2009年12月18日

サーターアンダギーじゃありません

年末に向け、着実に 我が家の冷凍庫は 整理されつつあります。随分 すっきりして参りました。
これで、間もなく実家からやってくるであろう お正月用のお餅が来ても 大丈夫・・・今のところ。

さて、本日 金曜日の我が家のお弁当。主食は ものすごぉ〜く簡単な こちらでございます

サーターアンダギー?  ・・・いいえ、違います。
本日片付けられた 冷凍保存食品は、ライ麦入りの レーズンパンです。

近所のパン屋さんのもので、オープン当初からお気に入りの ハード系レーズンパン。
いつも 多めに購入して ラップで包んで保存してあるのですが、それを本日 やっつけました。

中途半端に残った、ふたつの小さな この ハード系レーズンパン。
おから・フルーツシリアル・リンゴの入った生地、そして コーヒーリキュールとの 組み合わせ。

表面のパンが がりがりっとした食感で、内側は ふんわり 甘い香り。
がりがりと ふんわり・・・なかなか面白い仕上がりです。

見た目 不格好なサーターアンダギーのようですが、もちろん 揚げてはおりません。
甘いリンゴの香りが なかなか良いのではないでしょうか・・・私は 好きです、これ。

今週最後、本日 金曜日のお弁当。
主食は、中途半端に残った ハード系レーズンパンで作る がりがりふわふわの『何か』
『何か』・・・としか 言いようがないんですもの、『何か』 としか。

主人へ・・・一部 かなりハードな食感よ。前歯 折らないように気をつけてね










ものすごく簡単です。

レーズンパンは、食べやすい大きさにカットして コーヒーリキュールを 少量ふっておきます。

おから60グラム・フルーツ入りのシリアル 40グラム・ヘタを除いて 皮つきのまますりおろしたリンゴ 1/2個分・スキムミルク 大さじ2・ハチミツ 大さじ1/2。
これらを 大きめのボールに入れ、スプーンを使って 混ぜ合わせます。

ここに 先程のレーズンパンを加え、おから生地とパンがなじむよう 丁寧に混ぜ合わせます。

これを ぎゅっと握って小さめにまとめ、クッキングシートを敷いた 鉄板の上に。
おから生地で パン同士をくっつける・・・って感じでしょうか。

170度に予熱したオーブンで 35〜40分。長めに焼けば がりがり感が増します。
焼きたては ほろほろっと 心もとない感じですが、網の上で冷ますと しっかりまとまります。

・・・中途半端に残ったハード系のパンをお持ち 且つ 怖いもの知らずのチャレンジャーさん。
試してみる?










ささ・・・冷凍庫の中の お肉も そろそろ片付けないとね。

本日の主菜は、牛肉で。
組み合わせる食材は、自家製春菊に 人参 シイタケ等々。

味付けは、我が家では 至って普通 らっきょうの漬け汁で。

根尾の伯母 特製のらっきょうは、お砂糖多めの漬け汁。
調味料としても 美味なの


春菊は お塩を加えた熱湯で さっと茹でて 冷水にとり、すぐに根元を揃えて 引き上げます。
ぎゅっと水気を絞ってから お醤油を少量まわしかけ、更にもういちど絞って お醤油洗いを。

人参は 長さを半分に切り、縦4つ切りにして 軽くレンジ加熱。
シイタケは 石突きをとり、大きさによっては 縦に2〜4等分。しめじは 石突きをとって 小房に。


牛薄切り肉を 2〜3枚 重ねてひろげ、牛肉の幅に合わせて切った春菊と人参・しめじを上に。
しっかりと 隙間のないように巻きます。

テフロン加工のフライパンに 少量のゴマ油を熱して、お肉の巻き終わりを 最初にじゅっと焼きつけて 焼きかためてから、そっと返しながら 弱めの中火で 全体を軽く焼きつけます。

薄切り玉ねぎ→シイタケの順に加えて 炒めていきます。油が全体になじんだら、らっきょうの漬け汁・だし醤油・お酒・みりんを 加えて ひと混ぜし ぴったり蓋をして 蒸し焼き状態に。

しっかりと お肉に火を通ったら、蓋をとって 火を強め 煮汁を煮詰めます。
お肉に たっぷりと煮汁をからめて 火を止め、さっと茹でたブロッコリーを からめて出来上がり。











副菜は ネギのクリームグラタン風・・・ネギの白い部分を くったり煮て、オーブンで仕上げます。

ネギだけでも それはそれは美味しいのであります。
市販のクリームシチュールーを使って、簡単 お気楽に。



ネギは、主に白い部分を 長さ4〜5センチに切り揃えます。

みじん切りにしたニンニクと ゴマ油を 弱火にかけ、小さな泡がたってきたら ネギも加えて じっくりじっくり炒めます。じっくり 気長に炒めて ネギの甘さを引き出してあげましょう。

ひたひたより 若干少なめの牛乳を注ぎ、温まったら ほんの少量のお醤油と オイスターソースを。
弱火のまま ネギがくったりとするまで煮て、ネギだけを取り出し おかずカップへ。

残った煮汁に 市販のクリームシチュールー 1/2山(10グラム)を 刻んで加えます。
弱火で煮溶かして とろりとしたホワイトソースを作り、ネギの上に まわしかけます。

パン粉を ぱらりとふって、250度に予熱したオーブンの上段に入れて 約10分。
パン粉に 綺麗な焼き色がつけばOK。漏れ出さないよう おかずカップは 2重にしましょう










本日のスープです。
・・・って ヤバイっ!!

私ったら・・・食材 買い控え過ぎだわ、牛乳 副菜で使い切ってしまったわ。

牛乳がないなら ポタージュはだめね、と思いきや・・・
母親からの、お歳暮のお裾分けに助けられました。


本日のスープは オレンジジュースベース。さつま芋とグレープフルーツの デザートスープです。

スープと言うより、温かいジュースかしら・・・オリーブオイルで炒めたさつま芋(正味150グラム)に ひたひたのお水を加え、水気が ほとんどなくなるくらいまで 軟らかく煮ます。

一旦 火を止めて グレープフルーツ 1/2個分の果汁と果肉を加え、100パーセントのオレンジジュースを 少量加えて ハンドミキサーで ピューレ状にミキシングします。

シナモンとハチミツを 少量加えて 弱火にかけ、オレンジジュースで お好みの濃さにのばして 軽く温めれば 出来上がり。お好みで、仕上げにも シナモンとハチミツを。

熱々に温めて食すより、若干 冷め気味の方が 味がなじんで美味しいの。





食材整理も程々に・・・
後で 牛乳 買ってこよっと


妙ちくりんな主食に 拍車がかかります。
ハード系レーズンパンで作る、サーターアンダギーの出来損ないのような主食。
でもね、味は ホンと美味しいの。だって 元は お気に入りのパンですもの。

主人喜ぶ お肉の主菜。
らっきょうの漬け汁を使った 甘辛だれの照り焼き風。
巻いてある具は いつもの春菊だけどね。

ネギだけのホワイトグラタン風。
これがまた 美味しいの。

苦し紛れの本日のスープ。
さつま芋とグレープフルーツのポタージュ、オレンジジュースベース。

ちょいとちょいと・・・もぉ 今度の日曜日は 20日ですか?そぉなんですか?

年賀状、なんもしとりませんやんっ!大掃除、予定もたっておりませんやんっ!
だと言うのに、日曜のお昼は ワイン会ですか・・・ひょこひょこと 名古屋までお出かけですか。

忙しい 忙しい とは言いながら、のんびりミシン教室なんぞに参加しているこの私。
『いいじゃない、別に。なんもせずに年越したって。逮捕されるワケじゃぁ あるまいし・・・』
ひらき直るのは 時間の問題か?

それでも、そろそろと 目標であった冷凍庫の整理整とんは 達成されつつあります。
主人っ!もぉちょっと待っておくれよ。取り寄せしたい気持ちは分かるが、もぉ少しっ!
ぼちぼち 禁断症状が出て、主人のだがが外れる予感がします



posted by しんさん at 12:39 | Comment(0) | お弁当日記 おからを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。