2010年06月22日

醗酵要らず もっちりご飯パン

別名我が家の台所、歩いて5分の場所に位置する 地元密着型スーパー “ヤナギヤ” さん。
近頃、折り込みチラシやスタンプカードの廃止等々・・・悪戦苦戦の現状が至る所に。

えっ!今週いっぱいで閉店ですかっ???

なんてことでしょう・・・日曜の朝は 農協朝市→ヤナギヤ朝市が日課だったのに。
しかも え、何? “Vグループ” が買い取ったと?うわっ、最悪だぁ!夏前にして心寒し・・・

それでもお弁当は作ります・・・悲しい気持ちをぐっと堪えて。本日の主食は、はい こちら。

かつて、スーパー “ヤナギヤ” さんで調達した強力粉・ベーキングパウダー・・・もぉ買えないのね。

ブーたれつつ 今朝もお米を使って参ります。
炊きたてのご飯・強力粉・ベーキングパウダーで作る、醗酵要らずのご飯パンです。

もっちもちのご飯入り生地には 酒粕も一緒に練り込んであるので、ふんわり酒粕の香り・・・
中には、先日煮た “ウズラ豆の甘煮” で作った餡+クルミで香ばしさをプラスして。

捏ね・醗酵の必要がないので、あれ?ってくらい簡単に出来上がります。
いつもは薄力粉使用のところ、今日はちと実験的に強力粉で・・ん?強力粉、良い感じだぞ!

酒粕香るふんわりもっちりご飯パン・・・微かな生姜の香りと仕上げのきな粉がポイント。
この上なく ローカルな話題から入った火曜日。本日の我が家のお弁当、主食でございます。










まずは ウズラ豆の甘煮で フィリングの餡を作って丸めておきましょう。
豆は 時間のある時 多めに煮て、煮汁ごと小分けして冷凍しておくと とっても便利です。

クルミは ざっくりと粗めに刻み、香ばしく乾煎りして冷ましておきます。

冷凍保存しておいたウズラ豆を自然解凍し、煮汁ごとお鍋に移して 弱めの中火にかけます。
しばらく静かに沸騰させ、煮汁に少しとろみがついてきたら火を弱めましょう。

焦がさないよう 底からしっかり混ぜながら、扱いやすいかたさになるまで煮詰めます。
軽く豆をつぶすような感じで。

ちょっとゆるいかな?って感じでストップしましょう。冷めると、幾分かために仕上がります。
用意しておいたクルミを混ぜ込み、粗熱がとれたら 5等分して丸めておきましょう。






ご飯パン生地に参ります。以下の分量で、小ぶりな餡入りご飯パン 5つ分です。


まず 牛乳 大さじ3に、酒粕 20グラムを 小さくちぎって加えます。
500Wのレンジで ラップをしないで 30秒レンジ加熱し、ここに炊きたてのご飯 50グラムを。



ご飯を丁寧にほぐし、15〜20分程ふやかしてから ハンドミキサーでピューレ状に。
おろし生姜を少々加えて 混ぜ合わせておきましょう。

炊きたてご飯でなければ レンジで温めてから加えて下さいね。






強力粉 100グラム・お砂糖とベーキングパウダー 各小さじ1・お塩 ひとつまみを 大きめのボ―ルに入れ、泡立て器で 空気を含ませるようにしっかりと混ぜ合わせます。

ここに ご飯のピューレ・オリーブオイル 大さじ1を加え、指先で素早く混ぜ込みます。
ボールの中で なんとなくひとまとまりになったら、軽く打ち粉をした台の上に移しましょう。

かなりやわらかめの生地なので、ゴムべらで寄せるようにして打ち粉の上へ。
粉を軽く全体にはたくようにしながら 軽く数回捏ね、形を整えて包丁で5等分します。

ぷよんぷよんの気持ちの良い生地です。
だからと言って いつまでもぷにぷに遊んでいてはいけません・・・素早く成形に入りましょう。






生地を 手の平の上で薄くのばし、丸めておいた餡を包み込みます。

打ち粉の上で形を整え、クッキングシートを敷いた鉄板の上に。
茶こしで きな粉をたっぷりとふりかけ、220度に予熱したオーブンに素早く入れましょう。

オーブンの設定温度を 200度に下げ、13〜15分。

可愛らしく ぷっくぷくにふくらみましたよぉ〜!!
ね、主人。これなら しばらくはご飯パンで良いでしょ?お米の消費に協力してちょうだいね










本日の主菜・・・主人の喜ぶ顔が 容易に目に浮かびます。

玉ねぎの輪っかの中には しっとりしたハンバーグ。

ケチャップ風味のソースをのせて、オーブンで仕上げます。

フライパンで焼くより カロリーオフ、フライパンで焼くより うんと楽ちん・・・ふたりに嬉しい玉ねぎハンバーグです。



玉ねぎは1〜1.5センチ厚さの輪切りにします。
中心から真ん中辺りまでをくり抜いて 輪っかにし、くり抜いた中央部分はみじん切りに。

みじん切り玉ねぎ・シイタケ・ニンニクを レンジOKのボールに入れます。

500Wのレンジで ふんわりラップをして 2分程加熱し、パン粉 大さじ1・牛乳 大さじ1/2・おろし生姜 少々を加えてひと混ぜします。粗熱がとれるまでしばらくおき、ふやかしましょう。

これを合挽き肉に加え、ナツメグ・お塩を適量加えてよく揉み混ぜます。横着な私はビニール袋で。

玉ねぎの輪っかに 茶こしで小麦粉をふり、ハンバーグだねを形よく詰め込みます。
鉄板の上に アルミホイルとクッキングシートを重ねて敷き、これを並べましょう。

彩り野菜の型抜き人参は 軽くレンジ加熱してあります。

220度に予熱したオーブンで 約20分焼きますが、途中10分程したらソースを塗ります。

ソースは、ケチャップとオイスターソース 同量を混ぜ、ほんの少量のハチミツ・お醤油をほんの数滴加えたもの。途中 庫内から鉄板ごと取り出し、スプーンでぬって 再度オーブンへ。

真ん中辺りに 串を刺してみて、透明な肉汁がにじみ出てこれば焼き上がりです。
お肉の旨味をたっぷり吸収した玉ねぎが、しゃきしゃきっとして ホンとに美味しいの










副菜は おからのサラダ。

おからを 胡麻ヨーグルトドレッシングで和え、グリルしたシイタケやキャベツ・人参を。

マヨネーズはほんの少量。安心してどぉぞ。


白ゴマ 大さじ1を乾煎りし、すり鉢でしっとりするまで丁寧に擂ります。

ここに ヨーグルト 大さじ2・白味噌 大さじ1・白ワインビネガー お砂糖 各小さじ1・お塩適量を加え 滑らかに擂り混ぜましょう。


シイタケは 石突きを取って オーブンで焼きます。
人参は 主菜の切り抜き人参の切れっ端。軽くレンジ加熱してあります。細切りに。
キャベツは ざく切りに。さっとレンジ加熱し、ザルにひろげて水気をとばします。

おからは ラップをして1分程レンジ加熱し、胡麻ヨーグルトドレッシングで和えます。
次いで野菜を加え、パサつき加減を見てマヨネーズを極少量。混ぜ合わせれば出来上がり。











本日のスープは、ヤングコーンのポタージュです。



いつものように、つぶしたニンニク→薄切り玉ねぎの順に じっくりじっくり弱火で炒めたところに 輪切りにしたヤングコーンを加えて炒めます。


軽く炒めて 油がなじんだら、ひたひたのお水・コンソメスープの素・冷凍里芋を。
里芋が充分やわらかくなったら 白味噌を少量煮溶かして火を止め、牛乳を少々。

ハンドミキサーで滑らかにミキシングし、再度弱火に。
牛乳でお好きな濃さにのばし、軽く塩コショウして温めれば出来上がり。





なんて愛らしいの!
ころっころのご飯パンよ!


今日もお米の消費に余念がありません・・・主食は ご飯パン。
真ん中には、クルミ入りのウズラ豆餡。あり合わせ餡パンです。
本日は、強力粉使用で。うん、これからのご飯パンは このレシピで参ろう!

主菜は 玉ねぎの輪っかに入ったハンバーグ。
オーブン仕上げなので、簡単な上にヘルシーです。

おからのサラダは、胡麻ヨーグルトドレッシングで。
使用したマヨネーズは ほんの少量。極めてヘルシー。

本日のスープは、ヤングコーンのポタージュです。

“スーパー ヤナギヤ” の閉店・・・なんとまぁ 地方色の濃い話題なのでありましょうか。

でも、広過ぎず 混み過ぎず。品揃えも 豊富ではないが まぁまぁ。
そして 我が家→実家のちょうど途中に位置し、お総菜もなかなか美味しい!
特にお弁当は良心的で、揚げものより 煮野菜・煮魚中心。

なくなるの?本当になくなるの???

主人の大好きな ヤナギヤさんのミンチカツ・・・あ、メンチだっけ?
結局 私、いちどもチャレンジ出来なかったわね。

あ!そぉだわ!今から ちょいと行って お総菜コーナー 散策してくるわ!
もしかしたら 最後のお別れに・・・って 並んでいるかもしれないものね、ミンチカツ。

主人、もしあれば 今夜はヤナギヤのミンチカツよ。あの 見るからに濃いタレがびっしりの。
あぁ、それにしても憂鬱・・・その後が Vグループなんて・・・


posted by しんさん at 13:01 | Comment(0) | お弁当日記 〜 お米消費メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。