2010年01月17日

黒豆の煮汁で貧乏性カプチーノ風

昨日に引き続き、黒豆ネタでございます。
黒豆そのものと ほんの少量の煮汁で作った黒豆アイスクリームは、主人には大ウケ。

昨日の黒豆アイスクリームの記事

でもね、貧乏性妻としては それだけでは不満。だって まだたっぷりの煮汁がぁぁっっ!!
・・・てなワケで。

・・・ったく、どこまで貧乏性 ブッちぎりなのでしょうか。

黒豆の煮汁にコーヒー、そして 泡立てた牛乳。
これを、『黒豆カプチーノ』 などと言ったら ブン殴られますか?私。




バンコク旅行から帰って体重を戻す間もなく外食続き。
そして それに伴い 私達夫婦のこと、当然 アルコールも摂取過剰気味。

この土日。さすがに体調管理の狙いも込めまして、ちょいと 食事とお酒を控えましょう、と。
いつもなら 土曜・日曜のお昼は、軽めの外食。でも 今週はそれもちょっと・・・の崖っぷち。

胃を休める意味もあり、昨日のお昼は 体に良さ気な黒豆の煮汁で作る 『黒豆カプチーノ。』
牛乳たっぷりの甘い一杯に ホッとしたふたりの胃袋・・・こんな休養も たまには必要だわね。




黒豆の煮汁の量は、その甘さやお好みで 加減して下さいね。ちょっと多めのふたり分。

カップを温めておきます。

お鍋に 牛乳200CC・インスタントコーヒー 小さじ1・黒豆の煮汁 大さじ4〜5を入れます。
これを 時々混ぜながら 弱火でじっくり温め、沸騰直前で火からおろします。

温めたカップに 茶こしで漉しながら注ぎ、ミルクホイップ役の主人の準備も整ったところで・・・

泡立てた温かい牛乳を たっぷりと注いで、シナモンをひとふり。
食いしん坊さんな主人の 熱い要望により、昨日の黒豆アイスも添えて・・・

おやつじゃぁないですよ、軽いお昼ですよ。
たまにはね、たまには・・・のんびり暖かいお部屋で お昼ご飯代わりのお茶も良いものよね。




結婚してすぐ、主人の友人から おまけで頂いたミルクホイッパー。
棚の奥に片付けてあったっけ・・・と ごそごそ。

貧乏性メニューの時こそ、こんなのでひと手間かけて のんびり作るってのも必要だものね。




こぉして 黒豆尽くしのお昼を満喫した我が家の土曜日は ほのぼのと過ぎたのであります。
『なんだか お腹がすっとした・・・』 などと言いながら、スーツに着替える主人。

良かったわ、良かったわ。こんなメニューで そんなに喜んでもらえるなんて・・・
そぉ言えば、今日あたり 先日取り寄せしたチーズが届くころかしら。

・・・ってことは、また飲んじゃう?難しいわね、体調管理って。

Yさま、昨日のとんちんかんな自分の返答に 私 恥じるばかりです。
明日は 心して参りますね。

posted by しんさん at 06:57 | Comment(2) | お弁当以外のお料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
体重・・・
増えるときはあっという間なのに
落とすのは亀の歩みですよね。
私もお正月のツケがまだ残っております・・:

今 大阪の大丸心斎橋店で「サヨナライツカ」展が開催されています。
と言っても パネルと衣装が5枚展示されているだけで 無料のイベントなんですが・・・
ミポリン 7号くらいの衣装をけっしてパツパツではなく 余裕なシワまで作って
着こなしてくれてはりましわ。細っ!!

私は奈良在住の物好きなミーハーオバハンなので 大阪に出たついでに立ち寄ってみました^^

で しんさんがこの間おっしゃってた監督の装い・・・うふふ
メイキングパネルでチェック!!

正装はなかっよ^^
タンガリーシャツにチノパンとか
ストライプシャツにカーゴパンツ、テンガロンハット等でした。
正装 見たい気もするなぁ〜

うれしがってご報告。 


Posted by なとこ at 2010年01月17日 15:04
あらぁ〜、残念・・・私も 正装姿の監督さんやら カメラさんやら見てみたかった(笑)

7号ですか、ミポリン。
実は 妹が7号サイズという恐ろしい体系なのです。
こっそりと ワンピースに頭を突っ込んでみて、途中でどきどきしながら諦めたことがあります。
鏡の前の 頭ぼっさぼさ・顔真っ赤の自分を見て なんとも情けない思いを致しました。

そぉですかぁ・・・7号を着て 余裕のシワですかぁ・・・って、この『余裕のシワ』って表現が 気にいってしまいました^^

またのミーハーなご報告、お待ちしていますね、なとこさん。
Posted by しんさん→なとこさんへ at 2010年01月18日 13:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。