2010年05月28日

揚げないおからの胡麻団子

シェフお手製のテリーヌ、思い焦がれていたポワラーヌのパン・ド・カンパーニュ、そしてワイン。
昨日の夕食は、それ正に 夢のような時でありました。

ふぉっ!ふほっっ!と 意味不明の奇声を発しながら、その感動を最大限に表現する主人。
不気味だわ・・・ウザいわ・・・あっちのお山に捨てちゃいたいわ・・・隣で主人を見つめる妻。
いやぁね、主人。ウソだってばウソ。

さて。夢のようなディナーから 一夜が明けました。
夢は覚めるから夢なのです。覚めなかったら夢じゃありません。ささ 主人、現実よ これが。

ほら、よく 点心のメニューにあるでしょ?胡麻団子・・・あのイメージです。

ずっしり重いテリーヌを 完食するかの勢いだった主人。言葉巧みに それを阻止する妻。
いくらお弁当の量を控えめにしたからって、これじゃぁねぇ・・・無意味だわよねぇ・・・


大好きなテリーヌで幸せに包まれたディナー。現実に戻り本日のお弁当、主食はおからよ 主人。

おからとお豆腐で作る もちもちの生地の中には、高野豆腐とシイタケのそぼろが。
本来 揚げてある胡麻団子ですが、当然 我が家においては オーブンで仕上げます。

がっつり食べた翌日は、かっつかつの粗食と参りましょう。
本日の我が家のお弁当、主食は ダイエッターさん仕様の揚げないヘルシー胡麻団子。

テリーヌに歓喜しワインに酔い ぽてっと寝たかと思えば、アラームけたたましい携帯電話を ぽいっと放り投げて2度寝し、朝食の釜玉をぺろりと平らげ・・・主人、あんたって人は!










以下の分量で ピンポン玉くらいの胡麻団子6つ分です。


フィリングのそぼろは 高野豆腐とシイタケで作ります。

高野豆腐は ぬるま湯に浸けてやわらかく戻します。
水気を絞って刻み、濃いめの鰹だし・お酒・みりん・お砂糖・だし醤油・少量の甘味噌を加えます。

これをハンドミキサーで攪拌し、刻んだシイタケを加えて中火にかけます。

焦がさないよう 混ぜながら水分を飛ばし、しっとりとしたそぼろに仕上げましょう。

残ったら、そのままご飯にのせたり 卵とじにしてみたり・・・なかなか美味しいですよ。




生地に参ります。

おから 50グラム・充填絹ごし豆腐 70グラムを ビニール袋で揉み混ぜます。
ここに 片栗粉 10グラムを加えて更によく揉み混ぜます。

耳たぶ程のかたさになったら、ラードを少量加えて滑らかな生地に仕上げて等分します。

片栗粉の量は、おからやお豆腐の水分量で加減して下さいね。
これを丸めて手のひらで平たくし、真ん中に 高野豆腐そぼろをのせて包み込みましょう。





たっぷりの熱湯に ほんの数滴ゴマ油をたらし、お団子を ひとつずつそっと落とし入れます。
表面が うっすら透き通った感じになる程度に軽く茹で、そっとザルにあげます。

軽く水を切り、ひろげておいたゴマの上に。ゴマを満遍なく たっぷりとまぶしましょう。

クッキングシートを敷いた鉄板の上に並べ、200度に予熱したオーブンへ。

10分程焼けば 出来上がり。
最後 オーブンで焼くのは、軽く乾燥させてぱりっと仕上げる為。オーブントースターでも。

出来たては もっちり・・・主人、手間でなければ レンジで軽く温めてどぉぞ










最近の我が家のお弁当。
イワシの登場頻度 高です。

本日は、イワシに ハーブとトマトソースを合わせて。

ハーブはセージです。

だって金曜日ですもの。
冷蔵庫の中で頑張ってくれているセージもそろそろ限界。
使い切ってあげないとね。



まずは トマトソースを。トマトの水煮缶を使って、ささっとレンジで簡単に。

ニンニク・玉ねぎをみじん切りにし、レンジOKのボールに。
少量のオリーブオイルを回しかけ、500Wのレンジで ラップをしないで1.5分加熱します。

ここに トマトの水煮を加え、途中数回レンジ庫内から出して かき混ぜながら 3分程加熱します。

トマトの水煮は、ダイスカットタイプのものが便利。量は、大さじで3〜4ってところかしら。
とろりとしたソース状になればOK。粗熱がとれたら 塩コショウ+刻んだセージを。



イワシは手開きにし、お塩をふってしばらくおきます。出てきた水分を しっかり拭き取ります。

皮の方に 粒マスタードをぬってパン粉をまぶし、身の方にトマトソースをぬります。
その上にセージを並べ、頭の方からシッポに向かってくるりと巻き 楊枝で留めます。

小さなじゃが芋を 皮つきのままレンジ加熱し、十文字の切れ目を入れて 手で押しひろげます。
中央にトマトソースをのせ、イワシと共に クッキングシートを敷いた鉄板の上に並べます。

210度に予熱したオーブンで 20分程焼けば出来上がり。楊枝をそっと外してお弁当箱へ。










冷蔵庫で頑張っているハーブ。
セージだけではありません。
レモンバームだって頑張っています。

本日金曜日で、冷蔵庫の中のハーブは すっきりおしまいにしてあげましょう。

ハチミツ風味のヨーグルトドレッシングに、刻んだレモンバームをたっぷり加えました。

レモンバームの香りがとっても爽やか。
美味しくて とってもヘルシーなサラダが出来ましたよ。


ヨーグルト 大さじ2・ハチミツ 大さじ1・レモン汁と白ワインビネガー 各小さじ1に 塩コショウを加えて よく混ぜ合わせ、刻んだレモンバームをたっぷりと加えます。

千切り人参は、少量のお塩をふってしんなりさせ しっかり水気を絞ります。
サヤエンドウは お塩を加えた熱湯でさっと茹でてザルに。半分に切ります。
茹で卵は、横半分にしてから くし型に切ります。

以上をレモンバームドレッシングに加え、和えれば出来上がり










おっと!パセリもそろそろ使い切ってあげなきゃ。

手っ取り早く、栄養満点 パセリのポタージュに。

今日も お昼からのお出掛けは禁止だわね。

光毒性のあるパセリ。
たっぷり食べたら お家で大人しくしていましょ。


包丁の腹でつぶしたニンニク→薄切り玉ねぎの順に じっくりじっくり弱火で炒めます。
ここに お水・コンソメスープの素・冷凍里芋を凍った状態で加え、里芋がやわらかくなるまで。

パセリをどちゃっと加え、カサが減る程度に軽く煮ます。
少量の白味噌を煮溶かして火を止め、牛乳を少量加え ハンドミキサーで滑らかに攪拌します。

再度弱火にかけ、牛乳でお好きな濃さにのばして塩コショウし 軽く温めます。
器に盛って キャラウェイシードをほんの数粒・・・はい出来上がり。





今日もばっちり収まったわ!
あら?胡麻団子・・・おまけが・・・


おからとお豆腐の 揚げない胡麻団子。
中身は餡子じゃぁないわよ、主人。
餡子好きにはがっかりかしら・・・

イワシの手開きが楽しくって・・・
セージとトマトで。イワシのオーブン焼き。

ハチミツ風味のヨーグルトドレッシング+レモンバーム。
美味しくって とってもヘルシー(よね?)なサラダです。

本日のスープはパセリと里芋のポタージュ。

ハーブは、お水を入れた瓶に差して 瓶ごと大きめのビニール袋に入れて冷蔵庫へ。
時々お水を換えてあげれば、2週間くらいは 楽々元気でいてくれます。

先日、我が家にやって来た 若シェフM氏。

その時、シェフが鶏と合わせて使ったハーブが セージでした。
・・・ま、その時の残ったセージを 私がお弁当にも使わせてもらっていたってワケですけどね。

その時の彼のひと言で、妙に私は ハーブやスパイスの使い方を納得したのであります。

『ローズマリーは香りが強すぎて・・・セージくらいの優しい香りが僕は好きなんですよ。』

そぉなのよね、自分の好みで使えばOKなのよね ハーブって。
肉=ローズマリーって決めつけなくてよいのよね。肩肘張って使うものじゃないのよね。

実際、私もローズマリーは ちょっと・・・かなり苦手。うん、好きに使えばいいんだ、そぉなんだ。
長生きしたくば 5月にセージを食しなさい・・・なんだっけ?この台詞。

posted by しんさん at 14:03 | Comment(0) | お弁当日記 おからを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。