2009年12月12日

週末にわか料理人 いまだ継続中

近頃の岐阜近辺。美味しいワインを 飲みたいと思わせるお店に逢えない、と ぼやく主人。

クラシカルなフレンチが食べたい、と。
東京のグランメゾンまで連れて行かれるようになったのは、いつからだったかしら・・・

そんな彼が 一念発起したのは、秋も深まる10月に入った頃。
毎週末、にわか料理人となって 食事を作り始めたのであります。かれこれ 2ヶ月以上 継続中。

これは、確か まだ2週目くらいのお皿。

お魚のハーブ焼きを作りたいと言って きかない主人に、仕方がないので 真空パックされた あいなめのハーブマリネを 提案。この頃は まだ 私が盛り付け係だったのよね。

合わせるワインも 軽めの白。軽い食事に白ワインって感じからスタート、週末にわか料理人。



最初のうちは それはそれは 大変でした。

ボロネーゼを作った時なんかは、挽き肉が 至る所に飛び散りました。
数週間経った後でも、キッチンの隅から 小石と化した 挽き肉の残骸が 発見されたり・・・

そぉそぉ、これが その時のボロネーゼ。ちゃんと 写真保存してあったわ、私。

後ろに ボヤぁ〜っと写っているワイン・・・これ すっごく美味しかったの憶えてる!
『Benjamin Silver(〜ベンジャミン シルバー)』 の ピノ・ノワール。

『BENJAMIN SILVER PINOT NOIR JULIA'S VINEYARD 2000年。』
エチケットが 印象的な、カルフォルニア・ワイン。主人も私も、珍しく ふたりでお気に入り。



美味しいものを 食べさせてくれるお店が 近辺 (・・・かなり広範囲ですが) にないのなら、自ら フライパンを振ろう、美味しい料理を作って 愛する妻とお家でワインを楽しもう と。

当初は、キッチンを汚さないかと心配で 私も横に。アシスタントとして コキ使われておりました。
が、これは お互いの性格上 良くないと。人からの指示を嫌う彼、すぐに手を出してしまう妻。

これでは 彼本来の 作りたい食事が 完成されません。ケンカにも つながります。



最近は、日曜日になると 食材の買い物に行き 夕方帰ると 早めのお風呂。
私が お風呂でふやけている間に、主人が 料理を完成させているって 見事な連係プレー。

ひと足早く お風呂に入った彼は、さっぱりした顔で フライパンを振ります。
小煩い妻の口出しに 屈することなく のびのびお料理をし、自分の好きなワインを選びます。



彼のメニューは、コースが決まっております。
最初に 野菜のマリネ。そして ちょっとしたお肉料理で、最後がパスタ。

あら?このワイン Chateau Latour(〜シャトーラトゥール)って書いてあるわ。
Pauillac(〜ポイヤック)・・・ほぉっ!Chateau Latourの 3rdとな? 2ndまでじゃ ないんだ。



自分で作ったお料理を前に 主人はご機嫌です。
彼が 週末にわか料理人となった真相は、当初の目的とは ちと違っていたことが 最近判明。

1.自分の食べたい料理を 食べたいだけ食べたい。
・・・妻料理は 食材消費が重点だものね。量も 控え目だし。

2.肉が食べたい、和牛じゃぁない 油分の少ないお肉を さっと焼いたヤツ。ステーキソースで。
・・・あぁ、妻ってば 純粋な炒めもの あまりしないものねぇ。野菜多いし。




斯くして、主人が 食べたいものを 食べたいだけ食べられる 夢のような週末が始まったのです。
ただね、主人。お願いがあるの。ミシンのおねだりじゃぁ ないわよ。



現在の我が家の お米事情、分かっているわよね。そぉ、米余り状態が ずっと続いているの。
郵便局さんのお米頒布会に加えて、頂き物のお米が どっちゃり。
だから お願い・・・今週からは パスタを一時中断して お米にして下さい。

あなたが コレクションのように買い求めたパスタ。お米が落ち着くまで ちょいと隠させてね。
勇気をだして 誰かに聞くしかないかしら・・・『お米 要らない?』って



posted by しんさん at 06:40 | Comment(2) | ワイン・チーズ・お酒に絡む日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しんさんこんばんは。

元気よく手を上げて
『はいっ!お米下さいっ!!』
ってお米の里親に立候補したいくらいです。日本のお米さま、大歓迎。

それにしてもご主人作のボロネーゼのおいしそうなことといったら。。。
”ビストロ・オット(夫)”これからも楽しみですね。
Posted by しんさんファン at 2009年12月13日 09:20
いつもは ふんわりと笑ってしまう しんさんファンさんのコメントに 大笑いしてしまいまいした。

さすがです、ギャグのセンスも とびっきりです。
“ビストロ・オット”・・・おぉ〜っ!なんだか 素敵っ!!
ちょっぴり 太り気味の食いしん坊シェフが、あまりない腕をふるいますよん♪
今は、お米メニューが 中心ですが。。。ホントに 里親さんになって下さいな(笑)

今年の 日本の世相を表す漢字 『新。』

毎年 京都の清水寺で、大きな和紙に 今年を象徴する漢字を書き上げるのです。
15年前から行われている、この時期恒例の パフォーマンスなんですよん。

私の 今年の漢字 『逢。』
しんさんファンさんとの 嬉しい『出逢い』も もちろんこの中に込めて・・・
Posted by しんさん→しんさんファンさんへ at 2009年12月13日 16:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。