2009年11月17日

オイルサーディンとホウレン草のトースト

好きか 嫌いかが ぱっきり別れる食材、その 代表のような 鰯。もちろん 我が家は 『好き』 派。
そして、今 まさに My畑にて もっさと 茂っております ホウレン草。

本日、我が家の お弁当。主食は そんな 鰯と ホウレン草を、たっぷりと 使って。

ライ麦パンに ホウレン草、鰯・・・あら、なんだか ものすごぉ〜く 体に良さそうな 組み合わせ。
ホウレン草と オイルサーディンの トーストです。

鷹の爪で ぴりっと 辛味を効かせた ホウレン草ピューレの上に、たっぷりの オイルサーディン。
かりっと トーストしてから、黒コショウを たっぷりと 挽いて 仕上げます。


オイルサーディンは、大好きな 京都 『竹中罐詰』 さんの 『天の橋立 オイルサーディン。』

こちらの オイルサーディン。小ぶりな鰯を、綿実油に つけてあります。
お塩が うぅ〜んと 控えてあるので、しっかり 鰯の味がして ものすごく 美味しいのであります。

なので、この オイルサーディンで作る トースト・・・美味しくないワケが ないのであります。

本日 我が家のお弁当。
主食は、『天の橋立 オイルサーディン』 で作る、ホウレン草と鰯の 健康トースト。
誰が作っても、間違いのない 美味しさです










自家製ホウレン草ですもの。がぱっと たっくさん 使いましょう。

ホウレン草は、たっぷりの熱湯に お塩を 少し加えて さっと 茹でます。
冷水に取って 一気に冷ましたら、すぐに ぎゅっと 水気を絞って ざく切りにします。

つぶしたニンニクと 小口切りにした鷹の爪を オリーブオイルで じっくり じっくり 炒め、小さな泡が ふつふつと たってきたら みじん切りにした玉ねぎ(1/4個分程度)を 加えます。
じっくりと炒め、玉ねぎが 透き通ってきたら 先程の ホウレン草を 投入して さっと 炒めます。

お塩 少々を 加え、油がなじんだら 火からおろして ハンドミキサーで ピューレ状に。
薄切りシイタケ(2〜3個分)を 加え、弱火で シイタケが しんなりするまで 加熱します。


1〜1.5センチ厚さに カットした ライ麦パンに、ホウレン草ピューレを たっぷりと。
『天の橋立 オイルサーディン』 を 上に並べて、250度に 予熱したオーブンの 上段へ。

10分程焼いて、黒コショウを たっぷりと挽いて 出来上がり。

ちなみに・・・控え目に 写っているのは、朝食用のトースト。
薄切りリンゴと とろけるチーズ。一緒に焼いて、こちらは シナモンをふって 仕上げます。

久しぶりの パンの朝食に、主人は 大喜び。
大っっっっっ嫌いな 雨降りでも、ほんのちょっと 機嫌良く ご出勤です。










主菜です。

ちょっと残っていた 昨日のお弁当、『貧乏家の ドライカレー』 を 使って。

ダイエッターさん仕様の コロッケ、我が家の定番 オーブンで仕上げる オーブンコロッケです。

ひと口サイズで、可愛く 可愛く リサイクル。


じゃが芋は 皮をむいて 適当な大きさに切り、お水から 茹でます。
串がすっと通るくらい 軟らかく茹でたら お湯を捨て、中火で 水分をとばして 粉吹き芋に。

これを フォークで つぶし、昨日のドライカレー・みじん切り玉ねぎ・さっとレンジ加熱した人参を 加えて 混ぜ合わせ 小さな お団子に 丸めます。


パン粉 大さじ3・オリーブオイル 大さじ1を 合わせ、弱めの中火にかけて こんがり焼き色を。

丸めたコロッケ生地に きゅっと 押し付けるようにして まぶし、クッキングシートを敷いた 鉄板に。
200度に予熱したオーブンで、10分程焼いて 仕上げます。











副菜は 人参のマリネです。

随分 とろりとした マリネ液・・・
えぇ、こちらは 油断して 完熟させてしまった 柿の救出料理。

これがまた 意外と美味で、自分でもびっくり。
怪我の功名ってヤツですねん


完熟した柿(1/2個分)の 皮をむき、ボールで 潰します。

ここに 白ワインビネガー 大さじ1・オリーブオイル 大さじ1/2・バルサミコ酢 小さじ1・ハーブ塩 少々・小口切りにした鷹の爪 適量を 加え、しっかりと 混ぜ合わせて マリネ液の 完成です。

人参は ピーラーで リボン状にスライスし、軽く レンジ加熱して ザルにあけ 水分をとばします。
桑の木豆は さっと 湯がいて 水気を切り、斜めに切って。
ドライマンゴーは 細切りに。

これらを マリネ液に 漬け込み、たまに 上下を返して 味をなじませれば 出来上がり。











本日のスープは、さつま芋と リンゴの ポタージュです。

自家製のさつま芋。
小さな 小さな 出来損ないのような子たちの 救出料理。

シナモンを ほんのり効かせた、優しい味の スープ。
リンゴの甘酸っぱさが、さつま芋と とっても 相性良しです。


さつま芋は 皮をむいて 輪切りにし、しばらく お水に浸けて アク抜きをしておきます。

つぶしたニンニク 1/2片を オリーブオイルで じっくり炒め、ニンニクの 良い香りがしてきたら 薄切り玉ねぎ 1/3個分も 加えて じっくり弱火で 炒めます。

玉ねぎが 透き通って ねっとりした感じになってきたら、しっかりと水切りをしたさつま芋・皮つきのまま イチョウ切りにしたリンゴ 1/2個分も 加えて さっと 炒めます。

油が 全体になじんだら、ひたひたのお水・コンソメスープの素を加えます。
リンゴが 透き通ってくるまで ことこと煮込み、白味噌 小さじ1を 加えて 火を止めます。

牛乳少々を 加え、ハンドミキサーで 滑らかにミキシングして 再度 弱火にかけます。
牛乳で お好きな濃さにのばし、シナモンと 塩コショウを 適量ふって 仕上げます。





自家製野菜が もりもりです。
主人、たまには 畑デート どぉ?


主食は、オイルサーディンと ホウレン草の トースト。
黒コショウを たっぷりと挽いて 仕上げます。

昨日のお弁当、煉りモノドライカレーのリサイクル。
オーブンで仕上げる ヘルシーコロッケ。

完熟柿の 救出メニュー、ピーラー人参のマリネ。
とろぉ〜りマリネ液が よくからんで 美味しいのであります。

本日のスープは、さつま芋とリンゴのポタージュ。
この組み合わせに シナモンが、どんぴしゃりです。

京都 『竹中罐詰』 さんの 『天の橋立 オイルサーディン』 は、本当に 美味しいのであります。

ぱかっと 蓋を開けると、小さな 小さな 鰯が 2列になって ぴっしり・・・黄金色に 輝く鰯達。
月桂樹の葉っぱの大きさが、それぞれ まちまちなのも なんだか ほっとするのであります。

綿実油を ちょっと 除いて (別のお料理に 使っちゃいますよん、私は)、お醤油を ほんの少し たらして オーブンへ。缶のまま 熱々を そのまま 食卓へ・・・これは 美味しいっ!最高の 食べ方。

同じシリーズで、牡蠣の燻製や ハタハタなんてものも。
どれを食べても 美味しい、竹中罐詰株式会社さんの 天の橋立シリーズ。

たまに 大手スーパーで 見かけることも。是非 是非・・・お勧めの 味です



posted by しんさん at 11:42 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。