2009年10月11日

ふたりで食べよう 栗きんとん

さて、連休 2日目です。

どんだけ 栗のネタを 連続させるんだぁぁぁっ! と 突っ込みを入れられそうですが・・・
本日も 栗の お話です。まずは どぉぞ。

栗きんとんです・・・美味しいですよね、岐阜の銘菓です。
作ってみましたよ、栗きんとん。自分で。この手で。せっせ せっせと。


根尾の伯母のお家。畑の脇に、大きな 利平栗の木が あります。
先日 行った時、小ぶりな栗を もらってきました。

ことこと煮込む 渋皮マロン
年に1回は 必ず作るも、それ以上は 作らない・・・と言うより 手間がかかるので 作れません。
何度も作れば、有難味も 薄れるってやつです。

栗ご飯は 実家の母親に 任せるとしております。
なので 今回は、栗の味を ダイレクトに堪能できる 基本中の基本・・・栗きんとんに 決定。

そりゃ 美味しいですよ。栗 そのものですもん。さつま芋とかの ごまかしナシですもん。
究極に 手間は かかりますけどね。

文明の利器である ハンドミキサー等は 使わず、敢えて 裏ごし器を使って。
やっぱりね、たまには 『簡単○○』 とかといった お手軽重視を 避けないと。

お水は 一切 加えず、栗と お砂糖だけで 作る 正真正銘の 栗きんとん・・・
この 苦労が分かれば、美味しい栗きんとんの お値段が張るのも 納得です。




皮をむいて 店頭に並んでいる栗も あります。確かに 非常に 手軽です。
でも 皮つきの栗から 丁寧に 丁寧に作る その 栗きんとんには、絶対 かないません。


栗は 大きめのボールに入れて 熱湯を まわしかけ、半日 そのまま ふやかしておきます。

そして お水から 30〜40分 ことこと・・・芯がなくなるまで しっかり 軟らかく茹でて、熱々のうちに 半分にカットします。そして、中の実を スプーンで 丁寧に 取り出します。

くり抜いた栗の実は、300グラム弱。今度は これを 頑張って 裏ごしします。
裏ごしです、絶対に。これが 美味しい栗きんとんに 仕上げるのです。

ちょっぴり お水を加えて ハンドミキサーや フードプロセッサーで・・・ってのは 感心しません。

ソファーで パソコンと にらめっこしていた主人も、裏ごしに 参入です。
裏ごし 初体験の主人・・・ご褒美に、茹でたての栗を ひとかけら。ね、美味しいでしょ?


・・・結局 妻が 頑張りましたよ、裏ごし。でも 久し振りだわ、裏ごし器 使ったの。

ほら ほら ほら・・・なんて 細かい。なんて 美しい。ふわっふわです。


ここまで来たら あと ひと踏ん張り。

くり抜いた栗の 20〜30パーセントの お砂糖を加え、練り上げます。
今回 くり抜いた栗が 292グラム・・・75グラムの お砂糖を 加えました。

お鍋に 裏ごしした栗と お砂糖を入れ 極々 弱火に。へらで 丁寧に 丁寧に 練り混ぜます。
溶けていくお砂糖を、じっくり じっくり 栗全体に ひろげるように・・・なじんで しっとりするまで。

意外と、裏ごしよりも こっちの方が 力が必要かも。


ガーゼを 2枚重ねて お水に浸し、きつく 絞ります。断然 ガーゼです。
練り上げた栗を、スプーンに 1.5〜2杯分。きゅっと 絞って 茶きんに。

記念すべき 第1号の 栗きんとん・・・ふたりで 頑張ったね、出来上がりです。

こちらは 記念すべき 主人 初の栗きんとん・・・いえいえ 主人、なかなか 上手ですことよ。





苦労して 出来上がった 栗きんとんは、『すや』さんにも 負けないくらい。素朴な 美味しさ。
ほろっと お口の中で 崩れます。

久しぶりに、実家から 持ち主である 私の手元に やってきた 裏ごし器。

裏ごしなんて作業・・・何年 いえ 何十年ぶりかしらん。
主人に 『え、今日は 片手にビールじゃないの?』 なんて 茶々を入れられながら。

ここ しばらく 忙しくって、そして 頭の中か 仕事で 飽和状態・・・なかなか 眠れなかった主人。

たまには パソコン閉じて。液晶画面から 視線を外して、素人料理の苦労を 楽しもうよ。
目の前に 出されるお料理への 愛情も、ぐぐっと 深まるから


posted by しんさん at 07:27 | Comment(0) | たまぁ〜に作る凝ったお料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。