2009年07月16日

塩キャラメル風味 クリームチーズのラスク

先週の 我が家の お弁当。主食となった 黒ゴマ食パンのラスク 2種
レモン風味の クリームチーズ味・ハチミツマーガリン味に 続く、本日 3つめの ラスクは・・・

ほんのり 塩気をきかせた 塩キャラメルと、クリームチーズを 合わせてみました

さっくさくの 黒ゴマ食パンに、ちょっと 塩気のきいたキャラメル&クリームチーズ。
ちょっと ちょっとぉ。これ 美味しいんですよ、ホンと。手前味噌ですけど、これ いいっっっ!


難点と言えば、ラスクが 細くって 壊れやすくって・・・クリームチーズを ぬるのが、手間なこと。

基本が、あるもの料理の 我が家・・・
冷凍庫に 眠っていたのが、黒ゴマ食パンでなく バゲットだったら もっと 楽ちんだったのに

あ、それと 『塩キャラメル』 に したのは、流行にのったワケでも 小粋にキメたワケでもなく・・・
単に 『いも床』 消費の為。塩キャラメルの塩気は、『いも床』 の 塩気なのであります。

本日の 我が家の お弁当。
主食は、『早く とっとと 使い切りたい いも床と、冷凍黒ゴマ食パンで 作る、塩キャラメル&クリームチーズの マーブルラスク』 で ございます・・・長いってば。










黒ゴマ食パンは 厚さ 5〜8ミリに カットして、クッキングシートを 敷いた 鉄板の上に 並べます。
1枚の 食パン、13〜15等分程の 厚さです。

これを、150度に 予熱した オーブンの上段で 10分・・・かりっと 焼いて おきます。



クリームチーズは 室温に戻して おきます。
食パン 2枚で、100グラム程。


軟らかくなった クリームチーズに、グランマニエ小さじ1・バニラエッセンス少量を加え、泡立て器で クリーム状になるまで、しっかりと 混ぜ合わせておきます。





『いも床』 使用の、塩キャラメルを 作ります。

お砂糖 30グラム・お水 小さじ2を お鍋に入れて、中火に かけます。
かき混ぜないよう お鍋を ゆぅ〜っくりと まわしながら、お砂糖を 溶かしていきます。

お砂糖が すっかり溶けたら、お鍋を 動かさないようにして  ふつふつと 泡が立ってくるまで。

そして ほんの少し 周囲が 色づいてきたら、均一に 色付くよう そっと お鍋を まわしながら 全体が ほんのり 色付くまで 少し 煮詰めて 火から おろます。
ここに 牛乳 100CCを 一気に じゅっと 加えます。とぶので 気をつけて・・・


お鍋の底に たまった お砂糖の固まりを 溶かすようにしながら、再度 弱めの 中火にかけます。
絶えず そっと かき混ぜながら・・・とろみがついて キャラメル状になるまで。

結構 時間が かかります。20分 くらいかな?
とろみがついてきたら 色付き過ぎないように 気をつけて・・・とろみがついてからは あっという間。


いも床 小さじ1/2を加えて かき混ぜ、粗熱がとれたら クリームチーズに 混ぜ込みます。


これを かりっと焼いた 食パンにぬり、同じく 150度に 予熱した オーブンへ。
上段で 10〜15分・・・さくさくラスクの 出来上がりです。










クリームチーズたっぷりの ラスクは、万年ダイエッターさんには あるまじき主食。

なので、おかずは こんにゃくメイン。

こんにゃくと 大根おろし。
あっさりした組み合わせに、黒コショウを たっぷりと きかせてみました。



板こんにゃく 1枚は、両面を グーで えいえいっと 数回 殴り(?)、水分を 出してから 一口サイズに 手で ちぎって お塩で 揉みます。
お塩を さっと 洗い流し、熱湯で 軽く茹でて ざるにあげて 水気を 切ります。これで 下準備完了

これを お鍋にいれ、オイル入りの ドレッシングを 加えて 水分が なくなるまで 炒りつけます。
途中で 細切りにした シイタケも・・・

茹でて 輪切りにしたオクラと 大根おろしを加え、黒コショウを たっぷり ふって 出来上がり。

大根おろしは ざるにあけて そのまま しばらくおき、自然に 水気を切ってから 加えます。
冷蔵庫の中に いつまでも 残っていた ドレッシング・・・めでたく なくなりました











もうひと品は、カボチャのサラダ・・・もちろん 主人の大好きな マヨネーズは 不使用ですよ。



カボチャは 適当に 皮をむいて、2センチ程の 角切りにして レンジ加熱します。

これを ざるにあけ、水分を しっかりと とばします。


ボールに カボチャを入れて ざっと 粗くつぶしてから、みじん切りの玉ねぎ・ヨーグルト・塩コショウ・たっぷりの ナツメグで 味付けを。

加えた野菜は、レンジ加熱した人参・ざっと 刻んだ ほんのり塩味付きの 茹でピーナッツ。










本日のスープです。

暑い日が続きます・・・
この季節 やっぱ冷たいスープが 嬉しいもの。

ほんのり甘い コンソメスープに、夏野菜をたっぷり。

レモンバームで 風味づけした ゆるめの ジュレ、冷製 コンソメスープです。



コンソメスープとは言い、これでもかっ!の 具沢山・・・もりもり食べて 土用を 乗り切らないと。

オリーブオイルで 薄切り玉ねぎ(1/4個分)を じっくりじっくり 炒めます。
玉ねぎが 透き通って ねっとりした感じになってきたら、お水 350CCと コンソメスープの素1個・ハチミツ 大さじ1を加え しばらく煮て 火を止めます。

お玉 1杯分のスープを 別容器に とり、ここに 粉ゼラチン 3グラムを ふり入れ 溶かします。

お鍋の スープに 湯むきした ざく切りトマトを加えて 冷まし、きゅうり・レモンバーム・レモン汁・ゼラチン液を 加えて 塩コショウします。

きゅうりは 薄切りにして 塩で 軽く揉み、しんなりしたら 塩気を 洗い ぎゅっと絞って。

お昼まで 冷蔵庫に・・・食べる頃には、ほんのりとろみの 冷たいスープの 出来上がり。





黒ゴマ食パン・ドレッシング・いも床・・・
使い切りたい食材 たっぷり使って


主食は、黒ゴマ食パンで作る スティックラスク 第2段。
3つめの味は、塩キャラメル風味の クリームチーズラスクです。

ヘルシーな こんにゃくと 大根おろしの組み合わせは、黒コショウで 仕上げを。
カボチャのサラダも、マヨネーズなしで ダイエッターさん仕様に。

本日のスープは、レモンバームが たっぷり・・・
夏野菜もりもりの 冷たい コンソメスープです。ゼラチンで とろみを。

去年までは この季節・・・お茶も お水も、きんきんに 冷えたものを 飲んでいた主人。
今年は ちょっと大人になって ウォーターサーバーも 電源を抜き、飲むお水は いつも 常温。

ただ、麦茶だけは きんきんに 冷えたものでないと ご機嫌 斜め。
こればっかりは しかたがないか・・・夏の 風物詩だもんね 麦茶は。

ところでさぁ・・・知ってる?我が家の 麦茶。
そんな 冷たい 麦茶好きの あなたの為・・・昔ながらの 麦粒を 煮出して作る 麦茶なんだよ。

毎年 最初の 数回。ぶわっと 吹きこぼれさせちゃう 麦茶・・・今年も、ようやく カンを取り戻しました。
自分では めったに 飲まないのにね、私ってば



posted by しんさん at 12:27 | Comment(2) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいしそ〜(〃▽〃

キャラメルは食べれないけどすっごくおいしそうです〜。
クリームチーズにメープルフレーバー使ってみようかな。

そうそう、生キャラメルとはちょっと違うと思うけど、コンデンスミルク(練乳だよね?)の缶ごとお湯に入れて、ぐつぐつと3時間ほど煮込むと、キャラメルクリームというか生キャラメルもどきができるんだって〜。
必ず冷めてからふたを開けないといけないらしいけど。

すごーく作ってみたかったけど、今の私には無理なので、あきらめてるんだ。

ストーブの時期に覚えてたらやってみてね^^
Posted by at 2009年07月16日 21:31
こんにちは、松さん。

へぇ〜っっっ!
コンデンスミルクで 生キャラメルもどき・・・初耳♪

絶対 絶対 冬になったら やってみるんだっ!
忘れちゃうといけないから、ストーブを 片付けてある段ボールに 『コンデンスミルク缶・生キャラメル・冷めてから蓋』とかって書いて 貼っておこうかしらん・・・

クリームチーズに メープルフレイバー。
なんて魅惑的・・・
Posted by しんさん→松さんへ at 2009年07月17日 13:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。