2009年11月20日

じゃが芋>ご飯のオーブンライスコロッケ

我が家で、コロッケと言えば オーブン仕立てです。油で 揚げるってことは、まず ありません。
かつて 自家製じゃが芋の 初収穫に、つい 調子にのって作ったコロッケが 唯一の 揚げもの。

揚げものを しない理由は、非っ常ぉ〜に シンプル。
揚げものが 苦手だから。キッチンが 汚れるから。貧乏性で 使用済み油を 捨てられないから。

そこで、本日の お弁当。主食は 揚げない いんちきコロッケです。
万年ダイエッターの 主人を 口実に、揚げずに オーブンで。ヘルシーオーブンコロッケです。

おかずじゃぁ ないですよ、主食ですよ。

今日は 金曜日ですもの、冷蔵庫の 一掃の日ですもの。

ほんの少し 残っていた 冷凍サフランご飯、おでん種の 鶏団子、自家製春菊、芽の出始めた じゃが芋、使いかけの レトルトパスタソース・・・全部 全部 まとめて 全部 使っちゃいましょう。

ご飯、ほんの ちょこっとだけでも 入っていますもの。一応 ライスコロッケってことで。
なので 主食なんです。

良いんです 良いんです。揚げものなんて 出来なくても。
揚げものが食べたきゃ、近所の 野沢精肉店の おばちゃんに お願いすれば 良いんだもの。

本日 金曜日。揚げもの放棄の 我が家のお弁当。
主食は 『ご飯 ちょっぴり ダイエッターさん仕様の ライスコロッケ。』・・・こんなところかな。










じゃが芋は 皮をむいて お水から茹で、串が すっと通るくらいになったら お湯を 捨てます。
中火で お鍋を 揺すりながら 水分をとばし、粉吹き芋にして フォークで つぶしておきます。


鶏団子は ビニール袋に入れ、手で 揉みつぶして ミンチ状に。
春菊は さっと茹でて しっかり 水気を絞り、軸の部分を 刻みます。
玉ねぎと シイタケは みじん切り、人参も 軽くレンジ加熱して 粗みじんに。

これらを 全部 一緒に お鍋に入れ、レトルトパスタソースを 少量加えて しんなり 炒りつけます。

じゃが芋を ここに加え 和えれば、具沢山コロッケ生地の 出来上がり。等分しておきましょう。



春菊の葉っぱ部分は、ご飯と一緒に コロッケ生地で 包み込みましょう。

冷凍サフランご飯は 自然解凍し、パスタソースと 軽く 温める程度に レンジ加熱します。
ここに 刻んだ春菊を 加えて コロッケ生地で 包み、お団子にして 薄力粉を 薄く まぶします。



パン粉に 少量のマヨネーズ (パン粉 大さじ5に対し マヨネーズ 小さじ1ってくらい) を 加えて 弱めの 中火にかけ、焦がさないよう 絶えず ヘラで 混ぜながら 炒りつけます。

ほんのり 色づいてきたら 火から おろし、あとは 予熱で こんがり キツネ色に。
色づき始めると あっと言う間に 日焼けキツネになっちゃいます。早めに、火から おろして。


卵に 牛乳を少量 加えて よく溶き混ぜ、コロッケ生地を さっと くぐらせ パン粉を まぶします。
キッチンシートを敷いた 鉄板の上に並べ、上から 粉チーズを ぱらぱらっと・・・

250度のオーブンで、10〜15分程 焼けば 出来上がり。オーブントースターでも。










主食で じゃが芋に 混ぜ込んだ 鶏団子入りの具を、ちょいと拝借。

同じく 主食で、パン粉付けに使った とき卵の 残り分と 合わせて。

本日の 主菜は 残りもので作る、ぱぱっと 簡単な ココットです。

残りもの 寄せ集めメニューでも、立派な主菜の 出来上がり。


おかずカップを、シリコンカップで 補強します。

残ったとき卵と コロッケの具に、我が家の常備菜 しめじの佃煮と さっと茹でた ブロッコリーの軸を刻んで 加えて よく 混ぜ合わせます。おかずカップに 流し込み、250度のオーブンへ。

卵に、しっかり 火が通るまで 10〜15分。シリコンカップを 外して お弁当箱へ。
コロッケと一緒に 仕上げるので、楽ちん 楽ちん。










もうひと品は 大根のマリネ。

ほんっっっの 少量のカレーパウダーで、ぐっと 味が 引き立つのであります。




大根は スライサーで 極々薄いイチョウにし、お塩 小さじ1/3を ふりかけます。
軽く 揉んで しばらくおき、しんなりしたら ぎゅっと 水気を 絞っておきます。

小房にほぐしたしめじ・縦2〜4つに切った シイタケ・スライサーで 極薄い半月にした 人参・同じくスライサーで 薄切りにした 玉ねぎ・・・これらを 全部一緒に レンジOKの ボールに入れます。

白ワインビネガー 大さじ2・オリーブオイル 大さじ1・はちみつ 小さじ2・バルサミコ酢 小さじ1・カレーパウダー ひとつまみを 加えて ざっと 混ぜ、ふんわりラップをして レンジへ。

きのこ類の水分が 上がり 全体が しんなりする程度に 軽く レンジ加熱したら、大根を 加えます。
大きく混ぜて 和え、たまに 上下を返しながら 味を しっかりと なじませれば 出来上がりです。











本日のスープは、ピーマンと ブロッコリー 里芋の ポタージュ。

知ってました?ピーマンって 冷凍出来るんですよ。

根尾の伯母が、自家製ピーマンを 冷凍して 私用にと とっておいてくれたんです。

優しい緑色の 美味しいポタージュに 仕上がりました。



つぶしたニンニク 1片を オリーブオイルで じっくり炒め、ニンニクの 良い香りがしてきたら 薄切り玉ねぎ 1/3個分も 加えて 同じく じっくりと 炒めます。

玉ねぎが 透き通って ねっとりした感じに なってきたら お水を加えて コンソメスープの素を 煮溶かし、騰したところで 沸ブロッコリーの軸・冷凍ピーマンと 冷凍里芋を 凍った状態で 加えます。

しばらく ことこと煮て、里芋が 十分 軟らかくなったら 白味噌 小さじ1を 煮溶かし 火を止めます。

牛乳少々を加え、ハンドミキサーで 滑らかにミキシングして 再度 弱火に。
牛乳で お好きな濃さにのばして 塩コショウし、軽く 温めれば 出来上がりです。





あら?今日も 蓋が 閉まりませんわ。
シリコンラップの お世話になります


主食は、じゃが芋たっぷり ご飯ちょろっとの ライスコロッケ。
もちろん オーブン仕立ての 具沢山。ヘルシーな コロッケ風。

コロッケ(風)と 似たよぉ〜な 食材で。
主菜は 可愛い ココットです。

あっさりさっぱりの マリネ。
大根と きのこ類で 非常にさっぱり。

本日のスープは ピーマン・ブロッコリー(の軸)・里芋の ポタージュ。
冷凍ピーマンと 冷凍里芋が 大活躍。

根尾の伯母が 教えてくれた 冷凍ピーマン・・・知ってました?これ とっても便利なんです。

種とワタを 除いて さっと ホンとに さっと 湯がき、水気を しっかりと 拭き取って 保存用袋に。
しっかりと 水を切ってから 冷凍すれば、必要な分だけ 取り出せるので 便利ですよぉ〜。
肉詰め等には 不向きですが、炒めものや 煮もの スープなんかには ぴったんこ。

そんな 根尾の伯母から 連絡が ありました。

雪が降る前に いらっしゃいと。大根と白菜が 大きくなったから ふたりで いらっしゃいと。
ヨモギと 栃を 冷凍してあるから お餅を こさえようと。

根尾の伯母は 主人が大好き。
不器用な主人が作る 不格好なお餅を見て ころころ笑って・・・それはそれは 楽しそう。

・・・主人って なぜだか おばさん方に モテるのよねぇ

posted by しんさん at 12:22 | Comment(4) | お弁当日記 じゃが芋を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しんさんお久しぶりです。
お変わりないですか?
健康診断楽しく受診されましたか(笑)?
私も来週、人生2度目の乳がん検診、いえ検査かな?を受ける予定です。

しばらくお邪魔していなかったので今日はまとめてたくさん記事を拝見しました。
相変わらず美味しそうで楽しいしんさんのブログ、おかげで目も心も満足!
(しんさん夫サマのブログにもお邪魔し、ピノノワールが飲みたくなりました)
いつのまにか、未踏の地・岐阜が、訪れてみたい場所のひとつになっている今日この頃なのです。。。
Posted by しんさんファン at 2009年11月21日 05:08
しんさんファンさんのコメントに、またまた にっこり・・・嬉しいです。

もちろん!
健康診断、楽しんできましたよ(バチあたりかしらん。。。)
婦人科の、電動で 上下回転する椅子に 感動して帰って参りました。

相変わらず 主人は こっそりワインを買ってきては、こっそり セラーに 収納しています。
今 彼は ペンネアラビアータに 挑戦中・・・さて、結果は いかに。
ちょっと キッチンに行くのが 怖い感も 否めません、私。

岐阜、お越しの際は 『足』になりますよん。
そして 〆は どぉぞ 狭いながらも楽しい我が家へ♪

おっ!しんさんファンさんも 早起きさんなんですね。
Posted by しんさん→しんさんファンさんへ at 2009年11月21日 17:47
『足』だなんて、とんでもない。
でもしんさんに会えたらちょっと緊張&興奮してしまいそうですよー。

ところで”早起き”と言われて今更ながらハタと気づきました。
『時差』に。
私イギリスに住んでいるのです。
今冬時間なので9時間差、これを書いている今現在午後8時13分です。

Posted by しんさんファン at 2009年11月22日 05:15
んまぁっ!そぉだったんですか!!

『素性も謎に包まれた、そいでもって 知的な女性・・・』 それが しんさんファンさんだったのです、主人の中でも 私の中でも。

いやぁ、参りました。
イギリスでしたか・・・ちょうど 昨日 主人と、『岐阜在住じゃぁないことは 確かだね』 なんて 話していたものですから(笑)

なんだか わくわくしちゃいます。
遠く イギリスから、しんさんファンさんが 私のお弁当 見ていて下さるなんて♪


Posted by しんさん→しんさんファンさんへ at 2009年11月22日 05:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。