2009年09月22日

くるみざくざくコーヒータルト

・・・秋ですねぇ。そりゃ そぉですよねぇ、明日は 秋分の日ですものねぇ。

再三 申しておりますが、秋になると 無性に 体が 木の実を 欲します。
そこで、本日は 朝から こんなん 作ってみました

さっくさくの タルト生地に、ざっくざくの くるみが たっぷりです。
コーヒーの香りが 懐かしくなる この季節・・・コーヒーと くるみの タルトを 作ってみました。

お砂糖は、くるみと コーヒーの風味を 上手く つないでくれそうな 三温糖を 使って。
三温糖の コクと 独特の風味が、なんとも 奥深い 仕上がりに 一役かってくれています。

秋を 満喫するのに ぴったりな 本日の 我が家の おやつ、くるみとコーヒーの タルト。
おから不使用の 普通のケーキ・・・久しぶりなので、わくわくの ドキドキです。




直径15センチのタルト型に 1個分。型には、ハケで丁寧に 溶かしバターを ぬっておきます。
くるみとコーヒーの フィリングは ちょっと 多めですが、材料的に このくらいが 作りやすいので。

くるみ(140グラム)は、200度に 予熱したオーブンに ひろげて 5分程。
軽く ローストしておきます。



まずは、タルト生地を。

室温に 戻しておいた 無塩バター(50グラム)を 泡立て器で クリーム状にします。

ここに 三温糖(30グラム)を 加えて しっかりと すり混ぜ、更に よく 溶きほぐした卵を 少量ずつ 様子をみながら 1/2個分 加えて 滑らかになるまで 丁寧に 混ぜ合わせます。


ふるった薄力粉(125グラム)を ここに 加え、練らないよう さっくりと 合わせます。

ゴムべらに 持ち替えて、根気よく 底から返す→全体を 切るように 混ぜ込む・・・を 繰り返し、生地が まとまってきたら ひとかたまりにして ラップで 包んで 冷蔵庫へ。約1時間 生地を ねかせます。



生地が 十分に冷えたら、上下 2枚の ラップで挟んで すばやく めん棒で タルト型より ひとまわり 大きな 円形に のばします。せっかく 冷えた生地が ダレないよう 素早く 素早く。

上側のラップを そっと はがして バターをぬった型に 敷き込み、はみ出た生地を めん棒を 型の上から 転がして 切り落としてから もう一方の ラップも そっと 取り除きます。

底を 数ヶ所 フォークで さして ピケし、180度に 予熱したオーブンで 15分程。
軽く 焼き色がつく程度に 焼き、粗熱を とります。





コーヒーと くるみの フィリングに 参ります。

インスタントコーヒー(大さじ2)・熱湯(大さじ2)を よく 溶き混ぜ、三温糖(60グラム)・溶きほぐした卵(3個分)を 順に加えて その都度 しっかりと 泡立て器で 混ぜ合わせます。

全体が もったりとした感じになるまで しっかりと 混ぜ合わせたら、無塩の溶かしバター(50グラム)と ミルクジャム(45グラム)を 合わせて ここに 加え、滑らかに 混ぜ合わせます。

最後に ざっくりと 刻んだローストくるみを 加えて 混ぜ、粗熱のとれた タルト生地に あふれ出ないよう 流し込んで 180度に 予熱した オーブンへ。25〜30分程 焼きます。

ミルクジャムを 使用していますが、メープルシロップ・ハチミツ・水飴・・・お好きなもので。
軟らかな フィリングにしたいので、粉状の甘味でなく とろりとしたタイプを 使っています。

焼き上がったら 熱々のうちに ハケで カルーアリキュール(大さじ2程)を 叩くように たっぷり しみ込ませて 仕上げます。しっかり 冷まして 型から 外して 切り分けます。





こぉして 完成した、本日の おやつ 兼 軽い 昼食。コーヒーと 香ばしい クルミの香り・・・
濃いめにいれた コーヒーを お供に、カウンターで のんびり 試食。

いつぞや 作った さつま芋のアイスクリームを たっぷりと添えて・・・
どこかに行く予定も そのつもりもない シルバーウィークは、お家カフェで のんびり のんびり。





こぉして、予言通り 自宅から 10キロ以内の範囲で ほそぼそと 過ごす連休。
テレビを見て、のんびり料理をし、そして なぜだか 夕食は 外で簡単に 済ます・・・って 毎日。

昨日は、毎年 非常に 楽しみにしている ロボコン・・・『ABUアジア・太平洋ロボットコンテスト』 の この日の放送を、何日も前から カレンダーに 印をつけて 心待ちにしておりました。

ち、中国チーム・・・すっっっげぇ〜っ!
なんだ あの 敏捷な動き、そぃでもって 太鼓の 叩き方、面白ぉ〜っ!

そして、今日は 昨日から 3夜連続放送の 『白州次郎。』

暇じゃぁ ありませんよ、ドキドキ わくわくの 連続です。遊びじゃぁ ないですよ、真剣ですよ。
ここまで テレビに 集中出来る 自分達を、私 心底 すごいと 思っております





おまけ

切り落とした タルト生地で・・・久しぶりに クッキーなんぞ。

余った フィリングは、ナビスコ プレミアムを 底に 敷き詰めた ココット皿で・・・

・・・これで 主人に 痩せろったぁ 無理な 注文ですってモンですよ、あぁた



posted by しんさん at 13:44 | Comment(4) | お弁当以外のお料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しんさんしんさん、遅くなりました。
絶対作ると決めてから、かなりたっちゃってますが、まねっこさせてもらったので、トラックバックも付けちゃいました。

しんさんみたいに上手にできなかったけど、おいしかったです^^

(最近コメントしてないけど毎日チェックしてます♪)
Posted by 松 at 2009年10月14日 20:39
松さん、見ましたよん♪

糖質制限に重点を置いて、なんでも作っちゃう松さんって やっぱり すごいっ!
しかも 無理せず お家にあるもので。

松さんが 私の 拙い料理を アレンジしてくださるのって、すっごく 嬉しいです。

松さんのブログにお邪魔するようになってから、私も 色々と 見方が変わりました。
今まで その存在すら 知らなかった食材も いっぱい 教わったし・・・勉強になります。

そぉそぉ、ミルクジャム・・・昔 レシピを 伝授して頂いてから 気になっていたの。
この間、すっごく詳しく UPしていただいたので 熟読してしまいました^^

もちろん、私も 毎日 チェックしていますよん。
Posted by しんさん→松さんへ at 2009年10月15日 17:08
はじめまして、こんばんわ。
コーヒータルト作ってみようと思うのですが
ミルクジャムって絶対必要ですか?
入れないと苦すぎる、てことになったりするのでしょうか?
Posted by かえで at 2010年02月12日 20:53
初めまして、かえでさん。

ミルクジャムは、たまたまお家に 賞味期限ぎりぎりのがあったので使っただけ。
なので 問題ないですよ、他の甘味料で大丈夫です^^

ただ、フィリングの甘味がブラウンシュガーだけだと このフィリングの特徴でもある やわらかな感じがなくなってしまうかと・・・
何か 液状の甘味をプラスすることをお勧めします、ハチミツや水飴 練乳 メープルシロップとか。
コーヒーと相性の良いジャムなんかや、市販のチョコレートシロップなんかでも面白いかも・・・

申し訳ありません、実際 試したことがないので あくまでも想像ですが・・・
でも 大丈夫!ミルクジャムでなくとも きっと別の美味しさが誕生するハズです。

これからも 遊びにきて下さいね。
Posted by しんさん→かえでさんへ at 2010年02月13日 06:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。