2009年12月17日

豪華ウナギの太巻き寿司

冷蔵庫の食材 お片付けメニューが続いております、今月の我が家。
年末に向け、極力 新たな食材を 仕入れないよう・・・ただでさえ 頂き物の多い季節ですもの。

そんな本日。我が家のお弁当、主食はこちら。

今朝は、冷凍庫で コッチコチになっていた ウナギの蒲焼きを やっつけてみました

自然解凍したウナギのかば焼きを、ふんわりと酒蒸しに。
刻みネギと 錦糸卵 千切り人参と一緒に、白ゴマ入りの酢飯で太巻きにしました。

我が家では、メニューに困った時は 太巻き寿司。
中途半端に残ったおかずがあれば、やはり 太巻き寿司・・・だって 豪華にみえるでしょ?
案の定、主人は 今日のお弁当をちらりと見て 大喜び。

作って楽しい、見て楽しい・・・あり合わせでも それなりに豪華。
本日 我が家のお弁当、主食は そんな太巻き寿司。冷凍ウナギの やっつけメニューです。










冷凍保存されていた ウナギの蒲焼きは、前日に 冷蔵庫に移して ゆっくりと解凍します。

テフロン加工のフライパンで、ウナギにお酒を少量ふりかけて 弱めの中火にかけます。
ぴったりと蓋をして ふっくらと蒸し焼きに。

炊きたてのご飯を 酢飯にして 軽く炒った白ゴマを 混ぜ込みます。
巻きすの上に 海苔をおき、ご飯を 出来るだけ薄く 均一にひろげます。

ウナギと一緒に 錦糸卵・ネギ・人参等々 お好みの具を ご飯の上に。

ネギは極々細い斜め切りに、人参は 千切りにしてさっと茹で 水気をしっかり拭き取ります。

ためらうことなく 一気に巻きましょう。
しばらくそのままにして、ご飯を落ち着かせてから そっと巻きすを外して 切り分けます。

切り分ける時は、包丁を さっとお水にくぐらせて。包丁を入れる度、こまめに 包丁を洗って・・・










ホンと、太巻きは簡単で良いわね

簡単ついでに・・・
主食で使った 千切り人参。
多めに 切っておいて 使い回し。

とってもヘルシーな 糸こんにゃくと人参のゴマ和えです。

一味唐辛子入りの ピリ辛ゴマだれで 和えるだけの簡単メニュー。
冷凍ピーマンと、なかなか出番のなかった 糸こんにゃくを使って。


糸こんにゃくは さっと熱湯で茹でて ザルにあけます。
キッチンはさみで 食べやすい長さに切って、表面の水気を 布きんで軽く押さえておきます。

人参は千切り。冷凍ピーマンと一緒に、熱湯で さっと茹でて ザルに。
しっかりと水切りをしてから、少量のゴマ油を まぶしておきます。


白ゴマ 大さじ1を 香ばしく炒り、すり鉢に移して 丁寧にすります。
しっとりしてきたら お酢 大さじ1・だし醤油 白味噌 お砂糖 みりん 各小さじ1を加えて 滑らかにすり混ぜ、お好みで 一味唐辛子を。糸こんにゃく・人参・ピーマンを加えて 和えれば出来上がり。











もうひと品は、毎度の如く 白菜で。

昨日、時間がなくて断念した 白菜とグレープフルーツのサラダです。


白菜3枚分の、葉っぱの部分だけを ざっくり刻んで使います。

軽く しんなりする程度にレンジ加熱して ザルにひろげます。
粗熱がとれたら ぎゅっと水気を絞って ボールに入れ、ほぐします。

グレープフルーツ 1/2個分の果肉を取り出して 白菜に加えます。
果汁も 無駄なく・・・ボールの上で 皮をむきましょう。

白ワインビネガー オリーブオイル レモン汁 各大さじ1/2・ハーブ塩 適量を加え 混ぜます。
しばらくおいて 味をなじませれば出来上がり。酸っぱいのが苦手なら、ハチミツをプラスして。










さて、残った白菜の軸は 本日のスープで使いましょう。

白菜の軸と 玉ねぎ、お芋だけのスープも とっても美味しいのですが、本日はここに シイタケも加えて。

シイタケ独特の コクが加わり、とっても濃厚な白菜・・・の軸のポタージュに


白菜の軸の部分(たっぷり3枚分)は、繊維を断ち切るように 細切りにします。
シイタケ 2〜3個と 小さめのじゃが芋 1個は、それぞれ薄切りに。

包丁の腹でつぶしたニンニク 1片を、ゴマ油で じっくりじっくり炒めます。
ニンニクの良い香りがしてきたら 薄切り玉ねぎ 1/3個分も加えて炒め、玉ねぎが透き通って ねっとりした感じになってきたら 白菜も加えて炒めます。

白菜がしんなりして 嵩が減ったら、ひたひたのお水・コンソメスープの素・シイタケ じゃが芋を。

全体がしんなりしするまで 十分煮込んだら、白味噌 小さじ1を煮溶かして 火から下ろします。

牛乳少々を加え、ハンドミキサーで 滑らかにミキシングして 再度 弱火にかけます。
牛乳でお好きな濃さにのばして 塩コショウし、軽く 温めれば出来上がりです。





メニューの壁には 太巻き寿司。
あるもの巻いて・・・ほら豪華


スーパーのウナギだって・・・更に それを冷凍しておいたのだって・・・
なんとなく 豪華に見えるでしょ?ね、見えるでしょ?ね?(←自己暗示

糸こんにゃくと 人参 冷凍ピーマンのゴマ和え。
冷凍ピーマンは さっと茹でたピーマンの水気をしっかり拭き取って 冷凍庫に。
もちろん 根尾の伯母が冷凍しておいてくれたもの。助かるぅ〜。

白菜とグレープフルーツのサラダ。
我が家は 生でなく 軽く火を通して・・・だって 沢山 食べられるもの。

本日のスープは 白菜の軸で。
白菜の軸・シイタケ・じゃが芋の 濃厚ポタージュです。

昨日、平和な我が家に ちょっとした騒動が。
クロネコヤマトさんが持ってきてくれた 大きな大きな紙袋・・・満面の笑顔で 迎える私。

Oご夫妻、ありがとうございましたぁ〜っっっ!!

大きな大きな 林檎のタルト。ホールのタルトを手にするのなんて どんだけぶり?

主人が帰るまでなんて 当然 待てず、即座に 開封。
まだ クロネコさんが マンション内にいるのでは・・・ってくらいの俊敏さ。私 やれば出来るのね。

林檎のお菓子が 大好きなんです。その上 タルトとなったら、そりゃもぉ大変。
主人の帰りを くぅ〜んくぅ〜んと 待ちわびる私。

『あらぁ、ホール?そんなにたくさん。誰にお裾分けしましょうかぁ』 などと ホザいた私は どこ?
美味しいんです、食べられちゃうんです、どんだけでも(←いまだに かなり興奮気味)

そのままと、オーブンで さっと温めてからのと・・・アドバイス通り ちょこっとね、ちょこっと。
ほぉ〜っっっ、どっちも ぅんまい。壁 ぅんまい。

隣で 興奮して喋りまくる主人を無視し、幸せな時を 文字通り 噛みしめましたです はい。
グルニエ・ドールさん、今度 絶対 行ってやる。そして、季節を変えて 林檎のタルトを 再び・・・

Oさま、今回も またまた 感動させられちゃいました。完敗・・・

posted by しんさん at 12:15 | Comment(2) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、しんさん。
早速ですが、はらたいらではなくて太巻きに15000点賭けます。
太巻き大好きなのです。彩りもきれいで本当においしそう。

根尾に向かう赤ずきんちゃんのイメージ、というより、
山奥の道や藁葺きの日本家屋や囲炉裏なんかを思い浮かべていました、私。
そういうのがとても好きなんです。
実際の絵に近いでしょうか?
でもさすがにポンキッキーズメドレーを歌っておられるとは想像だにしませんでした(笑)

私も運転する時はいつも音楽を大音量でかけていましたよ。
しかも、私が一番好きなのはいわゆるオルタナティブロック。
一度、知らぬ間に違反していて後ろからパトカーに『止まりなさい!』
とスピーカーで言われているのも全く気づかずに運転し続けていたことがありました。
気づいて慌てて音量を下げましたが、あの時は本当に恥ずかしかったです。
(これで六条御息所の”誤解”がとけたでしょうか?笑)


Posted by しんさんファン at 2009年12月17日 19:33
じゃ、アタシは 三択の女王 竹下景子に全部っ!(笑)

素敵です、全くもって素敵です しんさんファンさん。
いいえ!六条御息所ですとも・・・おちゃめな。光源氏でなくとも 恋しちゃいます^^

しかも オルタナティブロックですか。
もちろん 私は その言葉そのものを知らなかったのですが、音楽好きな主人が最初にコメントを読んで ものすごく心惹かれておりました。

根尾までの道。
今では さすがに萱葺き屋根のお家は見られませんが、たまに おサルさんが 道脇からぼとっと飛び降りてきたりもします。
柿の季節には、柿畑の中 無人販売所があったりして 楽しいですよ。

幼少の頃、根尾の伯母のお家の中に ツバメ巣を作っていて 居間を自由に行き来していたのを憶えています。 長寿だった曾お婆さんが いつも火の番をしていた囲炉裏も もぉありませんけどね。

今朝、今年初めての雪がふりました。今から 車で 庭駆けまわって参ります。
Posted by しんさん→しんさんファンさんへ at 2009年12月19日 05:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。