2010年03月17日

春満載 小さな小さなカップ寿司

“何も何も小さきものはみなうつくし”・・・枕草子、第百五十一段の うつくしきもの。
清少納言女史のこの感性、私 大賛成っ!!

そぉなんです。小さなものは可愛いんです。チワワだって 精巧なミニチュア家具だって。
ポケットサイズのキリンとかゾウなんか 想像するだけで可愛いっ!・・・発想が貧相だってば。

お弁当だって 小さけりゃ可愛いのよ、うん。そこで 本日の主食です。

春だわねぇ・・・と来りゃ 散らし寿司が食べたくなりません?
おかずカップに入った 小さな小さなひと口サイズの散らし寿司。春カラー満載です

薄焼き卵をお花に見立て、桜の人参でしょ、菜の花でしょ、ご飯のサクラエビも 重要ポイント。
この季節 憎き花粉と戦う主人。今日は、お部屋の中で春を満喫してちょうだいね。

具沢山のご飯で 炭水化物を控えめに。野菜もりもり いとうつくしき 小さな小さな散らし寿司。
本日の我が家のお弁当、主食でございます。










せっかくだもの。桜の人参も、ひと手間かけて甘く味付け。美味しく頂きましょう。

輪切りにした人参を、充分かぶるくらいのお水・お砂糖 小さじ1と共に 中火にかけます。
お砂糖を溶かし、沸騰したら 弱火に。

中央に穴をあけたキッチンペーパーで落とし蓋をして、ことことことこと・・・
人参が 十分軟らかくなったらザルにあけ、粗熱をとって 型抜きをします。

人参・少量のオリーブオイル・ハチミツ・お塩を 中火にかけ、艶々に仕上げましょう。

型抜きの切れっ端人参は 朝食用・・・カロリー控えめの人参グラッセです。


卵 1個分を溶きほぐし、小さじ1程度の水溶き片栗粉を加えて 丈夫な薄焼き卵を焼きます。
正方形にカットし、4辺の中央に 包丁で切れ目を入れて おかずカップに敷き込みます。


干しサクラエビは 乾煎りします。これで ぐっと美味しくなりますの。
細切りシイタケに お酢・みりん・鰹だしを加え、中火で水気がなくなるまで煮詰めます。
人参グラッセの切れ端を刻みます。先日頂いた ほんのり桜色の蕪のお漬物も刻みましょ。

以上を 白炒りゴマと共に 酢飯に混ぜ込みましょう。

薄焼き卵の切れっ端は、錦糸卵にして 仕上げ段階で活躍してもらいます。

具沢山の酢飯を ドーム型のおにぎり型で抜き、薄焼き卵の上に。

錦糸卵・菜の花・桜人参のグラッセを飾って、はい 出来上がり。










主菜は ダイエッターの強い味方、ヘルシー食材 ささ身の登場。

素早くちゃちゃっと完成する上に、カロリーも控えめ。
レンジで仕上げるささ身ロール。

本日は、三つ葉とネギを巻いて。
さっぱり 梅おかか風味です。





ささ身は筋を取り除きます。
これをラップで包み、めん棒等で叩いて 薄く均一にのばします。

この時、ラップは のばしたい大きさの四角形に。優しくそっと叩いて 少しずつのばしましょう。
ラップをめくり、ネギ・三つ葉・たたいた梅干し・おかか醤油を芯に きっちりと巻きます。

ネギは 白い部分を軽くレンジ加熱して。三つ葉は さっと茹でてから。
梅干しは、一緒に漬け込んである赤紫蘇の葉っぱを活用。
おかか醤油は、鰹節・白ゴマに だし醤油をちろっとたらして混ぜたもの。

ラップで ぴっちりと包み直し、500Wのレンジで まずは1分加熱します。

そのまま しばらく蒸らし、後は 様子をみながら 30秒ずつ加熱していきます。
加熱→しばらく余熱で蒸らす・・・を繰り返し、しっとりと仕上げましょう。
綺麗に切り分けて お弁当箱へ。









副菜も春色です。

珍しく 国内産のパプリカが店頭に並んでいたので、色に惹かれて 即購入。

菜の花と合わせて、ワインビネガーをきかせた和えものにしてみました。

肉厚のパプリカは、じっくりオーブンで焼いてから 薄皮を剥くと 本当に甘くて美味しいのだけれど・・・
今日は、春色を満喫するってコトで。


菜の花は、お塩を加えた熱湯で さっと茹でて 冷水にとります。
根元を揃えて絞り、巻きすに包んで 更にしっかりと水を絞っておきましょう。

パプリカは 細切りにし、軽くレンジ加熱しておきます。

白ワインビネガー 大さじ1・お砂糖 小さじ1/2・黒コショウ 適量を混ぜ合わせます。
ここに ハーブ塩を加えて泡立て器でしっかりと混ぜ、お塩を 完全に溶かします。

オリーブオイル 大さじ1を 少しずつ少しずつ加えながら混ぜ合わせます。
とろりとしてきたら、菜の花・パプリカを加えて和えれば出来上がり











本日のスープ。
淡い黄色は パプリカで。

甘い甘い 黄色パプリカのポタージュ。
主人、カレー味じゃないから。


包丁の腹でつぶしたニンニク 1片を じっくりじっくり 弱火で炒め、ニンニクの香りがしてきたら 薄切り玉ねぎ 1/3個分も加えて炒めましょう。

玉ねぎが透き通って ねっとりしてきたら、薄切りパプリカ 1/2個分も加えて炒めます。
油がなじんだところで、ひたひたのお水・コンソメスープの素を加えます。

煮立ったら 冷凍里芋を凍った状態のまま加え、しばらくことこと 里芋が十分軟らかくなるまで煮て 白味噌 小さじ1/2を煮溶かし 火を止めます。

牛乳を少量加えて ハンドミキサーで滑らかにミキシングし、再度 弱火にかけます。
お好みの濃さに牛乳でのばし、塩コショウして 軽く温めれば出来上がり。





春だわよ、お天気も良いわよ。
新品洗濯機で ガンガンお洗濯だわよ


おかずカップに詰めた 小さな小さな散らし寿司。
春のうらら気分を盛り上げます。

レンジで仕上げるささ身ロール、ダイエッターさんの味方。
本日は とろり白ネギと三つ葉を巻いて、梅おかか風味。

菜の花とパプリカのビグネットソース和え。
ほろ苦い菜の花、大好き!

本日のスープは パプリカのポタージュです。

熱海にあります 老舗旅館 “蓬莱”。
そちらの別館 VILLA DEL SOL(ヴィラ・デル・ソル)に 初めて宿泊したのは 新婚旅行の時。

当時は、憧れのマダム 河原 日出子さまが エントランスに。
その優雅なお姿を ご披露していらっしゃいました。

そのオーラに圧倒されつつも、『・・・あ、あの・・・しゃ、写真を・・・どぉかご一緒に・・・』
しどろもどろの私の隣に、まさに百合の花の如く歩み寄って下さる日出子さま。

夢のようなお声でひと言・・・『あらぁ、意外とお背が高くていらっしゃるのね。』

さようです。私、よく言われるのです。意外と背が高いのです。
思春期の頃は、身長 153センチに憧れました。あ、現在は今の背に感謝してますけどね。
チビだなぁ・・・なんて 後ろから高い所にあるモノを取ってもらう映像に憧れをもっておりました。

小学校 高学年の時、『舞妓ちゃんになりたい・・・』 と言った娘に、母親は こぉ言いました。

『舞妓さんは ぽっくり履くから 背の高い子は無理なの。
あなたには無理っ!絶対無理っ!プロレスラーみたいな舞妓さんになっちゃうわ、おほほ。』

“何も何も小さきものはみなうつくし”
・・・この章だけが 妙に心に残っているのは、そんな幼少期の思い出のせいかしら

posted by しんさん at 12:26 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。