2009年11月11日

具沢山な肉巻きおにぎり

さぁ、岐阜地方 雨の水曜日です。まずは 何より Yさまへ・・・

お蕎麦・地酒 信州 軽車両ドライブ、
非っ常に 楽しゅうございましたぁ!

お蕎麦に お塩、初めて 本当に 美味しいと思いました。奥様の 数々の小鉢、じんときました。
他のお客様からの お裾分け、べったら漬けに 心身 浄化されました。

蕎麦の隠れ家 吉笑楽(きっしょうらく)
長野県伊那郡中川村葛島 931−1
.0265−88−3623
2日前までに 要予約 (4名〜15名まで)

この 感動を 忘れないうちに、もっと もっと もっと 書きたいコトは 山ほど あるのですが・・・
今日も お弁当を 作ってしまったので、また 土曜やら 日曜の 脱力記事にて また 後日。

そして 主人の りんご&しめじダイエットは、計画倒れになりそう・・・しめじのお味噌汁 美味です。


それでは 本日のお弁当に 参りましょう。本日の 我が家のお弁当、主食は こちら。

出来るだけ 少量のご飯で、主人のお腹に 満足してもらいましょう・・・と。
ご飯には むかご・銀杏・しめじ・シイタケを 炊き込んで。具沢山な 炊き込みご飯です。

ふんわりと にぎったご飯は、崩れないよう 白菜の抜き菜・薄切り豚肉で 二重巻きにしてから 市販のステーキソースで 照り焼きにして 仕上げてみました。

主人の大好きな、肉巻きおにぎり こってり仕上げ・・・でも ご飯は ものすごく 控え目。
自家製白菜の 抜き菜。しばらく その消費に 追われそう。せっせと 消費しましょうね、主人。










お米 1合に対し、もち米 大さじ1を 加えて。
普通の水加減+大さじ1の お酒と 昆布茶 小さじ1/2を 加えて ひと混ぜし、ひと晩 おきます。

朝、綺麗に洗った むかごと 細切りシイタケ・小房に分けたしめじを 散らして スイッチオン。
スイッチが切れる 10分程前に 加熱して薄皮を剥いた銀杏を 素早く 加えます。

スイッチが切れたら 大きく ひと混ぜし、しばらく 蒸らして 秋の具沢山ご飯の 出来上がり。


これを ふんわりと まとめて、さっと 茹でた 白菜の上に。

白菜は 先日 間引きしてきた 抜き菜なので 小さいです。何枚かを 丁寧にひろげて 重ねます。
手前から 少し巻いたら 片方の端を折って 巻き込み、最後まで 巻いてから もう片方の端を 中に きゅっと ねじ込むようにして ご飯を きっちりと 包み込みます。

豚薄切り肉を 数枚重ねて これを ぴっちりと 巻き、軽く 手のひらで包んで 落ち着かせます。

油を 極々薄くひいたフライパンを 熱します。
巻き終わりを まず最初に じゅっと 焼きつけてから、全体を 転がすようにしながら 焼きましょう。

全体に 綺麗な焼き色がついたら 余分な油を キッチンペーパーで 拭き取り、市販のステーキソースを じゅっと まわしかけて 全体に たっぷりと からめます。

そのまま冷まし、半分に切って お弁当箱へ










白菜だけでなく 春菊も たっぷり 抜いてきました・・・なので 自家製春菊たっぷりの ココットなんぞを。


春菊は さっと 茹でて ざく切りに。
粉チーズと 牛乳を加えて 強めに 塩コショウし、ハンドミキサーで ピューレ状にします。

ここに 卵1個分と 牛乳少々を しっかりと 溶き混ぜたものを 加え、しっかりと 混ぜ合わせます。

粗みじんにしたシイタケ・小房にほぐした 舞茸・レンジ加熱した あられ切り人参も 加えて ざっくり混ぜ、二重にした おかずカップに。200度に 予熱したオーブンで 20分程 焼けば 出来上がり。











今年のさつま芋は ダメだったわねぇ・・・
なんて 諦めていた 畑のさつま芋。

ほんの少量ですが、今になって 何とか 収穫を 許してくれました。
なので 大好きな 白和えに。

ハチミツ入りで ほんのり甘い さつま芋と 柿の 白和えは、主人も私も 大好きな ひと品




木綿豆腐 160グラムは、500Wのレンジで ラップをしないで 2.5〜3分程 加熱して ザルに。
しばらくおいて、しっかりと 水切りを しておきます。

白ゴマ 大さじ1を 香ばしく炒り、すり鉢で 丁寧に すり潰します。
ここに しっかり水切りをした お豆腐・ハチミツ 小さじ2・昆布茶と マヨネーズ 各小さじ1・ウェイパー 小さじ1/3を 加え、丁寧にすり混ぜて 和え衣を 作ります。

さつま芋は 皮つきのまま 細切りに。
しばらく お水に 放してから レンジ加熱し、ザルにひろげて 水分を とばします。

さつま芋・細切りにした柿を 和え衣で 和えて、ゴマを ひねれば 出来上がり。











本日のスープは 大根とじゃが芋の ポタージュです。

とろり 濃厚な クリームスープのような、大根ポタージュ。
優しい味で 美味しいのであります。


つぶしたニンニク 1片を、ゴマ油で じっくりじっくり 炒めます。
ニンニクの 良い香りが してきたら、薄切り玉ねぎ 1/3個分も 加えて 同じく じっくりと 炒めます。

玉ねぎが 透き通って ねっとりした感じになってきたら、薄切り大根(正味 180グラム程)・薄切りじゃが芋(小1個分)・濃いめにとった鰹だしを ひたひたに 加えます。

しばらく煮込み、大根が 十分に軟らかくなったら 白味噌 小さじ1を 煮溶かして 火を止めます。
牛乳少々を加え、ハンドミキサーで 滑らかにミキシングしたら 再度 弱火にかけて 牛乳で お好きな濃さにのばします。昆布茶で お好みの塩加減にして 温めて 出来上がり。





さつま芋・春菊・白菜(の抜き菜)・・・
自家製
手作り野菜 もりもりです

主食は、ご飯 うんっっっと 控え目の 肉巻きおにぎり。
しめじにシイタケ、銀杏 むかご・・・たっぷり 炊き込んで カサ増しを。
その上 白菜で 巻いてあるので ボリューム満点です。

春菊のココットにも きのこがたっぷり。

さつま芋と 柿で ほんのり甘い白和えを。

真っ白な 綺麗なポタージュは、大根とじゃが芋で。

昨日 連れて行って頂いた お蕎麦屋さん。

食べる速度が 非常に 異様に 遅い 私にとっては、涙が出るほど 嬉しい ご配慮。
通常コースで 2枚の 十割蕎麦が ついてくるのですが、『2枚め 茹でて良いですか?』なんて。

艶々の お蕎麦を、美味しいまま 最後まで 食べられるなんて・・・もちろん 追加で おかわり。

ご夫婦の お人柄に、そして 美味しい お蕎麦。そして そして 噂通りの 2000円。ホンと?
帰りの 車の中では、後部座席 若輩者ふたり 半分 うつらうつらしながらも 素敵な余韻に。

さぁ、週末は 工場見学まで させて頂いた 地酒を 飲みましょう・・・まだ 水曜日なのが 残念。
最近 お蕎麦を食べて、その足で 地酒を 買いにいくのが お気に入り。
急に 日本酒の 美味しさも 楽しめるようになった 主人。一緒に飲むと 美味しいものね

posted by しんさん at 12:05 | Comment(2) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
追伸ー。
あやしげな、おそるおそる買った
ラ・フランス・・期待せずたべてみました。
思いのほか、美味しいー。
最後までいい余韻でした。
気になるのは、可愛い形に惹かれ買った
あの、姫りんご。味はいかがなものだった
のでしょうか・・・
Posted by Y at 2009年11月11日 20:36
だってぇ・・・なんて ちょっと スネつつも、大事そうに 抱えて 帰っていきましたよ(笑)

確かに 他の王道な りんご達より 可愛くて 艶々ピカピカ。
まだまだ 見た目で ころりといっちゃう お年頃なようですね。

あ?ラ・フランス、さっそく 食べてみなくっちゃ。今、良い香りを 楽しませてもらっています。
主人、初ラ・フランスだそうで。

立派なしめじも、美味しく 頂いております。
『おたまじゃくし』も 週末 開封予定。まだまだ 長野の余韻を 楽しんでおります。

また 行く気 満々です。
いつも 素敵な 出会いを 提供してくれるマダムに 感謝感謝です。

それでは、また^^
Posted by イズミ→Yさまへ at 2009年11月12日 13:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。