2009年10月16日

もっちりポテトの おからスコーン

今週も、無事 最後のお弁当と なりました。

体調も すっかり 戻った主人・・・昨日の 悪寒と微熱、死にそぉな顔は いったい 何だったの?
なので 心おきなく お弁当作りが 楽しめます

本日の 我が家のお弁当、主食は こちら。

100歩 譲って、スコーンだと お思い下さい。

ふと 手に取ったじゃが芋・・・早々と 芽が出ておりました。こりゃ 早く 使ってあげないと、と。
そこで おから・薄力粉・コーンフレークを ざっくり合わせ、黒コショウを ぴりりと きかせて。

焼きたては 外が かりっとして、中 もっちり・・・なかなかの 仕上がり。

甘くない黒コショウ風味の お食事スコーン。
人参・じゃが芋・おから・コーンフレークで お腹 満足。ノンオイルで ダイエッターさん にっこり。

電子レンジで 軽ぅ〜く 温めると、もっちり感が カムバック・・・美味しく 食べられるのよ、主人。










作り方は 極めて 簡単。直径 6センチの 小さなスコーン 6個分です。


じゃが芋は 中サイズを 1個。重さにして 160グラム程でした。

綺麗に洗い、皮つきのまま ふんわりラップをして 軟らかくなるまで レンジ加熱します。
熱々のうちに 皮をむき、フォークの背で ざっくりと つぶします。

ここに おから 50グラム・プレーンヨーグルト 大さじ1・軽くレンジ加熱した さいの目切りの人参(1/2本)・あられに切った プロセスチーズ(40グラム)を 加えて 混ぜ合わせます。



薄力粉、プレーンな 甘くないコーンフレーク 各25グラム ・ ベーキングパウダー 5グラム ・ お塩 ひとつまみを 全部一緒に 大きめのビニール袋に。しっかりと 口を持って、ふり混ぜます。

これを 先程の じゃがいものボールに加えて 黒コショウを たっぷり・・・
ゴムべらで 丁寧に 切るようにして 混ぜ込みます。

粉っぽさが なくなり 全体が しっとりとして なじんだら、手で ひとつにまとめて ラップの上に。

手のひらで 押さえて 平にする→二つ折りにして 再度 手のひらで のばす・・・を 数回 繰り返して 更に 全体を なじませて、生地の ぱさつきを 少し 落ち着かせてから 6等分します。


直径 6センチの 丸いクッキー型に ラップを敷き、生地を きゅっと 詰め込んで 取り出します。

生地のぱさつきが ちょっと 心配になるところですが、意外と うまく まとまってくれますよ
生地の 無駄が 全く 出ないのも、嬉しいでしょ?



これを クッキングシートを敷いた 鉄板の上に 並べ、200度に 予熱したオーブンで 20分。

なんとなく スコーンっぽく 見えるでしょ? お腹 いっぱいに なりますよ。











先日、主人が 酸っぱそうなミカンを もらってきました。

ちょっと 食べるのに 勇気がいったので、本日 お弁当の ひと品に 登場です。

電子レンジで 簡単、さつま芋の ミカン煮です。

お好みで ホールのクローブを 1〜2粒 加えると、ぴしっと 味が締まりますよ


さつま芋は 中くらいのサイズを 1本。220グラム程。
綺麗に洗って 皮つきのまま 2センチ厚さの 半月に。しばらく お水に 浸けておきます。

さつま芋の 水気を 拭き取り、レンジOKの ボールに。

ミカンの 上下部分を 少し切り取ります。
皮についている 実の果汁を、ぎゅっと 搾って さつま芋の上に まわしかけます。
中央部分は 皮をむき、さつま芋と 同じくらいの大きさに 切っておきます。

お砂糖 大さじ1も 加え、ふんわり ラップをして 500Wのレンジで 約 5分。
途中 いちど 庫内から 取り出し、全体を ざっと 大きく混ぜ合わせます。

さつま芋に 8分通り 火が通ったら、ミカンと クローブ(1〜2粒)を 加えます。
もういちど ふんわりラップをして 約 2分。

熱いので 気をつけながら 全体を返して 出来上がり。
もういちど ラップをして、そのまま 冷めるまでおいて クローブの香りを なじませます。










先日のお弁当、オムライスに添えた レンジで作る 簡単トマトソース
その 残りを使って もうひと品。

トマト風味の 根菜きんぴら。
楽ちんメニューです。


蓮根は 皮をむいて 薄切りにします。
これを 更に 3〜4つに切って お水に しばらく さらしてから ザルにあけ、水切りを。

人参、シイタケは 細切りに。

お鍋に 蓮根、人参、シイタケ、トマトソースを 全部入れて 弱めの 中火にかけます。

焦がさないよう、常に へらで 全体を 混ぜながら しんなりするまで。
仕上げに 刻みネギを散らして 出来上がり。

最初に 油で炒めないので、とっても 焦げやすいです。
シイタケを 多めに加え、シイタケから出る水分で じっくり 火を通す感じで 仕上げます。










本日のスープは クリーミーな トマトのポタージュです。
お水を加えず、トマトの水分と 牛乳で 仕上げました。

じゃが芋のおかげで、とろぉ〜り 濃厚・・・大好きな スープです。


つぶしたニンニク 1片を、オリーブオイルで じっくり 炒めます。

ニンニクの 良い香りがしてきたら 薄切り玉ねぎ 1/3個分も加え、透き通って ねっとりした感じになるまで炒めて ざっくり刻んだトマト(中1個分)を 加えます。

しばらくすると トマトから たっぷりの水分が 上がってきます。
コンソメスープの素・薄切りじゃが芋(小1個分)を 加えて、しばらく ことこと煮ます。

じゃが芋が 十分 軟らかくなったら、白味噌 小さじ1を 煮溶かして 火を止めます。
牛乳を加えて ハンドミキサーで 滑らかに ミキシングし、再度 弱火にかけます。

牛乳で お好みの濃さにのばし、乾燥バジルを適量加えて 塩コショウで 仕上げます。
ぐらぐら煮立てると 分離しちゃいます。あくまでも 軽く ひと煮立ちさせる程度で。





今週 最後の お弁当・・・
あれ?今週って お肉 登場したっけ?


主食は、じゃが芋と おからが 主材料の スコーン風。
焼きたては もっと 美味しいのよ、主人。
でも、大好きな 黒コショウ たっぷり 挽いておいたからね。

酸っぱいミカンは さつま芋のミカン煮に。
クローブの香りが びしっと 全体に喝を。

先日の トマトソースで もうひと品。
根菜とシイタケの トマト風味のきんぴら風・・・これも 『風』 的料理。

今週末。主人が、新たな チャレンジに 挑むようであります。

基本的に 意外(?)と お料理が 好きな彼ですが、ひと品料理に限っての ことなんだそう。

こっちで フライパンをふり、こっちで オーブンの様子をみて、こっちで 盛り付けを・・・なんてことは 彼の限界を 高く高く超えた 全くもって 別の世界の人々の なせる業なんだとか。
・・・うん、そぉだね。普段の あなたを見ていると。そぉかもね。

今週末、そんな 彼が 3品に 挑戦するのだとか。
前菜・お魚の香草焼き・パスタ・・・これが 彼が 考えて考えて考え抜いた 今週末の メニュー。

さぁ 主人。私は カウンター越し・・・ワイン片手に 料理観賞と 致します。
なんにも言わない、手も出さないから、思う存分 やってみなさい。
そして 出来ることなら ちょっとだけ 失敗して下さい。

そぉでないと 私の必要性が 減っちゃうでしょ?



posted by しんさん at 12:36 | Comment(0) | お弁当日記 おからを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。