2009年10月14日

ひと口サイズのオムライス

夕方 ベランダに出ると、ふわりと キンモクセイの香り・・・
深まる秋を 感じつつ、米粉用の 干し米を 室内に。相変わらず 米余り状態が 続いております。

現 我が家において、在庫豊富な お米。
米粉にしたり、せっせせっせと ご飯中心の 生活にしたり・・・米離れなんて どこ吹く風。

そんな 我が家の 本日のお弁当。主食は もちろん ご飯モノ。

・・・はてさて、一体全体 これは???

ご飯を せっせせっせと 炊くってことは、当然 残ってしまいます。道理です。
我が家の冷凍庫には、残りご飯を 小ぶりに握った おにぎりが 数個・・・出番を 待っています。

本日は、その 冷凍おにぎりを 使って。

ほんの少し 残っていた レトルトのスパゲッティソースで 具沢山の トマトライスを 作り、ふわふわ卵を たっぷりと からめた・・・うぅ〜ん これは 言うなれば、ご飯のピカタ?ライスピカタ?

ご飯は ほんの少量でも、ひよこ豆に ナス 人参 玉ねぎ ピーマン・・・等々 具沢山。
油分も ほとんどカットしてあるので、ボリュームの割には ヘルシーです。

本日 我が家のお弁当。主食は、具沢山の ひと口サイズの ご飯ピカタ。
・・・って あれ?これって ひょっとして ひと口サイズの オムライスってことか?










冷凍ご飯は、自然解凍して 軽く 温めておきます。

ひよこ豆は 前日 たっぷりのお水に 浸けておき、朝 いちばんで 浸け水ごと 中火に。
煮立ったら 火を弱め、お好みの かたさになるまで ことことことこと・・・ザルにあけて 水切りを。
味や 歯応えの点では ちょっと 劣りますが、水煮のひよこ豆を使うって 選択も

人参・シイタケ・ナスは あられ切りに。
人参は 軽く レンジ加熱し、ナスは しばらく お水に浸けて アク抜きをしてから 水切りを。
玉ねぎは みじん切りにしておきます。


以上の野菜+レトルトのスパゲッティソース 大さじ2程を、全部 一緒にして 中火にかけます。
スパゲッティソースは、トマト風味のものであれば なんでも OK。

焦がさないように 混ぜながら 水分をとばし、刻んだピーマンと ご飯を加えて もうひと混ぜ。

ノンオイルなので、冷めても べったりした感じが 軽減されます。お弁当に ぴったり。
レトルトスパゲッティソースを使った お手軽 具沢山な トマトライスは、我が家の定番です。



ご飯の 粗熱がとれたら、直径 4.5センチ程度の 小さな丸いクッキー型を使って 成形します。

クッキー型に ラップを敷き、スプーンで ご飯を きゅっと詰めて。
軽く 押さえて 形をととのえ、そっと 取り出します。



卵 1個・牛乳 大さじ1・マヨネーズ 大さじ1弱に 軽く 塩コショウをし、しっかりと 溶き混ぜます。

ティッシュ等で、極々薄く 油をぬった テフロン加工の フライパンを温めます。
トマトライスを 卵液に くぐらせ、フライパンに 並べます。くっつかないよう 間隔をあけて 。

残った卵液を スプーンで 少しずつ 上から かけて、卵が 半熟状のうちに ひっくり返します。
これを なんどか繰り返し、ご飯と 卵を なじませるようにしながら ふんわり卵に 仕上げます。

ぱらっと 粉チーズをふって 出来上がり。お好みで トマトソースを添えて。


トマトソースは レンジで 手軽に。

耐熱性のボールに、みじん切りにした 玉ねぎ 1/4個分と ニンニク 1/2片を。
ふんわりとラップをし、500Wのレンジで 2分 加熱して いったん 庫内から 取り出します。

ここに ざっくりと刻んだトマト(中1個)を 加え、ふんわりラップで 再度 2分レンジ加熱します。
トマトの皮は、お好みで むいても むかなくっても。

ここからは 水分を とばしたいので、ラップは しないで レンジ加熱していきます。

トマトケチャップと お好み焼きソース 各大さじ1・オイスターソースと ハチミツ 小さじ1を 加えます。
2分 レンジ加熱して ひと混ぜし、次いで お醤油 小さじ1を加えて 再度 2分 レンジ加熱。

後は 2分ずつ 数回 レンジ加熱→ひと混ぜ を 繰り返して、とろりと お好みのかたさに。

お好みで 塩コショウし、乾燥バジルを加えて ひと混ぜすれば 出来上がり。
用途によっては これを ハンドミキサーで ピューレ状にしたり・・・使えるソースです










主菜です。

今頃になって My畑で たわわに実る ナス。
大好きな クルミ味噌で ナス田楽に。

油と相性の良い ナス。
でも、万年ダイエッターの主人に 油を たっぷり吸収し ハイカロリー食品と化したナスを 食べさせるワケには 参りません。

なので ノンオイルの ナス田楽。
美味しいクルミ味噌で、物足りなさも 軽減。


クルミ味噌を 作ります。

クルミ 20グラムを ざっと刻んで 乾煎りします。
これを すり鉢で 丁寧にすりつぶし、お味噌と お砂糖 各大さじ1・お酒、醤油、みりん、かつおだし、白味噌 各小さじ1を 加えて ペースト状になるまで 丁寧に すり混ぜます。


ナスは、厚めに切ります。

クルミ味噌を 塗る面を 菜箸で つぶつぶと つついてから、お水に浸けて アク抜きをします。
水気を拭き取り、テフロン加工のフライパンを 中火で熱して 油をひかずに 並べ入れます。

こんがりと 焼き色がついたら ひっくり返し、お水(100CC弱ってところかな?)を 注いで すぐに ぴったりと蓋をして 蒸し焼きに。お水がなくなり 十分軟らかくなったら 取り出します。

菜箸でつついた面に くるみ味噌を 塗って、高温に熱したオーブンの 上段に。

クルミ味噌に こんがりと 焼き色がつけば 出来上がり。白ゴマをひねって 仕上げます。










副菜は 大学芋です。

ただし、当然 油は 極力 控えて。
油で揚げず、調味料を加えたら ぴったり 蓋をして仕上げる ヘルシー 且つ 楽ちんメニュー。

ほっこり かりっの 仕上がり


さつま芋は 皮つきの 乱切りにし、お水に さらします。
正味 200グラム強。

フライパンに 大きめにカットした クッキングシートを敷いて、しっかりと 水気を拭き取ったさつま芋をひろげます。お砂糖 大さじ1.5 ・ 黒蜜と ゴマ油 各大さじ1を ここに 加えて、中火にかけます。

ふつふつと 小さな泡がたってきたら、お砂糖を 煮溶かします。
ぴったり 蓋をし、少し火を弱めて 弱めの 中火に。途中 何度か ひっくり返して 10〜15分程。

蓋の水滴が お芋に 落ちないように 気をつけて。

お芋が 十分 軟らかくなっているのを確認して 火を止めます。仕上げに 黒すりゴマを たっぷり。
冷めると、ちゃんと飴の部分が ぱりっと 仕上がりますよ。










本日のスープは 栄養満点 蓮根のポタージュです。

泥だらけで 店に並ぶ蓮根からは 想像出来ない、真っ白な ポタージュ・・・もっちり 美味


蓮根は 皮をむいて 縦半分に。
薄切りにし、変色しないよう お水に浸けておきます。
正味 140グラム。

つぶしたニンニク 1片を ゴマ油で じっくりじっくり 炒め、ニンニクの 良い香りがしてきたら 薄切り玉ねぎ 1/3個分も加えて 炒めます。

玉ねぎが 透き通って ねっとりした感じになってきたら、水気を切った レンコンも加えます。

軽く炒めて 油がなじんだら、ひたひたのお水と コンソメスープの素を。
しばらく煮て、蓮根が十分軟らかくなったら 白味噌 小さじ1を煮溶かして 火を止めます。

牛乳少々を加えて ハンドミキサーで 滑らかにミキシングしたら 再度 弱火に。
牛乳で お好きな濃さにのばし、ぐらぐら 煮立たせないよう 軽く ひと煮立ちさせ 塩コショウを。





茶系の地味めな 秋の色・・・
意外と 手間は かかったのよ


小さめな 冷凍おにぎり1個で。
主食は 具沢山トマトライスで作る ライスピカタ・・・
結果 オムライス。

クルミ味噌、大好きなんです。
オイルフリーの ナス田楽を クルミ味噌で。

揚げずに作る 大学芋。
焦げたんじゃないのよ、黒ゴマなのよ。

本日のスープは、蓮根のポタージュです。

クルミ味噌が 好きです。温野菜に お豆腐に・・・とにかく 大好きです。

昔 よく 取り寄せをしていた お気に入りのクルミ味噌が あったのですが・・・
確か 信州の方だったかの 亀の絵がマークだった クルミ味噌。
ちょっと 甘めで、クルミの 食感が つぶつぶ残っていて、それは それは お気に入りでした。

連絡が とれなくなってしまって・・・今や 幻の クルミ味噌。

主人が クルミ味噌の出来を 褒めてくれる度に、『いえいえ・・・私なんざ まだまだですわ』と。
心の中で 繰り返す 私なのであります



posted by しんさん at 12:34 | Comment(4) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あぁーいいですね、金木犀。
いつもしんさんのブログで日本の季節を感じています。
そして読みながら、この手間ひまかけた愛情のこもったお弁当を召し上がるご主人が羨ましいと、
またまた、しつこくも思ってしまいました(笑)
とくにクルミ味噌のナス田楽、たまりません!私もぜひ真似させて下さい、クルミ味噌。

昨日の心温まるレス、ありがとうございます。おもはゆいです。
”知的”…それは…
それはおそらく…気のせいです(笑)
Posted by しんさんファン at 2009年10月15日 01:05
クルミ味噌・・・どぉぞ どぉぞ、是非 試してみて下さい。
お口に合うと いいんだけどな。。。

今朝は、主人が 悪寒・発熱の為 朝食なしだったので、昨日の残りのクルミ味噌に 温野菜をつけて ぽりぽりぽりぽり・・・小動物チックな 楽ちんな 朝ご飯でした。

えぇ〜っっっ・・・気ぃのせいですかぁ?

私の中では 六条御息所みたいな 女性なんだけれど、しんさんファンさんって。
あ、もちろん 変な意味でないですよ。
物静かで 教養が・・・ってことですよ。

そぉそぉ、ストーカーだなんて これっっっぽちも 思いませんよん。
村上氏ファンの女性に巡り逢えて、主人も 嬉しそう^^
ワインの話になると とまりませんよ、彼は。
Posted by しんさん→しんさんファンさんへ at 2009年10月15日 17:27
六条御息所って確か、あの化けて出る人よねえ、と思いつつウィキで調べましたら、やはりあの化けて出る人でした!笑ってしまいました。
あ、でもしんさんの意図されていた意味はわかります。
でもやはり気のせいです(笑)
残念ながら^^

ご主人にも丁寧なレスいただいちゃいました。
ありがとうございます。嬉しいです。
おすすめの本、読みたいリストに加えました!
しんさんはどんな本がお好きですか?
今度教えてくださいね。
Posted by しんさんファン at 2009年10月20日 19:11
も、も・・・もちろんですとも。

『化けて出る』 に 重きをおいたワケでは ないですよ(笑)

貴婦人中の 貴婦人、六条御息所。
教養があって 冷静で・・・素敵です←ここですよ、ここ。

自分の気持ちを 押し殺しちゃうプライドに、見え隠れする 自己防御の 女性らしさ・・・
生霊にまでなっちゃう その 情熱も、また 素敵・・・怖いけど。
あ、繰り返しますが、ここじゃぁ ないですからね、ここじゃぁ^^;

昔、学校で 読まされていた本を 今 改めて 読んでみようかなぁ・・・なんて。
今 ちょうど 本を読み終えたところなので、そんなこと 思っています。

『源氏物語』も そのひとつ。
『智恵子抄』とか 『羅生門』とか・・・今 読んだら 感じ方も 違うでしょうね、きっと。

『カモメに飛ぶことを教えた猫』は、子供も読める 簡単な本なのですが、動物たちに いっぱい 勇気をもらえました。

しんさんファンさんの 本棚には、どんな本が 並んでいるのかしら。
主人が勧める本は、ちょっと 攻撃的なモノが 多くて・・・

そぉそぉ、シフォンケーキ まだまだ 練習しますよん。
しんさんファンさんに 褒められたので、きっと ぐぅ〜んと 育つと思います。

主人は まだ 夏用のスリッパを 愛用しています。。。


Posted by しんさん→しんさんファンさんへ at 2009年10月21日 17:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。