2010年05月11日

チョコチップスナックで作るもっちりカップケーキ風

39.4度ですよ、39.4度。

iPhoneユーザーの平均年齢じゃぁありません。
まもなくニュースを賑すであろう どこぞやの最高気温でもありません。

私の最高体温です。

そぼ降る雨に気付いたのは 昨日の昼下がりでした。そして なにやら嫌な予感。
雨が激しくなるにつれ、私の体温も急上昇。最高体温 39.4度に至ったワケです。

なのに何故?なぜに私は、早朝から いつも通りお弁当なんぞを作っているのでありましょう。
本日の主食です。

あら、チョコレート風味のカップケーキかしら・・・んんんっ〜っ!惜しいっっ!!
冷蔵庫の中、かなり干からび状態で放置されていた “チョコチップスナック” のなれの果てです。

ご存じですか?懐かしくないですか?チョコチップスナック。ヤマザキの定番商品。
幼少の頃より慣れ親しんだ、あのひと袋に何本か入った 細長いスナックパンですよ。

仕上げに、粉砕したバナナチップ&グラニュー糖。
チョコバナナ風味、もっちりした怪しいカップケーキ風の何か。本日のお弁当、主食でございます。










これです これ、チョコチップスナック・・・あぁ、懐かしい。 

卵 1個・牛乳 100CC・スキムミルク 大さじ1・ハチミツ 小さじ1を よく混ぜ合わせた中に 8等分したチョコチップスナックを浸し、時々全体を返しながら 20〜30分程おきます。

パンがふやけてきたら、ホットケーキミックス 大さじ1を 茶こしでふるい入れ さっくり混ぜます。

これを グラフィン紙カップとシリコンカップを重ねた中に流し入れ、さぁ バナナシュガーに参ります。

バナナシュガー・・・今 思いついたネーミングです。そんなたいしたモンじゃぁ ありません。
市販のバナナチップをミルサーで粉砕し、グラニュー糖を混ぜるだけ。

これを 先程の生地の上に スプーンでたっぷり振りかけ、190度に予熱したオーブンへ。

15〜20分焼けば 出来上がり。

・・・ちょっと焦げたけどね










いまだに冷凍庫で眠っている干し柿、そして 何故だか辛味が強烈な紫玉ねぎ。

これらを合わせ、人参も加えて バルサミコ酢を使ったひと品。

バルサミコ酢って ホンと優秀。
玉ねぎとも 干し柿とも 人参とも好相性、かつ仲人的役目も。




辛い辛い紫玉ねぎなんて 炒めてしまえ!!と。
みじん切りニンニク・オリーブオイルを 極々弱火でじっくり炒め、薄切りにした紫玉ねぎを投入。

お塩をひとつまみ加え 軽く炒めたところで、バルサミコ酢 大さじ1・ハチミツ 小さじ1を。

軽く煮詰め、ピーラーでリボン状にスライスした人参・細切りにした干し柿を加えて さっと炒めてなじませれば出来上がり。熱々より 冷めた状態のほうが、 味がなじんで美味しいのです。











もうひと品は、白和えです。

素材を変え、調味料を変え・・・
週に 何度登場するのかしら。
我が家の定番料理のひとつです。

本日の素材は、キャベツとシイタケ。
調味料は、エゴマと芋床です。

芋床・・・まだあったんだ。




エゴマ 大さじ1は さっと乾煎りし、すり鉢で丁寧に擂ります。

エゴマがしっとりしてきたら、充填絹ごし豆腐 75グラム・白味噌 大さじ1・お砂糖といも床 各小さじ1を加え 更に丁寧にすり混ぜて 滑らかな和え衣を作りましょう。

キャベツはざく切りにし、しんなりする程度にレンジ加熱してザルにあけます。
軽く水気を切ったキャベツをボールに移し、少量のだし醤油をまわしかけて しばらくおきます。
粗熱がとれたら、巻きすに包んで ぎゅっと絞りましょう。

シイタケは石突きを除いて オーブンで焼き、縦に裂きます。
人参は 厚さ2〜3ミリの斜め切りにして シイタケと一緒に焼き、細く切ります。

すり鉢に キャベツ・シイタケ・人参を加え、和えれば出来上がり










本日のスープは、フルーツトマトのポタージュです。

ガズパチョなんてシャレたものではありません。

せっかく 美味しいアメーラ トマトを お世話していただいたんですもの。

出来るだけ火を使わず、皮もむかず・・・トマトを楽しむポタージュです。


生のニンニク・生の玉ねぎのトマトスープは、ちょっと辛味が強くて苦手。
なので、薄切りニンニクと薄切り玉ねぎは 軽く20〜30秒 レンジ加熱して使います。

ここに、パンの耳 (・・・えぇ 昨日の主食、オープンサンドの残りです。)・4つ切りにしたトマト・オリーブオイル・お塩ひとつまみを加え ハンドミキサーで滑らかにミキシングします。

必要なら お水も少量足して。丁寧に丁寧にミキシングします。

滑らかになったら 白ワインビネガーを少量加え、お水で薄め よく混ぜ合わせて器に。
黒コショウをたっぷり挽いて出来上がり。冷でも温でも 美味しいのです。





熱にはめっぽう強い体質です。
でも これ程とは・・・


主食は、ヤマザキの定番 チョコチップスナックで作る インチキカップケーキ。
こんな風になるんだ・・・と。実験的な主食です。

紫玉ねぎ・干し柿・人参のバルサミコ酢炒め。
じんわり味がしみていて 美味しいのです。

本日の白和えは、エゴマ・キャベツ・シイタケで。
白和えなら 毎日でもいいわ、私。

本日のスープは アメーラ トマトのポタージュ。
トマト感 がっつりです。

我が家の王子・・・要は 主人のことなのですが。
彼は、非常に優しい人です。そして賢い人です。良い人です。ただ、ものすごく鈍感です。

39.4度の高熱なんですよ、愛妻が。
お医者さまもびっくりする程 高熱をモノともしない私ですが、当然スッピン 汗だくで寝ております。

ポカリスエットとユンケルを手に、仕事から帰ってきた主人が 言いました。
『断れないから。起きてこなくていいから ゆっくり寝ててね。』・・・げっ!マジっすか?

・・・えぇ。昨日は、若きシェフM氏を 我が家に招いて ワインを飲もう!と言う日でありました。
3人共が楽しみにしていたんですもの、断れないってのも 十分理解出来ますよ えぇ。

でもですねぇ・・・そりゃないでしょう。

狭い狭い我が家なのよ。
トイレ行く時、汗だくのパジャマを着替えに 洗面所に行く時、お水を飲みに行く時・・・

スッピンぼさぼさ頭の姿を M氏にさらせと言うのですか!
あなた、なんて残酷な仕打ちを。

女心がまるで分かっていない 我が家の王子。
融通がてんで利かない彼。異様なまでに 熱に強い私が悪いのか?今はすっかり元気です。

posted by しんさん at 12:41 | Comment(2) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい体温ですね><

まあ、逆に高熱になりすぎると元気になった記憶はありますが・・・。高校生の頃だったかな。
熱が出て休んでいたとき、妙にすっきりして視界がクリアになって、新しい世界を見たように思ったものです。

熱下がったかもと思ったら、39度超えで、びっくりでした。

しかしながら大人になってからその体温で耐えれるなんて、すごいです、しんさん。

ムリしないでくださいね。。。


ああ、言ってくだされば、若きシェフM氏のお料理、変わりに食べに行きましたのに(マテ
Posted by 松 at 2010年05月11日 12:54
松さん、ご心配いただき ありがとうございます・・・嬉しいよぉ〜っ!
あれ?最後にオチが(笑)

そぉなんですよね、高熱が出る時って 出切っちゃえば平気になっちゃうんですよね。
熱が上がっていく段階が いちばん辛くて・・・

初めて この熱上がりの道を体験した時は、何かにとり憑かれたかと思いましたもん。
がくがく全身が震えるわ、声は出ないわで。

今はすっかり元気ですよん。
今から 餃子&ビールでもイケそうな回復っぷり・・・いやいや、イキませんけどね。
Posted by しんさん→松さんへ at 2010年05月11日 13:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。