2010年01月19日

あり合わせ且つインチキなテリーヌ

冷蔵庫の中の食材消費を 第一に考えて作られる 我が家のあり合わせ料理。
近頃 ワケの分からぬ勢いを増した気がします。

昨年から ずっと野菜室に君臨している白菜さん、今日も せっせと使います。
ついでに 使いかけのままになっているブルサンも・・・結果、本日のお弁当 主食はこぉなりました。

これを 『テリーヌ』 と きっぱりはっきり言い切るには かなりの勇気を要します。

『テリーヌ』です

使いかけのブルサン・冷凍庫の隅にあった鮭の切り身・そしてお豆腐・・・まさに あり合わせ。

近頃の主人。
ちょっと前まで パスタ作りに熱中しているかと思ったら、どぉやら 既にブームは去った様子。
そのかわり、机の上に 『テリーヌとパテ 教則本』 などという写真集のような華麗な本が・・・

はっはぁ〜ん、読めましたよ 主人。今度のブームは テリーヌ又はパテですね。

でもね 主人、これはヤメて下さい。テリーヌとパテは お外で食べて下さい。
鬼のように買い込んだ食材、ちょこっと使って 後はどぉせ放ったらかしなんでしょ?ど・お・せ。

作るなと言われて 大人しく引き下がる相手でないことは 重々承知ですもの。
じゃ、ド素人が作るあり合わせインチキテリーヌでも何でも 食べ飽きればいいのよね、
なぁ〜んだ、お家で作るのは こんなもんなんだ・・・と 思わせればいいのよね、うん。

さぁ、主人。本日の我が家のお弁当、主食は お望みのテリーヌだわよ。
どんどん食べなさい、もりもり食べなさい、そして 食べ飽きなさい。










愛用の陶器製テリーヌ型は、内側の大きさで 約11.5×7センチ 高さは5センチ程度。

ティッシュ等で 薄く薄くオリーブオイルをぬります。
取り出しやすいよう、3センチ幅にカットしたクッキングシートを 底に十文字に敷いておきます。

オーブンを180度に予熱し、蒸し焼き用の熱湯を用意しておきましょう



お豆腐は100グラム。充填豆腐を使いましたが、しっかりと水切りをします。
適当な大きさに切り、500Wのレンジでラップをしないで約2分加熱。ザルにあけておきます。

鮭の切り身(95グラム)は ほんの少量のお酒をふりかけてレンジ加熱し、骨と皮を除きます。
黒コショウ風味のブルサン(130グラム)は 室温にもどし、ボールで軟らかくねります。

ブルサンをねったボールに 水切りをしたお豆腐・ほぐした鮭・卵 1個・おろしニンニク(1/2片分)を加え (鮭の塩加減によっては お塩も)、ハンドミキサーで滑らかに攪拌します。





テリーヌをおおう白菜は、葉っぱの部分だけを使います。

軟らかくレンジ加熱して しっかりと水気を拭き取り、隙間のないようテリーヌ型に敷き詰めます。
最後に 白菜でぴったりと蓋が出来るよう、大きめの葉っぱを使いましょう。

ブロッコリーは さっと茹でておきます。
人参は細長く切り、ひたひたのお水とコンソメスープでさっと煮て そのまま冷ましておきます。




白菜を敷き詰めたテリーヌ型に ファルス(・・・そんな大層なモノでもありませんが)を少し。
ここに マッシュルームを並べ入れ、型の底を 軽く打ち付け空気抜きをし 更にファルスを少々。

人参や ブロッコリー等 お好きな野菜を 順々にお行儀よく並べていっては、ファルスを 少しずつ流し入れて 空気抜きをして・・・を 何度か繰り返して テリーヌ型の高さまで。

白菜でぴったりと蓋をし、更にテリーヌ型の蓋を。
180度に予熱したオーブンに入れ、鉄板に熱湯を注いで40分程 蒸し焼きにします。





焼き上がったら、テリーヌ型に入れたままの状態で冷まします。
慌てて取り出そうとすると、ファルスがまだふわふわなので 悲しい思いをします。

完全に冷めて ファルスが落ち着いてから、そっと包丁で切り分けて・・・
一応 お弁当ですもの。食べやすいように 薄くバターをぬったライ麦パンの上に

さぁ、これで 主人は満足してくれるか・・・それとも 要らぬ火をつけてしまったか・・・










主食のインチキテリーヌ、
意外と簡単です。

が、何分 食材をかなり費やしてしまったので、おかずふた品は シンプル且つ簡単に。

まずは 安納芋のサラダ。

甘い甘い安納芋・・・
出来れば 焼き芋にして食べたいところですもの。
余計な手は加えません。



安納芋は 皮つきのまま厚めの輪切り〜半月にし、しばらくお水に浸けてアク抜きをします。
これを、お水から弱火で じわじわじわじわ蒸します。

串がすっと通るくらい 軟らかく蒸したらボールに移し、フォークでざっくりつぶします。

ちょっと塩味のついたカシューナッツを 手でばきばき割ってここに加えます。
彩りに、主菜で残ったコンソメ風味の人参も さいの目に切って・・・

味をみて 薄いようならお塩を少々。さすが安納芋・・・これだけで十分美味しいのであります。










もうひと品は 隙間埋め程度に・・・
干し柿とチーズの組み合わせ。

くし型に切った干し柿に スライスチーズをのせて 数秒レンジ加熱しただけ。
加熱し過ぎに注意・・・ほんの数秒で。

スライスチーズは とろけるタイプでも そぉでないタイプでも どちらでも。
今朝は とろけないタイプで。

大好きな干し柿。
冷凍保存しておくと とっても便利。










本日のスープは、主食で残った材料を全て使って。

白菜の軸・お豆腐・・・ついでに クリームチーズと鮭の入ったファルスまで。

ちょっと生姜を加えたら、鮭も気にならず 美味しいスープが出来上がりました。




包丁の腹でつぶしたニンニク1片を、オリーブオイルでじっくりじっくり炒めます。

ニンニクの良い香りがしてきたら 薄切り玉ねぎ 1/3個分も加えて炒め、玉ねぎが透き通って ねっとりした感じになってきたら 繊維を断ち切るように薄切りにした白菜の軸も加えて炒めます。

油が全体になじんだら、コンソメスープ(人参を煮たヤツですね )をひたひたに注ぎます。
しばらく煮て 十分軟らかくなったところで、お豆腐・テリーヌのファルス・千切り生姜を加えます。

軽く煮て火を止め、牛乳を少量加えて ハンドミキサーで滑らかにミキシングします。
再度 火にかけ、牛乳でお好きな濃さにのばし 軽く塩コショウします。軽く温めて出来上がり。





ワイン会の翌日だもの・・・
今日は 油控え目 量も控え目


主食は あり合わせインチキテリーヌ。
パンの上にのっけて オープンサンド・・・ってノリで。

安納芋のサラダは 極めてシンプルに。
そして 干し柿とチーズの組み合わせ。

本日のスープは テリーヌの残り食材をすべて使って。
白菜あり 鮭あり お豆腐ありのごちゃ混ぜポタージュ。

さぁ、主人。本日の 妻の目論みは 凶とでるか吉と出るか。

凶と出たとしても、願わくば・・・
あの山のように買い込んだ数々のパスタをなんとかしてからにしては頂けませんか?

それにしても この本 残酷だわね。

『仔牛のピエと豚頭のテリーヌ ソテーとクロケット 2種類の調理法で』
『鴨の手羽、首つる肉の赤ワイン煮のテリーヌ』

・・・なんだか切ない、なんて美味しそうなんだ・・・
posted by しんさん at 11:46 | Comment(2) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テリーヌ型を購入しようといろいろ検索してたら辿り着きました。いくつか読ませていたただきましたが、すごく面白かったのでコメントさせていただきました。お料理もおいしそうだし、幸せが伝わってくる感じで読んでて楽しいです!

過去ログ読むのも時間がかかると思うのでまたお邪魔させていただくと思います。

Posted by Route66 at 2010年01月30日 21:01
初めまして、Route66さん。
嬉しいコメント、 ニタニタしながら読ませていただきました。

驚かれたでしょ?あまりにあり合わせのテリーヌで。。。
でも 楽しんでいただけて、嬉しいです。

なんじゃこりゃ?ってお料理も多々ありますが、どぉぞこれからも遊びに来て下さいね。
間もなく立春・・・Route66さんにも福がいっぱい舞い込みますように^^
Posted by しんさん→Route66さんへ at 2010年01月31日 06:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。