2009年11月22日

3日かけよう 牛スジ煮込み

基本的に 煮込み料理が 好きです・・・作るに限らず 食べるのも。
ほろほろっと お肉が ほどけるような、牛の煮込み系なんて 最高です。

昨日の記事。
〆で ちらと 過らせましたが、主人が 『牛スネ肉』 と 『牛スジ肉』 を 間違えて買ってきました。
いつぞや、牛肉の赤ワイン煮込みを 作った時の お話です。

可愛そうな 『牛スジ肉』 は 当然 冷凍庫行き・・・そして それを 救うのは もちろん 妻の役目。
そんなワケで・・・妻、初めての 『牛スジ煮込み』 に 挑戦です。

どぉですか!この とろとろな 牛スジ肉。どぉですか!この 味しみしみの 大根。

のんびり 時間をかけて、のんびり ことこと作る 煮込み料理が 好きなのです。
もちろん たまに ですけどね。

3日かけて 作りました。
そぉ言うと 『すげぇっ!』 って 感じしますが、大したことじゃないんですよ。
3日煮込んだワケじゃぁ ありませんから。煮込む→冷ます→煮込むを 繰り返すだけですから。

主人 大喜び、牛スジ肉のとろとろ煮込み。牛スジ肉も 大根も、素敵なごちそうに 変身です。




牛スジ肉は ザルにひろげ、たっぷりの熱湯を まわしかけます。
これを お湯の中で ひとつずつ 丁寧に 洗って 水気を しっかりと 拭き取り、大きめに 切ります。

お肉は、小さく切ると 煮込んでいる間に 溶けて無くなっちゃいます。大きめに。


牛スジ肉 ・ 包丁の腹で叩いた 生姜とネギ ・ お酒 ・ ひたひたのお水と共に 強火にかけます。

煮立ったら、弱めの中火にして アクを取り、弱火で ことこと ことこと 2〜3時間。
途中、お水が 減ってきたら お水を足しながら。

以上 下茹でになります。このまま ひと晩おき、翌日 表面に 油が浮いていたら 取り除きます。


翌日の お鍋は、こんな感じ。後は、大根と こんにゃくを加えて ひたすら 煮込みます。

大根は 厚さ1.5〜2センチ程の 半月か三日月に。

たっぷりのお水に お米を少量加えて、大根を お水から ことこと 下茹でします。
透き通った感じになるまで 茹でたら、さっと お湯で洗って 水を切っておきます。

こんにゃくは 手でちぎって、お塩を もみ込み 臭みを取ります。
お塩を 洗い流し、熱湯で さっと 2〜3分茹でて 水切りを。


牛スジ肉のお鍋に、大根と こんにゃくを 投入します。
更に お砂糖・みりん・お酒・たっぷり かぶる位のお水を加え、強火に かけます。

煮立ったら 弱火にし、中央に 丸く穴をあけたキッチンペーパーを 落とし蓋にして ことこと。

30分程煮たら 調味料を 加えていきますが、お醤油でも お味噌でも お好みで。
私は まず 少量のお醤油を加えて 煮込んでから お味噌を加え、お味噌味に 仕上げました。

お味噌は ニンニク漬けにしてあった赤味噌に 合わせ味噌、仕上げに 白味噌を 少々。
一気に加えず、少しずつ 少しずつ 数回に分けて 調味料を加えていくのが 唯一の コツです。

ことこと ことこと、焦がさないよう 途中 お水を足しながら 3〜4時間。


これを 更に ひと晩おき、翌日 お水が減っているようなら お水を 足して 弱火にかけます。
焦がさないよう・・・せっかく 煮込んだんですもの。極々弱火で 1時間ほど。

牛スジ肉も 大根も とろっとろです。


熱々より、少しだけ 冷まして 味をなじませてから 刻みネギと一緒に 盛りつけて。
辛子でも 一味でも、お好きな方で。





私は 圧力鍋を 使いません。きっと この先も 使わないと思います。
プレゼントされて、最も 困るモノ bPは 圧力鍋です・・・だって 置き場所、ないしね。

ことこと ことこと 煮込んでいると、お料理の香りが キッチンの外まで。
暖房なんてなしでも お部屋は ほんわか 温か・・・これで 美味しい料理が 付いてくるなんて!

煮込み料理を する時は、決まって ひとりの時に 限ります。
その上、主人の帰りが いつになるのか 分からない時なんて 最高っ!の 煮込みチャンス。

いつ帰ってくるのか 分からない主人を 待っているのは、意外と イラっとしちゃうもの。

発想の転換で、もっと 主人の 帰りが遅くなれば もっと 煮込めて もっと 主人に 美味しいお料理を 食べさせてあげられるのよ・・・なんて 思いながら。まだ帰ってくるな まだ早いぞ、と。
喜ぶ主人を 思いつつ、本を片手に ことこと ことこと。

圧力鍋では、この幸せ 楽しめませんもの・・・たとえそれが、飲み会であってもね。


posted by しんさん at 06:01 | Comment(0) | たまぁ〜に作る凝ったお料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。