2009年11月09日

ちょっと可愛い里芋ご飯

さ、今週も さくさくっと お弁当作りの 始まりでございます。
本日も、冷凍庫に たっぷりと 在庫があります 冷凍里芋を 使って。

煮物・コロッケ・田楽・おでん・・・里芋料理は 数々あれど。
お手頃で 美味しいものと言って ぱっと 頭に浮かぶもの、やっぱり 私は 里芋ご飯かしら
もっちりして 美味しいのであります。

本日 我が家のお弁当、主食は 里芋ご飯・・・

・・・を ちょっと 洋風に。パプリカの ファルシーです。

トマト風味の 里芋ご飯を、根尾の伯母(・・・の ご近所さん)特製の 無農薬パプリカに詰めて。
粉チーズを ぱらりと ふって、オーブンで 焼いてみました。ちょっと 可愛いでしょ?

何といっても、ご飯は ほのちょっとなのに ものすごく ボリュームが出るところが 良いっ!
食いしん坊な 万年ダイエッターさん、主人に ぴったりの お料理よね、ファルシーって。

ちょっと 小ぶりな パプリカ半個分では、あまりに 可愛そうかな・・・と ピーマンバージョンも。
情け深い 妻が作る 本日の 愛妻弁当。
主食は、洋風 里芋ご飯を フィリングに・・・パプリカの ファルシーと 参りましょう。










お米は、前日の夜に 研いで お水に 浸けておきます。我が家は 1合で。
普通の 水加減から 大さじ1分を 減らし、日本酒を 大さじ1加えます。
コンソメスープの素を 1/2片 砕いて加え、さっと ひと混ぜ。

朝 いちばんに、炊飯器のスイッチを オン。
ふつふつして 湯気がたってきたら、凍ったままの 冷凍里芋(100グラム)を 素早く 加えて そのまま 炊き上げましょう。切れたら ざっくりと 大きく ひと混ぜし、しばらく 蒸らして 出来上がり。

もちろん 鰹だしで 炊いても、美味しいので あります。半分は このまま 朝食に。
本日は、これに もうひと手間。ちょいと 味付けをして お弁当の主食、ファルシに しましょう。


レンジOKのボールに 刻んだ トマト(小1/2個分)・みじん切りニンニク(1/2片)と 玉ねぎ(大さじ1程)を。これを ラップなしで 500Wのレンジで 3分程加熱し、水分を とばします。

ここに あられに切った人参を 加え、今度は ふんわりラップをして 人参が 軟らかくなるまで レンジ加熱します。炊きたての 里芋ご飯を ここに 加え、さっくりと 混ぜ合わせます。

パプリカを 縦 半分に切って 種とワタを 取り除き、里芋ご飯を んもり詰めて。

アルミホイルを、ふんわりと 丸めて 台にします。
これを 鉄板に並べ、パプリカを 倒れないよう きゅっと 軽く 押さえるように 乗せましょう。

ぱらぱらっと 粉チーズを ふって、250度に 予熱したオーブンで 18〜20分。

じわじわ焼いていると、チーズに 焼き色がつく前に カップが ふんにゃりして 倒れちゃいます。
特に ピーマンは、果肉が薄く 倒れやすいので 要注意・・・高温で さっと 焼きましょう。










さて。
主人が 大喜びした 本日の主菜。

ハンバーグです。

いえ いえ・・・決して お肉を 減らす為に、銀杏やら むかごやらを たっぷり 入れたワケでは。

あら、お豆腐も 入っていました?
ふんわり 美味しくなるのよ、ね。


銀杏は 加熱して 薄皮を むきます。むかごは すり鉢で こすり合わせるように 洗いましょう。

これらを ひたひたのお水・量のお酒と 一緒に 弱めの中火にかけ、むかごが 十分 軟らかくなって 水分がとんだら 火から下ろして 粗熱を とります。


木綿豆腐は 120グラム。
ラップをしないで 2分程 レンジ加熱して ザルにあけ、しばらくおいて しっかり 水切りをします。

お豆腐・合挽き肉 100グラム・みじん切り玉ねぎ 1/4個分・パン粉 大さじ1を ビニール袋で 滑らかに 揉み混ぜ、更に 銀杏と むかごを 加えて ボリュームアップを 謀りましょう。

フライパンに ティッシュ等で 薄く ゴマ油をぬって 温め、手のひらを 軽く お水で湿らせて 俵型に まとめた ハンバーグ生地を 順に 並べていきます。軟らかい生地なので、直接 フライパンに。

両面 こんがりと 焼き色をつけたら 端に寄せ、細切りシイタケ・小房に分けた シメジ、舞茸を。

蓋を ぴったりとして しばらく 蒸し焼きにし、きのこから たっぷりと 水分が出てきたら コンソメスープの素(1/2片を 砕いて)・ケチャップ、赤ワイン、お好み焼きソース 各大さじ1を 加えます。

ハンーグを 崩さないよう そっと ゴムべらで 混ぜながら とろりとするまで 煮詰めます。

ハンバーグに たっぷり ソースを からめて、出来上がり。










ヘルシーだけと こってり主菜。
副菜は あっさり参りましょう。

昨日 摘んできた、自製ホウレン草の 白和えです。


木綿豆腐 150グラムは、ラップをしないで 2分程 レンジ加熱して ザルに。
しばらくおき しっかり水切りを。


白ゴマ 大さじ1を 軽く 炒り、すり鉢で 丁寧に すります。
しっとりしてきたら、水切りをしたお豆腐・白味噌と お砂糖 各小さじ1・だし醤油 小さじ2/3・ウェイパー 小さじ 1/3を 加えて 更に すり混ぜて 滑らかな 和え衣を 作りましょう。

ホウレン草は、さっと 熱湯で茹でて 食べやすい 長さに 切り揃えます。
人参は 千切りにして 軽く レンジ加熱し、これらを 巻きすで 巻いて しっかり 水を 絞ります。

だし醤油を 全体に 少量 わしかけ、もういちど 巻きすで巻いて しっかりと 絞りましょう。
和え衣で 和えれば 出来上がりです。











昨日、畑で 春菊を たっくさん摘んできました。
そして 本日のスープに。

鰹だしで。春菊とじゃが芋の 和風ポタージュです。


春菊は たっぷり、がぱっと ひと掴み強。
さっと 茹でて 水気をしぼり、ざっくりと 刻みます。


つぶしたニンニク 1片を ゴマ油で じっくりじっくり 炒めます。
ニンニクの 良い香りがしてきたら、薄切り玉ねぎ 1/3個分も加えて 炒めます。

玉ねぎが 透き通り ねっとりした感じに なってきたら、濃いめにとった 鰹だしを ひたひたに 注ぎ、春菊と 薄切りじゃが芋(小1個分)も 加えましょう。

じゃが芋が 十分 軟らかくなるまで煮たら 白味噌 小さじ1を 煮溶かして 火を止め、牛乳 少々を 加えて ハンドミキサーで 滑らかに ミキシングして 再度 弱火に かけます。

牛乳で お好きな濃さに のばし、昆布茶 少々を 加えて 軽く 温めて 出来上がり。





自家製野菜に 伯母野菜・・・
無農薬野菜が いっぱいです


主菜は パプリカのファルシー・・・足りない分は ピーマンでね。
トマト風味の 洋風里芋ご飯を フィリングに。

我が家においては、とっても珍しい ハンバーグを 主菜に。
むかごに 銀杏、お豆腐で、ちょっとの お肉で ボリュームがっつり。
ソースも きのこが たっぷりです。

副菜は 自家製 摘みたてホウレン草で。
大好きな 白和えです。

本日のスープは 春菊とじゃが芋の 和風ポタージュ。
春菊も 摘みたて・・・良い香りです。

『最近 やっぱり 歳なのかなぁ。肉より 魚。あっさり したものを 好むようになったよね・・・。』
近頃 主人は、よく こんなセリフを 口にします。

ふぅ〜ん・・・歳とって あっさりしたものが お好みなんだぁ・・・ふぅ〜ん。

あなたの好きなワインって、カルフォルニアのピノじゃぁ ありませんでしたっけ?
グラス越しに むこう側が 見えないような、どすどす黒い 飲み疲れるような 濃いぃ〜ヤツ。

お魚?骨のある お魚は、私が ほぐしたものを 横取りすること 多々 ありませんでしたっけ。

そして 本日の 主菜・・・きのこソースだけど こってり風味の ハンバーグ。
朝 ねぼけ眼で 起きてきて、大喜びしていませんでしたっけ。


そして その後。彼のセリフに 大笑い。
『騙されないよ!ハンバーグのふりした ニセモノでしょ?もぉ 騙れないよっ!!』

・・・あんたって人は。。。ま、あながち 間違っては いないけどね





追伸・・・安納芋倶楽部 部長 Oさまっ!
只今 芋便 到着いたしましたっ!

うっひょぉ〜っ・・・安納芋 詰め合わせっすか♪ グレードアップしちょります。
ちょっと これから 腰を据えて 拝見いたします。ワクワク。   

posted by しんさん at 11:57 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。