爪楊枝で留めます。
クッキングシートとアルミホイルを重ねた鉄板の上へ並べ、残ったトマトソースを ちょんと上に。

200度に予熱したオーブンで、15分程焼けば出来上がり。
爪楊枝を外し、包丁で そっと2等分してお弁当箱へ。










やや飲み過ぎの主人には、キュウリをたっぷり食べてもらいましょう。

飲み過ぎた翌朝。
夏はキュウリ・冬は柿って思っているのは、私だけかしら。

彩りの人参を加え、ヘルシーなおからサラダにしてみましたよ。

甘酢醤油にニンニク・生姜・青紫蘇を加え、少量のマヨネーズで おからのパサっと感を抑えます。


おからは80グラム程。
ふんわりラップをして、500Wのレンジで 1分程加熱して粗熱をとります。

お砂糖・お酢・だし醤油 各大さじ1・マヨネーズ 小さじ1・白味噌 小さじ1/2・
ゴマ油 数滴・みじん切り生姜とニンニク 適量・千切りにした青紫蘇 適量。

以上を、大きめのボールで よく混ぜ合わせます。ここに おからを加えて混ぜ合わせましょう。

キュウリは 極々薄く、人参も極薄い半月に切り それぞれ少量のお塩をふります。
しばらくおいて しんなりしたら、キッチンペーパーに包んで ぎゅっと水気を絞ります。

おからのボールに加え、和えれば出来上がり。











40センチはあろうかと思われる、ジャンボキュウリが収穫出来たのです。

副菜だけでは使い切れませんもの・・・スープもキュウリで参りましょ。

スープに浮かべた数枚の薄切りキュウリ。

ジャンボキュウリが、如何程の大きさだったかが垣間見られるでしょ?



包丁の腹でつぶしたニンニク→薄切り玉ねぎの順に、弱火でじっくり炒めます。
玉ねぎが透き通って ねっとりした感じになってきたら、適当な大きさに切ったキュウリを。

さっと炒め、油がなじんだところでお水・コンソメスープの素・冷凍里芋を加えます。
きゅうりからたっぷりとお水が出るので、加えるお水は いつもよりやや控えめに。

しばらく煮て、里芋が充分やわらかくなったら 少量の白味噌を加えて火を止めます。
少量の牛乳を加え、ハンドミキサーで滑らかにミキシングし 再度弱火に。

お好みの濃さになるよう牛乳でのばし、塩コショウして軽く温めれば出来上がり。
薄切りキュウリを浮かべ、ゴマをひねって・・・温かくても冷たくても どちらでも美味しいのです。





最後のシェーブルはクレープに。
お体の具合はいかが?主人


主食は、手のひらサイズのミニクレープ。
シェル・シュール・シェールをソース代りに。
さっと炒めた黄色ズッキーニ・ホワイトマッシュルームを包みました。

主菜は イワシとトマトソースのオーブン焼き。
自家製インゲンが 慎ましく巻かれております。

キュウリたっぷり おからのサラダ。
マヨネーズは極少量でも、主人 大満足の味だったようです。

スープもキュウリで。
それでも自家製ジャンボキュウリは、明日に使い回し・・・

昨晩は 2時過ぎだったのかしら、主人が帰ってきたの。
おふたりの会話の内容・・・聞かずとも 容易に想像出来るわ、出来ちゃうわ。

こんな時、本当に私の主人は 偉大だと思うのです。

車の話、音楽の話、海外事情や国際事情・国政 戦争の話、そしてワインやリストランテの話。
・・・見事な迄に 万人の話相手となります。

テレビを見ていて、何気に質問でもしようモノなら・・・それが彼の得意分野であろうモノなら・・・
彼の講義が始まります。

昨晩は、たっぷりお話出来たことでしょう。
嬉しそうに報告する主人・・・あらぁ・・・おつまみも 美味しそうなの出してもらったのねぇ・・・

きっと 今夜もずっと報告会ね。
体力つけなくっちゃ!生返事では許されないもの・・・とりあえず 私はお昼寝だわね。


posted by しんさん at 14:37 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。