2009年10月28日

ほぼ芋!もちもち鬼まんじゅう

秋の味覚を 十二分に 楽しんでおります、現在の 我が家。
若干、主人の 高値安定の 体重が 気になりはしますが・・・ま、冬の準備 防寒対策ってことで。

昨日の 銀杏に 続きまして、旬な食材 本日は さつま芋で 参ります。
ちょっと 眠たい 10月28日 水曜日。我が家のお弁当、主食は こちら

さつま芋で作る 昔ながらの 素朴な おやつ・・・そぉです、鬼まんじゅう。
我が家の 鬼まんじゅうは、ご覧の通り 『ほぼ 芋っ!』 なのであります。

お芋同士を くっつける為、少量 加える 薄力粉に 本日は 自家製米粉を プラスして。
もっちもちの 鬼まんじゅうが 出来上がりました。

ものすごく 簡単に出来ちゃう 鬼まんじゅう。しかも 失敗知らずで 美味しいのであります。
お砂糖や 粉の分量なんて、目分量でも へっちゃら へっちゃら

本日、我が家の お弁当。
お芋が ぎゅぎゅっっっと 押し合い圧し合い・・・簡単 美味しい 鬼まんじゅうが 主食です。









さつま芋は 中サイズのものを 1個。皮つきで 270グラムでした。
これで、小っちゃな 可愛い鬼まんじゅう 8個分。ふたり分 ちょい+α・・・って 感じかな?


先ずは さつま芋を 綺麗に洗って、1センチ角に切ります。私は 皮つきのまま いっちゃいます。
20〜30分程、たっぷりの お水に浸けて アク抜きを します。

これを ザルにあけ、表面の水気を 綺麗に 拭き取ってから 乾いたボールに 入れます。
お砂糖 40〜50グラムを 加え、全体に まぶして 20分程 おきます。

私は 三温糖を 使いました。さつま芋や 栗は、三温糖と 相性が良い気がします。


しばらくすると お砂糖が 溶けて、さつま芋の表面が つやつやと してきます。
薄力粉と米粉 各20グラム・お塩 ひとつまみを ここに ふるい入れて、混ぜ合わせます。

粉っぽさが なくなるまで・・・しっかり へらで 混ぜ合わせましょう。


小さくカットした クッキングシートに スプーン一杯分くらいを のせて、手で きゅっと まとめます。

これを 蒸気の上がった 蒸し器に並べ、水滴が 落ちないように 布巾をかぶせて 蓋を します。
中火で 15分程・・・さつま芋に すっと 串が通るくらい 軟らかくなっていれば 蒸し上がり。

ね、簡単でしょ?










主菜は 山芋のグラタン風です。

ホワイトソースもどきの 山芋。下には、鰹だしで ことこと煮た 大根&人参。

お醤油を からめた チーズが こんがり・・・使用したチーズは ほんの少しでも なんとなく 満足でしょ?主人。



大根は 厚さ1センチの いちょう切りに。
人参も 同じくらいの大きさに 切ります。

どちらも 2分程レンジ加熱して ザルにあけますが、大根は さっと お水に くぐらせてから。
これを 濃いめの 鰹だしで 煮て、だしの風味を しっかり 煮含めてそのまま 冷ましておきます。


すりおろした山芋(5〜6センチ)に 溶き卵(1/2個分)・昆布茶少々を加え、混ぜ合わせます。

刻みシイタケを 加えて ざっと混ぜ合わせ、煮汁を切った 大根と 人参を 二重にしたおかずカップに並べた上に スプーンで そっと まわしかけます。

細切りにした とろけるチーズに 少量のお醤油を まぶし、上に 散らして 温めたオーブンへ。
チーズに こんがりと 焼き色がつくまで 焼けば、出来上がりです。

・・・あ、いけね。銀杏、入れ忘れました。
なので 上に ちょこんと トッピング。主人、長芋ソースと一緒に どぉぞ










残ったとき卵 1/2個分を使って。
副菜に、高野豆腐の ピカタを。

高野豆腐は、戻してから 鰹だしで しっかり下煮してあるので ぱさつき感なし。

人参の赤・韓国海苔の黒・卵の黄色で カラフルに 仕上げてみました。




高野豆腐は ぬるま湯で 戻し、手のひらに挟んで ぎゅっと 絞ります。

半分にカットし、切れ目を入れて、濃いめの鰹だしで しばらく煮て そのまま 冷まします。


鰹だしを 十分 含んだ 高野豆腐を ザルにあけ、自然に 煮汁を切って レンジ加熱した 薄切り人参を 挟みます。韓国海苔を 巻き、茶こしで 全体に 薄く 薄力粉をふります。

とき卵 1/2個分に マヨネーズ 大さじ1を しっかりと 混ぜ合わせた中に さっと くぐらせて、ゴマ油をひいた フライパンで 両面 こんがりと 焼けば 出来上がり。半分に切って お弁当箱へ。

とっても 手が込んでいるようですが、鰹だしを 煮含める時は 主菜の 大根&人参と 同時進行。
案外 ぱぱっと 下ごしらえが 完了しちゃうので、楽ちんです。










本日のスープは お豆腐と ネギのポタージュです。

最後の最後。
ちょっと 油断して 煮立ててしまったので、残念ながら やや 分離気味ですが・・・

本来なら、滑らかな お豆腐の風味が 優しくて 美味しい ポタージュなんです。



ネギは 白い部分を 使います。3本分で 120グラム程。斜め薄切りに しておきます。

ゴマ油で つぶしたニンニク 1片を じっくりと炒め、ニンニクの 良い香りがしてきたら ネギも 加えて 炒めます。ネギが しんなりして 透き通ってきたら、ひたひたの鰹だしと お豆腐を。


お豆腐は 充填豆腐を 使いました。150グラムパックを ひとつ。

ネギが 十分に 軟らかくなるまで 煮たら 、白味噌 小さじ1・ウェイパー 小さじ1/2を 加えて 煮溶かし、火を止めて ハンドミキサーで 滑らかに ミキシングします。

濃いようなら 牛乳でのばし、味をみて 薄ければ 昆布茶を少々。

牛乳で のばして 火にかける時は、くれぐれも 煮立たせませんよう・・・分離します。
ミキシングすると お豆腐で ぐっと カサが増えるので、最初の 鰹だしは 控え目に。





今日も 秋の味覚が たっぷりです。
旬は 良いのよ、体にも お財布にも


主食は、お芋を 最大限に 主張させた 鬼まんじゅう。
美味しい この時期の さつま芋。シンプルなのが いちばん。

長芋を ホワイトソース風に。
お醤油をからめた とろけるチーズが 長芋ソースに ◎

高野豆腐の ピカタ・・・
食べる時は 煮汁がとばないよう ひと口で どぉぞ。

本日のスープは お豆腐とネギの ポタージュです。

この時期。お風呂上がりの ぽかぽか感を 楽しみながら、うだうだと 夜更かしするのが 好きです。

昨日も、たまり始めた 今シーズンのドラマを 見ながら ついつい・・・
で その結果、現在 恐ろしいくらいの 睡魔に 襲われております。

ふと 気づくと キーボードの上で 指が止まって 意味不明の 文字が ずらずらっ・・・
も、もぉ だめです。眠いです。

一生懸命 働いてくれている 主人を 思いながら・・・暖かい ソファで お昼寝。
あ、その前に 今日の お弁当 食べないとね。私ってば こんな生活で 良いのかしら


posted by しんさん at 12:25 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。