2009年08月28日

黒蜜生姜とりんごの アップサイドダウンケーキ

昨日は、とっても 素敵な デートを しました。

結婚して、最初に 主人と 住んだ 1LDKの 小さな アパート。
その すぐ 近く・・・私の のろまな 足で 歩いても 2分程の所に 小さな ビストロが ありました。
そして 私達が 今の マンションに 引越しをした 同じ頃、その ビストロも お店を 閉めました。

今は、結婚式も 挙げられる 大きな お店の シェフとして その 腕を 揮っていらっしゃる彼。
いくつもの 幸運と 偶然が 重なった 昨日。
私達 夫婦 ふたりだけの為に、彼が 懐かしい スペシャリテを 披露してくれました。

まだまだ 気持ちが ほんわり しています。やっぱり お料理は、味は もちろん。言うまでもなく。
でも 最後は 『人』 だなって。作る側の人達と 食べる私達の つながりだなって。


さて、いちばん 身近な ところで つながっているのが お家の ご飯。そこで 我が家の お弁当。
食べる 主人の お腹まわりを、誰よりも 親身になって 考えて 作った 本日の 主食です

久しぶりの 『お菓子が 主食』 な お弁当・・・りんごの アップサイドダウンケーキです。
我が家の アップサイドダウンケーキですもの。もちろん 生地は おからが たっぷり。

たっぷりと 敷き詰めた りんご・・・ずいぶん 日焼けしております。
これは りんごを 黒蜜で カラメリゼしたから。
黒蜜も ちょっと ひと手間かけて・・・生姜を たっぷりと 浸け込んだものを 使っております。

りんごと 黒蜜生姜が たっぷりの ヘルシーな アップサイドダウンケーキ。
主人の 健康に 良し、私の 美容に 良し・・・本日の 我が家の お弁当、主食で ございます。










りんごを 煮た フライパンを 洗わず、そのまま 生地を 流して 仕上げます。オーブンは 不使用。
フライパンが 大きいので、15センチ四方の 正方形 セルクル型を 使って焼きます。


りんごは たっぷり 1個 使用。綺麗に 洗って 皮つきのまま 4等分して 芯を 取り、薄切りに 。
フライパンを 熱して バター 10グラムを 溶かして りんごを さっと 炒めます。
バターが 全体に なじんだら 黒蜜 大さじ2を 加え、しんなりして 水分が とぶまで 炒めます。
前述の 通り、黒蜜には たっぷりの 生姜を 浸け込んであります。生姜も 一緒に。

火を止めて シナモンを たっぷりと ふって ひと混ぜし、端の方に 寄せて おきます。



おからは 150グラム。レンジOKの ボールに入れて、500Wの レンジで ラップを しないで 3分 加熱→泡立て器で しっかり ほぐして もういちど 3分 加熱して 再度 泡立て器で ほぐして 冷まします。いつもより 量が 多いので 加熱時間は ちょっと 多めです。

さらさらのおからに ホットケーキミックス 50グラムを 加えて 泡立て器で 混ぜ合わせ、更に 充填豆腐 50グラムを つぶしながら 混ぜ込みます。

別ボールに 卵 1個を 溶きほぐし、牛乳 90グラム・ヨーグルト 60グラム・お砂糖と グランマニエ 各大さじ1を 加えて よく 混ぜ合わせ、おからの ボールと 合わせます。

かなり どっしりとした かための 生地です。


りんごを 炒めた フライパンに セルクル型を おいて、パラフィン紙を 側面に ぴったり 貼ります。
びっしりと 隙間の ないように りんごを 敷き詰めて 生姜を 散らし、生地を 流し込みます。
・・・流し込むって 言うよりは、ぼてっと 落として ゴムべらで 表面を 平らに ならすって 感じで。

フライパンごと 数回 底を 打ちつけて 空気抜きをして、ぴったりと 蓋を して 弱火に かけます。


とっても 焦げやすいので、極力 弱火の中の 弱火で。ここ 重要です
蓋に 蒸気が ついていたら、様子を 見がてら こまめに 水気を 拭き取り 表面が 乾くまで・・・
表面が 乾いてきたら 蓋を 外し、更に 弱火の中の 弱火で 焼き上げます。

表面を 押さえてみて 弾力が あり、串を さしてみて 生の 生地が ついてこなければ OK。
セルクル型の 上に 平らな お皿を かぶせて 一気に ひっくり返し、型を 外します。

パラフィン紙を 取り除き、冷めたら 切り分けて 出来上がり










主菜は、イワシと キャベツの トマト煮込みです。

イワシは 市販の 甘露煮。
今週の 朝食用に 毎朝 1匹ずつ 食べていたもの。

トマトと シイタケの 水分だけで、お水を 加えずに 仕上げます。


キャベツは 芯の部分を つけたまま、切り離さないように くし型に。
大きく がっつり 切りましょう。

お鍋の 真ん中に キャベツを ぎゅっと 並べ、周囲に ざく切りトマトと 楯半分に 切った シイタケを 敷き詰め、その上に 薄切り 玉ねぎを たっぷり・・・これを 弱めの 中火に かけます。

しばらくすると 水分が じわじわ 上がってきます。トマトを 軽く つぶしながら 水気を 促します。

水分が 十分に 出てきたら 薄切りニンニク・刻んだ鷹の爪・オイスターソース 大さじ1/2・お醤油 小さじ1・顆粒の鰹だし 小さじ1/2を 加えます。
途中 キャベツを 数回 ひっくり返しながら 煮て、水分が 殆ど なくなったら イワシの 甘露煮を。

さっと 温める程度に 軽く 煮て、出来上がりです。










副菜は 黒豆と ナスの サラダです。


黒豆は 前日 たっぷりの お水に 浸けておいて、朝 いちばんで 中火に かけます。
煮立ったら 火を 弱め、途中 アクを すくいながら ことこと ことこと 軟らかくなるまで。

お水が 少なくなったら 足して、常に 黒豆が お水に 浸かっている状態を キープして ふっくら 茹で上げます。

茹で上がったら ザルに あけ、水切りを。


ナス 2本は 1センチ角の さいの目に 切り、たっぷりの お水に しばらく 浸けて アク抜きをします。

しっかり 水切りをして レンジOKの ボールに 移し、オリーブオイル 大さじ2・お塩 少々・刻んだ鷹の爪・みじん切りにしたニンニクを 加えて ひと混ぜし、ラップを しないで 500Wの レンジで 7分。
途中 3〜4回 庫内から 取り出して 全体を 混ぜながら、レンジ加熱します。

ここに 黒豆を 加えて 混ぜ、たっぷりと 挽きたての 黒コショウを ふって 出来上がり。
味を みて 薄いようなら お塩を 少々・・・シンプルな お料理なので、良い 調味料を 使って










本日のスープは、トマトっ!と 思いきや・・・人参
人参と クリームチーズの 冷製ポタージュです。

これ、美味しぃっ


人参 1本を 薄切りにし 軽く レンジ加熱しておきます。


つぶした ニンニク 1片を オリーブオイルで じっくり じっくり 炒め、ニンニクの 良い香りが してきたら 薄切り玉ねぎ 1/3個分も ここに 加えて 透き通るまで 炒めます。

レンジ加熱した 人参・薄切り じゃが芋(小1個分)・ひたひたの お水を 加えて コンソメスープの素を 煮溶かし、人参が 十分に 軟らかくなったら 白味噌 小さじ1を 加えて 火を 止めます。

クリームチーズ 50グラムと 牛乳 少々を 加えて、ハンドミキサーで なめらかに 攪拌します。

濃いようなら 牛乳で お好みの 濃さに のばし、塩コショウして 出来上がり。
しっかり 冷やして どぉぞ





主人、あなたを 想って 作ったの
ヘルシー食材 もりもりなの


たっぷりの おからに お豆腐・・・そして 黒蜜 生姜 りんご。
美容と 健康に がつんと 効きそうな アップサイドダウンケーキが 主食です。

トマトの 水分だけで ことこと 煮た、大きめキャベツ。
大きかったハズの キャベツは 煮込んで 煮込んで 小さな ナリに。

黒豆と ナスの サラダ。
オリーブオイルと 黒食品・・・主人 美人さんに なるよ、絶対。

本日の スープは、人参と クリームチーズの 冷製ポタージュです。

黒豆・・・これも 我が家に おいては、非常に 登場頻度の 高い 食材です。

『豆は 下茹でが 大変だから・・・』 と 敬遠するなかれ。
茹で豆を 買うってのも ひとつの 手段ですが、やっぱり お家で 茹でた豆類は 美味だもの。

前日 お鍋に たっぷりの お水を はって、洗った 豆を 浸けて 冷蔵庫に。
そのまま お鍋を 朝いちばんで 火にかけて、窓を 開けたり 野菜室から 野菜を 取り出したり・・・
そうこう している間に、ひよこ豆や 大豆なら 軟らかく 茹であがります。
ちょっと 時間が かかる 黒豆だって、何か 別の ことを しながら ちょこちょこ 様子を 見ていれば 良いのですから 楽なもの・・・だと 思うのです、のん気な 私は

そぉそぉ。
黒豆を 茹でる上で 忘れちゃ いけないのが その 茹で汁。

飲みますよ、全部。今朝も ザルに あげておいた 黒豆の 煮汁 コップ1杯、ぐいっと。
黒いものって 美容に 良いって いうじゃぁないですか。ひとり占めですよ、私だけで。

お料理は 人との つながり・・・相手を 思って お料理するのが いちばん・・・
えぇえぇ、その 考え方は 変わりませんよ、今までだって これからだって。

でもね、美容に 良いとなると 別の お話なの。分かってね、主人。
毎日の 積み重ねが 美への 近道なの。黒豆の 煮汁は 私だけで 飲ませてね



posted by しんさん at 12:46 | Comment(2) | お弁当日記 おからを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しんさん、こんにちは。
ここのところPC離れしていた&しているので
数日分の記事をまとめて拝見させていただいています。
照りっ照りの手羽先、もぐもぐ頬ばってみたい。
りんご、お豆腐、黒蜜、生姜と私の大好きなものでできているケーキ、
お昼まで待てずに一切れこっそり食べてしまいそう。
ご主人は本当にラッキーですね!

ところで叔母様、かぼちゃは楽しまれたのでしょうか?
早く良くなられますように。
Posted by しんさんファン at 2009年08月30日 00:08
おはようございます。

お久しぶりの コメント・・・あぁ、やっぱり 嬉しいっ!
ぶるぶるっと エネルギーチャージさせて いただきましたぁっ!

PC離れ、必要ですよね。PC疲れしちゃいますもの。
って 私が 言うのも ナンですか?(笑)


黒蜜と 生姜の 組み合わせって 良いですよね。
ちょっと お婆ちゃんの おやつみたいな ところが、また 良しとするところ。

『病院の お粥さんは 美味しい』 だの 『朝から 旦那が 焼きそばを 作ってくれた』 だのと・・・
病気療養中の 叔母からは、そんな メールばかりが 届きます。

きっと 全快するのも 間もなくでしょう・・・ありがとうございます、しんさんファンさん^^
Posted by しんさん→しんさんファンさんへ at 2009年08月30日 06:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。