2010年06月21日

あり?なし?野菜もりもりご飯のケーキ(風)

梅雨ですねぇ・・・じっとじとですねぇ・・・
昨日、ソファーでうたた寝しながら 何度 『暑いっっっ!!』 と目を覚ましたことか・・・

クーラーの除湿って便利な機能がなかったら、不快指数が募って 我が家は崩壊しているかも。
そぉか!私たち夫婦は クーラーのおかげで平和が保たれているのか・・・ウソだって、主人。

さ、今日も在庫豊富なお米を使って。梅雨真っ只中 月曜日のお弁当、無理無理な主食です。

・・・素直に小麦粉で作れば良いものを、無理無理 お米で作ってみましたよっと。
もぉこぉなると、お料理ではなくて 実験ですね。

最近 やたらとよく耳にする 『ケーク・サレ』
・・・なんのこと?と思って調べてみたら 塩味の甘くないケーキのことなんですってね。

画像を見てみると 野菜がたっぷり・・・あら、これいただき!お米で作っちゃおう!って感じ。
おっ洒落なカフェなんかで見られる 美しい 『ケーク・サレ』とは雲泥の差ですが・・・

言わせて下さい。本日の我が家のお弁当、主食は お米で作る 『ケーク・サレ』風です。

見た目は ナンジャコリャですが、そぉヒドいものでもねぇですぜぃ 旦那。
冷やして食べれば そこそこ美味しく食べられますぜ、カヴァや軽い白なんかいかがっすか?

お粥を固めただけだろっ!とか キッシュのフィリングだろっ!ってな声が聞こえそうですが・・・
良いのです。お米が減れば 私は良いのです、幸せなのです。

ケーク・サレの定義をまったく無視した お米の 自称 ケーク・サレ風。
本日の我が家のお弁当、主食でございます。










18×9×8センチのパウンド型 1個分です。型に合わせて パラフィン紙を敷いておきます。

お米は50グラム。前日の夜、洗ってザルにあけておきます。

コンソメキューブ 1個をお湯で溶かし、お水を足して 600CCにしておきましょう。
冷凍グリーンピースは、ザルにあけて 熱湯を回しかけておきます。




お米・みじん切り玉ねぎ 70グラム・ざく切りトマト 160グラム・みじん切りニンニク 1片分・コンソメスープ 200CCを中火にかけ、混ぜながら ゆっくりと沸騰させて 火を弱めます。

焦がさないよう 時々混ぜながら 水分がなくなるまで煮詰め、再度 コンソメスープ 200CCを。

合計で30〜40分程煮て、再度水分がなくなったら 牛乳 100CCを加えます。
ひと混ぜして火を止め、へらで滑らかに混ぜ合わせて冷ましておきましょう。






冷凍里芋 100グラム・残ったコンソメスープにお水を加えてひたひたにし、中火にかけます。
沸騰したら火を弱め 串がすっと通るくらいやわらかくなったら、お鍋を傾けて 煮汁を捨てます。

弱めの中火にかけ、水分をとばしたら 火を止めます。フォークでつぶしておきましょう。






卵 2個を 卵白と卵黄に分けます。



まずは 卵白 2個分を 大きめのボールで泡立て、しっかりとしたメレンゲを作りましょう。

よく冷えた卵白・レモン汁 数滴・グラニュー糖 5グラムを 静かに泡立てます。
全体が白くなって 泡立て器の跡が残るくらいに泡立ってきたら、再度 グラニュー糖 5グラムを。

角が立つ程に泡立ってきたら、コーンスターチ 大さじ1を茶こしでふり入れて 更に泡立てます。
ぴんと角が立つ しっかりとしたメレンゲになったら、出番まで冷蔵庫へ。




次いで 卵黄に参りましょう。

卵黄 2個分・ハーブ塩 ひとつまみ・ナツメグ 少々を、泡立て器で しっかりと混ぜ合わせます。
ここに オリーブオイル 大さじ1を 少量ずつ混ぜながら加えます。
とろりとしたマヨネーズ状になる迄しっかり泡立て器で混ぜ、冷ましておいたご飯を加えます。

泡立て器で ご飯を軽くつぶすようにしながら混ぜ合わせ、次いで 里芋・グリーンピース・刻んだベーコン・軽くレンジ加熱した人参を加えて ゴムべらで優しく混ぜ込みましょう。







冷蔵庫に入れておいたメレンゲを取り出し、卵黄と卵白 ふたつのボールを合わせていきます。

まずは メレンゲの1/3量を 卵黄のボールに加え、素早く ゴムべらで混ぜ込みます。
次いで これをメレンゲのボールに戻し入れ、さっくり切るように混ぜ込みましょう。

メレンゲをつぶさないよう合わせるのが 最大のポイントです。

これを 用意しておいたパウンド型に流し入れ、お好みの野菜を飾ります。

農協のくずシイタケ・半分にカットしたミニトマト・ヤングコーン・グリーンピース・ベーコン・・・
最後に 黒コショウとたっぷりと挽き、上から オリーブオイルを少量たらします。

180度に予熱したオーブンに素早く入れ、温度を170度に下げて じっくり50〜60分。
串を刺してみて どろりとした生地がついてこなければOKです。

薄力粉を使っていない分 メレンゲだけが頼りです。冷めてからのしぼみは 大目に見て下さいね。

焼きたては、とにかく ほわんほわんで儚げな生地です。しっかりと冷ましたら 冷蔵庫へ。
よぉ〜く冷やしてから そっと切り分けましょう。










さ、ここからはささっと参ります。

主人が使い残したセロリの葉っぱ。
シイタケ・人参と合わせて。
梅風味のさっぱりとしたきんぴらに。



人参は千切り、シイタケは細切りに。
梅干しは種を除き、包丁でたたいておきます。

セロリの葉は ざっくり大きめのざく切りに。


ゴマ油で 人参→シイタケの順に軽く炒めます。油がなじんだところで、梅干し・お酒・みりんを。
水分を軽くとばし、セロリの葉を加えて さっとひと混ぜ。ゴマを散らして出来上がり。

梅干しの塩具合によって、お砂糖やお醤油で 味加減を調節して下さいね。










これはもぉ ホンとにその場しのぎのひと品。

キャベツにちょこっとマヨネーズぬって、韓国海苔と野菜を巻いただけ。

私ってば とにかく “巻き” が好きなのね。




キャベツは お塩を加えた熱湯で しんなりするまで茹でてザルに。
水気をしっかりと拭き取って、軸のかたい部分を包丁の柄などで叩いてつぶしておきます。

キャベツを丁寧にひろげ、表面に薄くマヨネーズをぬって 韓国海苔を。
じっくり焼いたヤングコーンとシイタケ・レンジ加熱した人参を芯に巻き、切り分けてお弁当箱へ。

これが農協のくずシイタケです。ちなみに 後ろに写っているのは、朝食用のトウモロコシ。










本日のスープは キャベツのポタージュ。

本日は コンソメスープの素を使わず 鰹だし&少量の昆布茶で。

とろみ付けの冷凍里芋・仕上げの白味噌は欠かさずに。




玉ねぎとニンニクを 最初にじっくり炒めるのがポイントです。
たっぷりのキャベツを じっくりと煮て、たっぷり美味しく食べましょう。

今日はくたびれたので・・・スープはこんなところで





主人からTELあり!
今日の主食
『あり』 だそう!


お米で作る野菜もりもりのケーク・サレ風。
メレンゲに ほんのちょっとお砂糖を入れるのは許してね。
いいよね、家庭料理だもの。少々定義外れだって。器量悪しだって。

セロリの葉っぱで梅きんぴら。
先日の主人作カポナータの残り、きっちり使い切りました。

朝食のトウモロコシを焼きながら・・・
ついでで出来ちゃうキャベツのロールサラダ。

本日のスープは キャベツの和風ポタージュです。

朝食にトウモロコシ・・・そぉなんです、こんなことしているから お米の消費が滞るのです。
素直におにぎりや丼ものを作れば、お米の消費なんて さほど難しいことでもなかろうに。

でも、トウモロコシ 好きなんですもの。
じ〜っくり焼いて お醤油をぬって焦がして食べる・・・素敵な朝食でした。

幸せのお裾分け・・・母親がくれたトウモロコシ、あっと言う間に完食です。

posted by しんさん at 14:12 | Comment(0) | お弁当日記 〜 お米消費メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。