2009年12月15日

家庭のお気楽焼きリゾット

岐阜地方、今週末には 平野部でも 雪が降るとか 降らないとか。
いよいよ 雪見酒の季節ですか・・・え?

根尾の伯母のお家に向かう 国道157号。
『坊主落し』 と呼ばれる渓谷近くの 日当(ひあたり)周辺・金原(きんばら)周辺は、道が細くて カーブの連続。春の 『薄墨桜』 渋滞を引き起こす 原因のひとつが、この辺りでした。

ところがぎっちょん、いつの間に 開通したのでしょう。
昨日は、開通したて ほやほやの 日当平野トンネルを 通って参りました

新しいトンネルって なんてまぁ気持ち良い・・・即興ソングと共に ご機嫌の行き帰り。
そして ご機嫌なまま 本日のお弁当、主食はこちら。

あら?意外と地味だったかしら・・・

年末に向け、そろそろ 今 お家にある食材の 消費強化に入った我が家。
困るくらいに 在庫豊富なお米、かなり残り少なくなってきた 自家製里芋、そして 主人が 随分前に購入して(きちゃっ)た バジルペーストを 使って。本日は、あり合わせ 焼きリゾットです。

何年か前。
当時お気に入りだった イタリア料理屋さん主催の お料理教室に、主人とふたり 参加しました。
そちらで習った焼きリゾット・・・の レシピは、完全 全く みじんも感じさせない この焼きリゾット。

良いのです、良いのです。
お家にある食材で 主婦が作るリゾットですもの、お米のアルデンテなんて 必要 ないない
本格料理は、お金を払って 食べるものですもの。

『おじや』 と 笑いたくば 笑えば良いさ、の焼きリゾット。
これが 本日 我が家のお弁当、主食でございます。










お米?洗いますよ、もちろん。前日の夜に洗って ザルにあげておきますよ。
里芋が たっぷり入るので、ふたり分で 1/4合もあれば 十分です。

分量とか 微妙なタイミング等は まったく無視して 参ります、我が家のリゾット。
炊飯器でお米を炊くより ちゃっちゃと出来ちゃうので、ワインのお供にも 重宝するのです


オリーブオイル・みじん切りニンニクと鷹の爪を、フライパンの隅に寄せ 極々弱火にかけます。
小さな泡が ふつふつとたってきたら、みじん切り玉ねぎを加えて 焦がさないように炒めます。
玉ねぎが透き通ってきたら お米を。

焦げやすいので 常に 底から返すように混ぜながら炒めます。ぱちぱちと 弾ける音がしてきたら お米全体が かぶるくらいの熱湯と、同時に 小さな乱切りにした里芋も 加えます。

この時、必ず 熱湯を加えて下さいね。


大きくひと混ぜし、焦げないよう たまに 鍋底をこそげるようにしながら しばらく 火を通します。

水分がなくなってきたら もういちど 熱湯を ひたひたより ちょっと少なめに加えます。
同時に、コンソメスープの素・バジルペースト・みじん切りにした シイタケや人参も。

しばらく煮て、お好みのかたさになったら それで 家庭のリゾット 出来上がり。

加える野菜は なんでもOKですが、きのこ類を入れると とっても美味しくなりますよ。
お好みで 塩コショウをして 仕上げます。



本日は、これを お弁当に持っていきやすいよう 焼きリゾットにしましょう。
フライパンで焼かず オーブンで。簡単だし、何と言っても 油で焼かない分 ヘルシーですもの。


アルミホイルと クッキングシートを敷いた鉄板に、丸いクッキー型を置き リゾットを詰めます。
そっとクッキー型を外し、リゾットの上に エメンタルチーズを。

エメンタールチーズは、ピーラーでスライスしてから 適当な大きさに切って 乗せます。
もちろん 他のチーズでも。熱で溶けるタイプなら、スライスチーズでも問題なしですよ。

250度に予熱したオーブンの 上段に入れて、チーズに うっすら焼き色がつくまで 15分程。

リゾットが 軟らか過ぎると 焼いている間に 崩れちゃいます、その点だけ 要注意。










私、ハード系や セミハード系のチーズを ピーラーでスライスするの 大好きなんです。

なので、つい いつもスライスし過ぎちゃう・・・

リゾットに使った エメンタールチーズ。
しゃかしゃかと スライスし過ぎちゃった分で 白菜とシイタケの和えものを。

チーズと醤油と鰹節。
・・・私の大好きな組み合わせ



白菜は、軸の部分と 葉っぱの部分に分けます。
軸の部分は 繊維に沿って 長さ6〜7センチ程の千切り、葉っぱの部分は 1センチ幅程度に。
これらを しんなりする程度にレンジ加熱して ザルにひろげ、粗熱がとれたら ぎゅっと絞ります。

シイタケは 石突きを取り、縦2〜4つに切って オーブンでさっと焼きます。
白菜・シイタケ・エメンタールチーズ・少量のだし醤油・鰹節を和えれば 出来上がり。











要は、ピーラースライスが 好きなのか?
私ってば。

チーズのピーラースライスに続いては、人参のピーラースライスであります。

酸味控えめな 人参サラダ。
大好きな黒コショウが たっぷりです。


人参は ピーラーでリボン状にスライスし、お塩を 少量ふって 軽く揉み混ぜます。

しばらくおいて 人参がしんなりしたら ぎゅっと絞って ボールに入れ、白ワインビネガー・ハチミツ・オリーブオイル 各大さじ1で和えて たっぷりの 黒コショウを挽いて 出来上がり。











本日のスープ。
相も変わらず 自家製春菊を使って参りましょう

本日は お芋類の代わりに お豆腐を加えて。
ついでに 黒ゴマも。

ねっとり濃厚な 春菊のポタージュに仕上がりました。



春菊は お塩を加えた熱湯で さっと茹でて 冷水にとります。
根元を揃えて すぐに冷水から引き上げ、ぎゅっと絞って ざく切りにしておきます。

包丁の腹でつぶしたニンニク1片を、ゴマ油でじっくり じっくり炒めます。
透き通って ねっとりした感じになってきたら、ひたひたのお水・春菊・コンソメスープの素を。

春菊は、根元の 固い部分もいれちゃいます。

しばらく煮て 根元の部分も 十分軟らかくなったら、お豆腐を加えます。
お豆腐は 水切り不要の 充填絹ごし豆腐。半パックなので 75〜80グラム程度かな?

黒すりゴマ 大さじ1・白味噌 小さじ1も加え、さっと煮て 火を止めます。
牛乳を少量加えて ハンドミキサーで 滑らかにミキシングし、再度 弱火にかけます。

牛乳で お好きな濃さにのばして 塩コショウし、軽く温めれば 出来上がり。





お米 食べよう、じゃんじゃんと。
白菜 春菊、葉野菜も 在庫豊富


気楽に お米から作る リゾット。
とっても簡単に出来る上に、主人は これが大好き。
さ、今度は トマトソースバージョンで 参ろうかしら

チーズと お醤油、鰹節の組み合わせ。
今の時期は 白菜で。春の新玉ねぎは、もっともっと お勧めの味。

ピーラー人参のサラダは、我が家の定番。
簡単だし 味もなじみやすいし・・・ハチミツで 酸味調節も 自由自在。

本日のスープは 春菊とお豆腐のポタージュ。
ちょっと 色が黒ずんでいるのは 黒ゴマ・・・健康いちばん、黒ゴマ大好き。


虹の根元・・・物語などで よく登場しますよね。宝物があるとか、別の国へ通じる扉があるとか。

昨日、根尾の伯母のお家に 向かう途中。
我が家の辺りは 雨粒ひとつない良いお天気だったのに、山に近づいた辺りで 狐の嫁入。
ぱらぱらっと お天気雨に 降られました。

そして、それはそれは 見事な虹が かかっていたのであります。

ホントに キツネにでも 化かされているのかしらん・・・ってくらいの 綺麗な虹が、すぐそこに。
虹の根元に 歩いて行けるような至近距離に 大きく大きく。

そいでもってね、ふたつもあったんですよ 虹が。
大きな大きな 濃い虹と、薄い薄い 『え、気のせい?』 ってくらいの 儚げな虹が ふたつ並んで。

伯母のお家に 近づくにつれ、雨は激しくなって おまけに 雷さんまで・・・こぉして 私は 冷たい雨に打たれながら、伯母 自慢の白菜を おんぼろエクリプスに 詰め込んだのであります。

『最近は 根尾でも 取り締まりが厳しいからねぇ。
スピード 携帯 シートベルト、気をつけないかんよ』・・・心配顔の 伯母。

大丈夫よ、伯母さん。姪っ子の運転、慎重も程々ってくらい 慎重で 定評があるのよ。

スピード・携帯・シートベルト。おまわりさんに注意されるとしたら・・・
車中ノリノリ、大昔の カラオケ練習用テープを引っぱり出しての ひとりカラオケかしら。

挙動不審だわ、運転中の私。
ラジオの入らない 山の中・・・ひとりノリノリで、あっと言う間に 伯母のお家に 到着です



posted by しんさん at 13:00 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。