2009年08月25日

もち米ロールキャベツ

あら、早くも 夏バテかしら・・・の 昨日の ダルさも 吹っ飛び、すっきり 爽快な 朝です。
クーラーLoveの 主人。どぉやら 彼の クーラー 乱使用による クーラー負けだった 様子。

自然の 風を そよそよと 寝室に 通し、ぐっすりと 眠ったら 目覚めの 良いこと 良いこと・・・
そんな 上機嫌の 本日 火曜日。我が家の お弁当、主食は こちら。

ロールキャベツです

中には、挽肉の 代わりに ビンで たたいた ソーセージ、そして もち米。
普通の ご飯より もっちり もちもちの その 食感は、主食としても 十分な 食べごたえ。

トマトと その他の 野菜からでる 水分だけで、ことこと 煮込んだ ロールキャベツ。
これなら ダイエッターさんも 満足でしょ?野菜も たっぷりで 私も 満足。

本日の 我が家の お弁当。
主食は、『野菜だけで 煮込んだ、もち米の ヘルシーロールキャベツ』 で ございます。










もち米は 1/4合。前日に 洗って たっぷりの お水に 浸けておきます。朝 いちばんで ザルに。


ちょっと 小ぶりな キャベツ。葉っぱを 3枚 使って、丁度 ふたり分に ぴったり。
破らないよう そっと 葉っぱを はがし、ふんわり ラップをして しんなりする程度に レンジ加熱。
ザルに ひろげて 冷まし、芯の 分厚い部分を ビンの底で たたいて やわらかく しておきます。

水切りを した もち米・刻んだ シイタケ・ビンの底で たたきつぶした ソーセージ・面取り人参の 切れっ端を ざっと 混ぜ合わせ、キャベツの 葉っぱの 部分に こんもりと 盛ります。
この上に ソーセージを 1本。


手前から 真ん中 辺りまで 巻き、途中 片方の 端を 内側に 折り込んで 最後まで 巻き切ります。
もう片方の 端を、煮込んでいる 途中 ほどけないように きっちりと 中に ねじ込めて、巻き終わりを 下にして 3つ 並べて お鍋の 中央に。

ロールキャベツの 周りに、隙間を 埋めるようにしながら  たっぷりの 野菜を。

人参は 面取りを して 軽く レンジ加熱して。しめじは 石突きを 取って 小房に 分けます。
トマトは 特大サイズ 1個・・・たっぷりを ざく切りにして。皮つきのままで 平気ですよ
1個だけ 健気に 実っていた ピーマンも、半分に 切って 加えます。


キャベツの 上には、薄切り玉ねぎ・つぶした ニンニク・小口切りにした 鷹の爪を。



ローリエの 葉っぱを 1枚 ここに 加え、ぴったりと 蓋をして 中火に かけます。

じんわり 水分が 出てきたら 弱火にし、お鍋を 傾け コンソメスープの素 1個を 煮溶かします。
軟らかくなった トマトを 箸で つぶすように しながら、蓋をして ことこと ことこと・・・
途中、出来そうなら キャベツを 上下 ひっくり返して 十分に 煮汁を 含ませます。

トマトの 形が すっかりと なくなり、煮汁が ほとんど なくなったら 軽く 塩コショウを。
蓋をして そのまま 冷めるまで 蒸らし、半分〜3等分します。

ピューレ状になった トマト・たっぷり 野菜と一緒に さぁ 召し上がれ。美味しいですよ










今日も 夏野菜たっぷりの ふた品です。
煮込み料理は、その間 色々なことが 出来るので 大好き。

ひとつめは ナスの チーズ田楽。

ちょっと 甘めの お味噌と エメンタールチーズを のせて。
ひと口サイズの 愛らしい ナス田楽です。




ナスは ヘタを 切り取り、縦4等分して しばらく お水に浸けて アク抜きを。
ふんわりラップをして 500Wの レンジで 4分 加熱し、すぐ ザルに 重ならないように ひろげて 色どめを します。こうすれば、レンジ加熱でも 綺麗な ナス色が 楽しめます

鉄板の上に アルミホイルと クッキングシートを 重ねて 敷き、この上に ナスを くるくるっと 巻いて 並べます。ナスで、カップを 作る感じで。

白味噌 合わせ味噌 お砂糖 各大さじ1・お酒 みりん 各大さじ1/2を 混ぜ合わせ、ナスの 中央に スプーンで そっと・・・この 上に 薄切りにした エメンタールチーズを。

250度に 予熱した オーブンの 上段に 入れて、10分程。
チーズが とろりと 溶ければ OK。お好みで ラー油を ほんの少量 たらして 出来上がり。










夏野菜 もう ひと品は、ふわふわ卵を たっぷり まとった ゴーヤの ピカタです。

実家の ゴーヤ。
キンモクセイの木に びっしりと 巻きついて、その姿 クリスマスツリーのよう

まだまだ 美味しい ゴーヤを 食べさせてくれそうです。



ゴーヤは 先ず 5センチ程に 切って、種とワタを 細い スプーンで 丁寧に かき出します。
これを 厚さ 5ミリ程の 薄切りに。
ティッシュ等で 極々 薄く 油を ひいた フライパンで 両面 さっと 焼きます。

卵1個・マヨネーズ 大さじ1・シイタケの みじん切りを しっかりと 混ぜ合わせて 塩コショウを。
ゴーヤの 上に スプーンで ふんわり のせ、綺麗な 焼き色が ついたら ひっくり返します。

小さな ゴーヤは、ふたつ みっつ 卵で まとめても 可愛い 仕上がりに なりますよ。
マヨネーズ入りの 卵液は、もったりとするので 扱いやすいのです。カロリーは 気になるけどね。










本日の スープです。

さぁ、使い切ったぞっ!と 思っていた キュウリ。
先日の 畑で まだまだ 元気に 実っておりました。

キュウリの 冷たい ポタージュ。
・・・なのですが、いつもとは ちょっと 作り方を 変えて。
油不使用、ロールキャベツの 後の お鍋で 蒸してみました。



お鍋も 綺麗になる上に ヘルシー・・・一石二鳥な きゅうりの ポタージュは ホンとに 簡単。

ロールキャベツの 後・・・トマトの こびり付きが 気になるお鍋に、材料を じゃんじゃん 放り込んで ぴったりと 蓋をし 弱めの 中火に かけます。
包丁で たたきつぶした ニンニク・玉ねぎ・皮をむいた きゅうり・小さめの じゃが芋・・・
火が 通りやすいよう、野菜は 薄切りに。

湯気が 立ってきたら 弱火にし、お酒 白ゴマ 各大さじ1・顆粒の 鰹だし 小さじ1・ウェイパー 小さじ1/2を 加え、ぴったり 蓋を。
野菜から出る 水分で 蒸し焼き状態にし、じゃが芋が 軟らかく なるまで。

火を とめる 直前に 白味噌 小さじ1を 加え、牛乳 少々を 加えて ハンドミキサーで 滑らかに ミキシングします。

濃いようなら 牛乳で お好きな濃さに のばして 弱火にかけて ひと煮立ち。
味をみて 薄ければ 昆布茶を 少々・・・お昼まで 冷蔵庫に入れて しっかり冷やして さぁどぉぞ。





なんとなく 秋の 気配・・・
でも お弁当は 夏 まっ盛り


ボリューム満点の ロールキャベツに、主人は 大喜び。
油 不使用、炭水化物 ほんの わずか・・・妻の ダイエッター料理、上達しました。

夏野菜たっぷりの ふた品。
ナスの チーズ田楽と、ゴーヤの ピカタ。

そして、本日の スープは、きゅうりの 冷たいポタージュ。
お鍋も 綺麗になって カロリーも オフ・・・しかも 美味しいんですよ、これ。

『キャベツ』 だなんて この時期・・・
旬野菜の 消費に 追われる 我が家においては 非常に 珍しい 野菜です。

先日 お土産に 頂いた 富士宮焼きそば・・・日曜日に キャベツを たっぷり入れて 初めての 『富士宮焼きそば』 を 楽しみました。その 名残りです。焼きそば 大好きっ!

そぉ言えば 結婚前。実家で 母親と 生活していた頃。
ロールキャベツを 作りたくても 作れなかった、ほんのり 切ない 思い出が・・・

我が 母親は、非常に 大胆な 性格で あります。

彼女が 手にした ネギは、まっぷたつに ばっきり 折られて 冷蔵庫へ。
いや、スーパーから 持って帰ってくる 時点で まっぷたつに なってたなぁ。

丸ごと 買った キャベツは、そぉするのが 昔からの 家訓で あるかのように 包丁で まっぷたつ。
ロールキャベツでも 作ろぉかなぁ・・・と 野菜室を 覗いた時には 時 すでに 遅し。
丸ごと キャベツを 見かけたら、インデックスに 『切らないで』と 書いて 貼っておくのが ルール。

本能で まっぷたつに してしまうようです、母は・・・キャベツに 恨みでも あるんでしょうか



posted by しんさん at 13:11 | Comment(2) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます(^^)/
ロールキャベツ美味しそうだよぉ〜!!
もちもちの食感のロールキャベツ食べてみたいっ!!
なすのチーズ田楽もかわいいですね♪

体調戻ったんですね^^
大丈夫かなって心配してたの。
何でもなくてよかったよかった♪

この夏は甘酒アイスのおかげで夏バテ知らず^^
しんさんのおかげ。
ありがとう〜(^^)
Posted by ひがたん at 2009年08月26日 05:12
またまたぁ、ひがたん・・・ほろっと くるよな コメントを。
甘酒、お役に立てて ホンと 嬉しいです。こちらこそ、ありがとぉ〜。

ひがたんちの 食卓・・・毎日 上がり込んでいますよん^^

『かまどちゃん』ホンと 可愛い。
お風呂に 浸かりながら ふと 口ずさんでいます。

ついでに、全 シリーズ 見てみました。
『万蔵編』で 最後 ちらりと 写る ちびっ子は、大好きな 萬斎さまかしらん♪

そぉそぉ・・・帰省中の ダグラスさんの 記事、素敵ですね。
なんだか ひがたん宛ての ラブレターを こっそり 覗いているような 気分に なりました☆

早く 悪しき発作が 大人しくなってくれること お祈りしています・・・またね、ひがたん。
Posted by しんさん→ひがたんへ at 2009年08月26日 13:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。