2009年12月08日

どれから食べよう 細巻き寿司

快晴かと 思いきや、猛烈な強風に 得も言われぬ 敗北感を感じた昨日。
外に出た時の あの寒さったら・・・でも 本日は 打って変って 風なし快晴、お布団干し日和。

そろそろ 電気毛布でも 出そうかしらん、なんて。
電気毛布で ぽっかぽかになったお布団に もぐり込む時の、あの幸せったら・・・

小さな幸せを思いつつ・・・本日の 我が家のお弁当。主食でも 幸せ感じちゃってね、主人。

本日は 細巻き寿司 3種であります。綺麗でしょ?カラフルでしょ?楽しいでしょ?
『おぉ〜っ!綺麗だねえぇぇぇ・・・』 と 素直に喜んでくれた主人に、妻の悪知恵が冴えます。

ご飯は、ひと手間かけて菜飯風・・・酢飯に 冷凍庫で眠っていた 大根の葉っぱを 混ぜました。
毎朝、食卓の隅が定位置であります きゃらぶきに 沢庵・・・なかなか 減りません。
週末にわか料理人の主人。使ったセロリを、彼は ほんのちょっと 残してくれました。もぉっ!

冷凍庫の大根葉、きゃらぶき、沢庵、ほんの少しのセロリの先っちょ・・・
あら?これって 要するに 食材整理の成り行きメニューってコトなのね、そぉなのね??

本日 我が家のお弁当。主食は、冷蔵庫すっきりの細巻き寿司 3種。
主人、どぉも ありがとちゃん。知らず知らずのうちのご協力に、妻は 感謝いたしますことよ。










さっと茹でて 冷凍しておいた大根葉。
半解凍の状態で 細かく刻み、乾煎りして 水分をとばします。

炊きたてご飯を 酢飯にし、大根葉を混ぜ込んでおきます。具を巻くので 味付けはしません。

巻きすの上に 海苔を置き、菜飯ご飯を 出来るだけ 薄く均一にひろげて 具を手前に。
向こう1センチ幅程度は ご飯を敷き詰めないでおきましょう。

沢庵は 細切りに。細かくたたいた梅干し・鰹節・すりゴマを 混ぜ合わせます。

きゃらぶき。根尾の伯母が 冷凍しておいてくれるのであります。辛すぎず 美味しいの。

セロリは 筋をとって 繊維に沿った薄切りにし、少量のお塩をふって しばらくおきます。
しんなりしたら お塩を さっと洗い流し、キッチンペーパーに包んで ぎゅっと絞ります。

昆布茶と 少量のレモン汁を加えて和え、しばらくなじませて 軽く絞って ご飯の上に。

切る度 こまめに 包丁を拭きながら、さっと 包丁をお水にくぐらせつつ 切り分けましょう。

おむすびより ちょっと 豪華な感じがする 巻き寿司・・・たとえ 具は半端モノばかりでもね。
我が家では、登場回数が 非常に多いのであります。











さて、主菜です。

昨日の主食でありました もち米シュウマイ
もち米が 足りなくなって、具だけが残ってしまいました。

本日 これをロール白菜に。
ひよこ豆やシイタケ、人参 じゃが芋・・・野菜もたっぷり。

在庫豊富な白菜が、今日も少し 消費されました。


白菜は しんなりするまでレンジ加熱し、ザルにひろげて粗熱をとり 丁寧にひろげます。
もち米シュウマイの具を 手前におき、軽くレンジ加熱した人参を 押し込みます。

隙間なく ぴっしりと 途中まで巻き、片方の端を 内側に折りたたんで 最後まで巻き切ります。
もう片方の端を、隙間が出来ないように 白菜の内側に ぎゅっと押しこんで 『巻き』 の完了。



ヒヨコ豆は 前日 お水に浸けておき、朝 浸け水ごと 中火にかけます。
煮立ったら 弱火にし、ことことことこと 軟らかくなるまで煮たら いったん 火を止めます。

ヒヨコ豆のお鍋に お水を足し、巻き終わりを下にして 白菜を並べ入れます。

さいの目人参・縦2〜4つに切ったシイタケ・食べやすい大きさに切ったじゃが芋で 隙間を埋めるようにして 中火にかけ、煮立ったら 火を弱めて お酒・みりん・だし醤油を。

キッチンペーパーの中央に 穴をあけて 落とし蓋代わりにし、弱火でことこと 煮込みます。

途中 スプーンで 煮汁をまわしかけながら 煮込み、煮汁につけたまま 冷まします。
キッチンペーパーに並べて 煮汁を切り、2等分してお弁当箱へ。










白菜に続いて 在庫豊富なさつま芋。
本日は、さつま芋のヨーグルトサラダと 参りましょう。

苦し紛れに加えた セロリの葉っぱ。
あら?意外と 好相性

さつま芋とクルミ セロリの葉っぱの ヨーグルトサラダ。
万歳っ!美味しいっぞっ!!



さつま芋は ちょっと大きめの角切りに。

お水に しばらく浸けてアク抜きをしてから、たっぷりのお水に お塩を少し加えて 茹でます。
軟らかくなったら お湯をすて、強めの中火にかけて 水分をとばして 粉吹き芋状態に。

乾煎りしたクルミを、ざっと刻んでここに加えます。

粗みじんにしたセロリの葉っぱ・ヨーグルト 大さじ2・マヨネーズ 大さじ1・ハーブ塩 適量を 混ぜ合わせて さつま芋を和え、黒コショウを たっぷり挽いて 出来上がり。

・・・我が家のカスピ海ヨーグルト、私達の結婚前から 発酵をもくもくと 続けております。
最近は 食べる頻度も うんと減少し、その姿 まるで クリームチーズのようですが。










本日のスープは 春菊と里芋のポタージュです。

大量にあった 冷凍庫の里芋・・・ちょっと 落ち着きを見せ始めたので、自家製 生里芋を使いましょう。

My畑、今年は芋 大豊作。



春菊は お塩を少量加えた熱湯で さっと茹でて 冷水にとります。
すぐに 冷水から上げて 水気をぎゅっと絞り、ざっくりと刻んでおきます。

つぶしたニンニク 1片を、ゴマ油で じっくりじっくり炒めます。

ニンニクの良い香りがしてきたら 薄切り玉ねぎ 1/3個分も加えて炒め、玉ねぎが 透き通ってねっとりした感じになってきたら 春菊・薄切りにした里芋・ひたひたのお水を・・・

・・・申し訳ありません、見栄を張りました。
お水ではなく、主菜であります ロールキャベツの煮汁を加えました・・・貧乏性だなぁ。

後は いつもと ほぼ一緒。
火を止める直前に 白味噌 小さじ1を加え、少量の牛乳を加えて ハンドミキサーでミキシング。
再度 弱火にかけて 牛乳でお好きな濃さにのばして 軽く温めて、出来上がり。





あら 綺麗、これぞ お弁当って感じ。
蓋が出来ればね


カラフルな細巻き寿司。
普段 食べないおかずも、こぉしちゃえば ぺろりだものね。
主人、もりもり お食べなさい。

昨日の残りで ロール白菜。
ヒヨコ豆が あふれております・・・

さつま芋と セロリの葉っぱ。
意外だけど 美味しい さつま芋のヨーグルトサラダ。

本日のスープは 春菊と里芋のポタージュです。

昨日、実家に 夕食を作りに行った際のこと。
仕事から帰った妹が、私の顔を見て 何やら慌てて 自分の部屋に。そして にっこり笑って・・・

や、ヤバいっ!この笑顔は ヤバいぞ、妹の このとびっきりの笑顔は・・・
年賀状でありました。

今年もお願いっ!なんて、可愛く笑って クマのプーさん年賀状を 差し出す妹。
そぉなのよねぇ、書かないとねぇ、そろそろねぇ、やらないとねぇ、年賀状ねぇ、そぉよねぇ・・・

こぉして 主人の分・自分の分・妹の分・間もなく依頼されるであろう母親の分。
今年も せっせせっせと 印刷作業・・・もくもくガーガー印刷作業・・・

お、お姉ちゃん 頑張るからねっ!涙こらえて 頑張るからねっ!




posted by しんさん at 12:18 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。