2009年10月15日

マスカルポーネとキウイのタルト

最近 主人には、悪いお友達が 出来てしまったようであります

夕食を済ませ、お片付けを済ませ、主人のおしゃべりに付き合い・・・昨晩の ことです。
お腹も いっぱい、今日も ビールが 美味しかった・・・と、うとうとっと しかけたその時です。

メールチェックをしていた主人が、満面に笑みを たたえて 言いました。
『あ、今 ワイン飲んでるんだって。あ、どぉ?来ない?だって。』

そして 主人は、夜の 某ワインショップに 出掛けていきました。寝ぼけ眼の 私を 残し・・・
あのさぁ、これって 昼ドラなら 絶対 浮気のパターンだよ。お風呂まで入って 出掛けんだから。

で、この辺りで いつもの流れに 戻しましょう・・・本日の お弁当、主食 どんっっ!

・・・はて?お弁当の主食と 言われた気がするんですが・・・?? と 思われた方。

こちらが 正真正銘、10月15日 木曜日。本日の 我が家の お弁当。主食でございます。
おやつでも 何でもありません。主食です。

フィリングは、イタ飯ブームによる ティラミスの 大流行で (10年以上前の バブル期の お話ですが・・・) 一躍 有名チーズとなった マスカルポーネ。イタリア原産の クリームチーズ。

クリームチーズと相性の良い キウイが たっぷりです。

タルト生地は、おからと自家製の米粉 ・・・なので これは 我が家にかかれば 主食扱い、うん。


昨晩、夜遊びから ご機嫌で 主人が 帰ったのは 夜中の1時を まわっておりました。
そして 今朝。体が しんどい、だるい、熱がある・・・と ふらふらの コヤツ。

あ、阿呆っっっ!風邪なんざぁ ひいてんじゃぁ ないっ!!
キウイで ビタミンたっぷり摂って とっとと 治しなさいませっっっ!!


はい、そんな ワケで 本日の 我が家のお弁当。この 主食を 要約しますと・・・
『風邪ひき主人に ビタミンたっぷり。キウイと マスカルポーネの おから&米粉タルト。』です。










今回の おからと米粉の タルト台は、おからを 電子レンジで からっからに乾煎りしてから ミルサーにかけ、更に ふるって おからパウダー状態にして 挑んでみました。

結果 何とか 体裁を保っておりますが、途中経過は 散々たるもの。分量も 把握 出来ず。

なので、材料の割合を ちゃんと 把握して もういちど ちゃんと作ってみます。
成功したら、自分への 覚え書きの為にも 再UPを 致します・・・ってコトで。


それでは・・・本日は、マスカルポーネと キウイの フィリングから 参ります。
直径 18.5センチのタルト型 1個分です。


卵(1個)を 卵白と 卵黄に 分けます。

先ず 最初に、卵白を 軽く溶きほぐし、グラニュー糖 15グラムを加え 八分立ての メレンゲに。

次いで 卵黄に グラニュー糖 10グラムを加えて 泡立てますが、その間 メレンゲは 冷蔵庫に。
泡立て器は 洗わなくって 平気ですよ。

卵黄が 白っぽく もったりとして マヨネーズ状になってきたら、マスカルポーネ 100グラムを 加えて 更に 泡立て器で 滑らかに 混ぜ合わせます。

溶かしバター 10グラム・レモン汁 小さじ2も 順に加えて その都度 しっかり 混ぜ合わせ、
バニラエッセンスを 数滴ふり、お好きなリキュールを 小さじ2程加えて 香りよく 仕上げます。

リキュールは アマレットや コアントロー、キルシュ等 軽くて 香り高いものが お勧めです


メレンゲと 卵黄のボールを 混ぜ合わせます。

先ず 最初に メレンゲの1/3量を 卵黄のボールに加え、メレンゲを 散らすようにして 泡立て器で 素早く混ぜ込みます。次いで これを メレンゲのボールの 戻し入れます。

メレンゲの泡を つぶさないように さっくりと ゴムべらで 切るようにして 混ぜ込み、これを 空焼きした タルト生地に流し込んで 皮をむいて 薄切りにしたキウイ(2個分)を 並べます。


160度に 予熱したオーブンで 20〜25分。
焼きたては、メレンゲのおかげで ぷっくらぷくぷくです。しばらくすると 落ち着いてくれますよ
完全に 冷めてから、そっと 型から 外して 切り分けます。



・・でもねぇ、まさか ここまで キウイが 見えなくなるなんてのも 想定外。
お料理って ホンと 何がどぉなるか 分かんないやねぇ。











さて、主食が まるっきりのお菓子でも 野菜もりもりの おかずは 欠かせません。


まずは こちら。

根菜としめじの 胡麻マヨネーズ和え。
ワケあって 韓国海苔風味。

蓮根の しゃきしゃき感が 良いのです。


しめじは 石突きを除いて オーブンへ。
焼き過ぎると 食感も何も なくなってしまうので、温めたオーブンで しんなりする程度に 軽く さっと焼きます。

人参は 千切りに。蓮根は 横に ごく薄くスライスしてから 3〜4つに切り、お水に放します。
共に 熱湯で さっと茹でて ザルにあけ、しっかりと 水切りをしておきます。


白ゴマ 大さじ1.5を 乾煎りし、すり鉢で 丁寧に すり潰します。

ここに マヨネーズ 大さじ1弱・白味噌 小さじ2・醤油 小さじ1を加えて、更にすり混ぜます。
しめじ・人参・蓮根を 加えて 和えれば、出来上がり。

韓国海苔 風味に なったワケは・・・と 申しますと。

しめじを オーブンで焼くと、きのこ特有の 旨み成分たっぷりの 水分が出るでしょ?
これを すりゴマに 加えたところ、その量が 多すぎて・・・大洪水。

急きょ 韓国海苔を 加えて すり混ぜ、水分を 吸収させたって ワケです。

でも まぁ・・・これはこれで アリの仕上がり。いいえ、負け惜しみじゃぁ なくってよ、なくってよ。










ふた品目は さつま芋の 茶きんしぼり。

子供の頃、ひとりで 作ることを 最初に 許してもらえた ちょっと 懐かしいメニュー。

以前 作った 黒豆グラッセと、何かの お菓子に付いていた 抹茶きな粉を使って 現在の 私風に 少ぉ〜しアレンジ。



さつま芋は 皮をむき、輪切りにして しばらく お水に 浸けておきます。

これを 十分に軟らかく レンジ加熱し、ザルにひろげて 水分をとばしてから 丁寧に つぶします。
・・・私は ビニール袋で 済ませちゃいますけどね。

少量を取り分けて 抹茶きな粉を加え、元のさつま芋の方には 黒豆グラッセを。
さつま芋の水分量に合わせ、どちらも 牛乳を少量加えて 滑らかに 混ぜ合わせます。

ラップに、黒豆入りのさつま芋を多め、抹茶きな粉のさつま芋を その上に 少なめにおきます。
きゅっと 茶きんに絞れば 出来上がり。










本日のスープ。

今度の 今度こそ、これが 今シーズン 最後かな?
愛してやまない 焼きナスのポタージュです。

これが ナス?ってくらい クリーミーで 美味しいんっす。
(・・・スルーかよ。)



ナス(1本)は ヘタの部分を くるりと切り取って オーブンへ。
皮が ちょっと 浮いた感じになるくらい しっかりと 焼き、皮を むいて 斜め切りにしておきます。

つぶしたニンニク 1片を ゴマ油で じっくりじっくり 炒めます。
ニンニクの 良い香りがしてきたら 薄切り玉ねぎ 1/3個分も 加えて炒め、透き通って ねっとりした感じになってきたら、ひたひたのお水・コンソメスープの素・ナスを 加えます。

さっと 軽く煮て、白味噌 小さじ1を 煮溶かし 火を止めます。

牛乳少々を加え、ハンドミキサーで 滑らかにミキシングして 再度 弱火に かけます。
牛乳で お好きな濃さにし、ぐらぐら煮立たせないよう 軽く ひと煮立ち。塩コショウで 仕上げを。





夜遊び主人、 不良な主人。
故郷の母が 泣いてるぞっ!(嘘)


主食=マスカルポーネとキウイのチーズタルト。
完全に お菓子です。スゥィ〜ツ(・・・あ、イヤだ。この言い方)です。

胡麻マヨネーズの 和えもののハズが 韓国海苔も 参入。
カロリーアップしてしまいました。

抹茶味と 二層になった さつま芋の 茶きんしぼり。
お気に入りの お手製おやつ、黒豆グラッセを使って。

本日のスープは 大好きな 焼きナスのポタージュです。

なんとなく 夏っぽいイメージがある キウイですが、日本で 収穫されるのは まさに 今頃から。
・・・って 先週 農協のレジ係さんに 教えてもらいました。

ビタミンが豊富なので、主人のような 風邪ひきさんには ぴったりの 食材です。

ま、それは それとして。
クリームチーズと キウイの組み合わせって、私 大好きなんです。
本日の マスカルポーネとの 組み合わせは、向かうところ敵なしメニュー(・・・なんだそれ)

美味しいんです。ふわふわ しゅわぁんの フィリングに、甘酸っぱい キウイ。

これで タルト台が 納得のいくものであったなら・・・そして お弁当の 主食で なかったら・・・


あ、そぉそぉ。
夜遊び主人、仕方がないから 来週のワイン会は 付き合ってあげます。
今回だけ ワンモアチャンスです。

でもね、着て行く服が ないの・・・このままだと 葉っぱ隊になっちゃうの・・・



posted by しんさん at 13:00 | Comment(0) | お弁当日記 おからを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。