2009年07月01日

ほぼ野菜♪のチヂミ風

朝から むしむし 暑いです、岐阜地方。いよいよ 7月に なりました。夏です。夏野菜です

本日の 我が家の お弁当は、昨日に引き続き 『空心菜』 を たっぷりと使っての 主食です。

昨日は、『空心菜』 を いちばん美味しく食べられる ニンニク風味の ゴマ油炒めでした。
本日は、韓国海苔を たっぷり使って、『空心菜』 たっぷりの チヂミ風に。

薄く薄く ぱりっと焼いた皮に、たっぷりの 『空心菜』・・・『空心菜』 の栄養、まるっと頂きです。
お好み焼きより うんとこさ 使う粉類も少ないので、ヘルシーでしょ?きっと。

『空心菜』・・・栄養満点 夏バテ防止につながる野菜ですもの、今こそ もりもり食べなきゃ。
本日の 我が家のお弁当、主食は 『ほとんど空心菜・・・ヘルシーチヂミ風』で ございます。










空心菜は、5センチ程の長さに 切り揃えます。

チヂミ生地は、お好み焼粉を使いました。
お好み焼粉 大さじ4・お水 大さじ5・昆布茶 小さじ1を しっかりと混ぜ合わせます。
かなり ゆるい生地です。


テフロン加工のフライパンに、薄く ゴマ油をひいて 火にかけます。

チヂミ生地を おたまに 1杯分程・・・
フライパン全体に 薄く 薄く ひろげ、乾かないうちに 空心菜を たっぷりと。

え、こんなに?ってくらい たっぷりです。
フライ返しで 押さえながら、中火で 焼きます。


空心菜が 落ち着いてきたら、韓国海苔を 適当にちぎって 全体に たっぷりと散らし、溶き卵(1個分)を 上から 全体に 回しかけます。

そして 更に あまったチヂミ生地を。全体に いきわたるよう 細く 細く 回しかけます。
表面が 完全に 乾かないうちに ひっくり返し、フライ返しで 全体を おさえながら 焼きます。

フライパン いっぱいの ビッグサイズなので、ひっくり返す時は いったん 平らなお皿にとって。
その上に フライパンを かぶせて ひっくり返す・・・って 方が 安全かも。火傷には 気をつけて。

両面 キツネ色に ぱりっと 焼いて 完成です。包丁で 切り分け、お好みで 一味をふって どぉぞ。










主菜は、野菜のフライ風・・・もちろん オーブンで作る フライもどき。

『PROGRESSO』のBread Crumbsを使うので、簡単です。
これ、要は 粉状の細かいパン粉に、ハーブや ガーリックパウダーを加えたもので、アメリカでは メジャーな 調味料のよう。


シイタケは 石突きをとって 縦ふたつに切ります。
トマトは、ヘタを取って 縦に4等分。
人参は、乱切りにして 軽く レンジ加熱しておきます。

Bread Crumbs 適量をビニール袋に入れ、野菜を ひとつずつここに入れて 軽く きゅっと握って落ち着かせてから そっと クッキングシートを敷いた 鉄板の上に。

200度に予熱したオーブンで 20〜25分焼くだけ。

カロリーが気にならない人は、溶かしバターを 少し回しかけてから 焼くと ジューシーに。
じっくりと火を通した人参が、甘くて 本当に 美味しくなるのであります










副菜は、夏野菜の代表選手であります きゅうりを 使って。

アンチョビと 黒コショウをきかせた 炒めもの・・・冷たく冷やしても 美味しい 簡単料理です。


きゅうりは、両端を切り落として 皮つきのまま ビニール袋へ。

すりこ木で びしばし叩き ひびを入れてから 手で折ってひと口サイズに。

ゴマ油・アンチョビペースト(小さじ1/2)・おろしニンニク(1片分)・を 中火にかけます。

へらで アンチョビペーストと ゴマ油を なじませながら・・・小さな 泡が出てきたら、火を少し強めて きゅうりを 加え ささっと炒めます。
油が 全体になじんだら 顆粒の鶏がらスープ(小さじ1/2)も 加えて 軽く合わせて 火を止めます。

最後に、黒コショウを たっぷりふって 出来上がり。

熱々より、冷めて 味が しっかりと なじんでからの方が美味しい 夏メニューです。










本日のスープです。

夏野菜に 混じって、今だ 残っていたキャベツで。
キャベツのポタージュです。


つぶしたニンニク1片を、ゴマ油で じっくりじっくりと 弱火で炒め、香りがしてきたら 薄切り玉ねぎ(1/3)個分も 加え、透き通るまで 炒めます。

更に ざっくり刻んだキャベツも たっぷり加え、油が 全体になじんだら ひたひたのお水・コンソメスープの素・薄切りじゃが芋を。十分 軟らかくなるまで しばらく ことこと煮込みます。

主菜で 少し残ったBread Crumbsも 入れちゃいましょ・・・何でも入れちゃえるのが 我が家のスープの 優れたところ。困った時には スープです。

隠し味に 白味噌 小さじ1を加えて 火を止め、牛乳少々を加えて ハンドミキサーで 滑らかに ミキシングし、再度 煮立たせないように 火にかけます。

牛乳で お好きな濃さにのばして、塩コショウで 味を調えて 出来上がり。





7月です。夏です。
しし座の季節 到来です


主食は、空心菜と 韓国海苔がたっぷり・・・チヂミ風です。
一味をぱらっとふって 青紫蘇と 一緒に。夏バテ予防に もってこい。

主菜は、トマトに人参 シイタケの オーブンフライ。
副菜は、きゅうりの アンチョビガーリック風味の 炒めもの。黒コショウたっぷりです。

本日のスープは、そろそろ 使い切ってあげたい キャベツで。
キャベツのポタージュです。

愛する 万年ダイエッターさん 主人。
彼は、暑くなると同時に 私にかこつけ 帰宅途中 アイスクリームを買ってくるようになりました。
スーツから Tシャツに着替え お弁当箱を 洗って 一息ついたところで、ソファーに座って 私と アイスクリームを食べるのが、ちょっとした 楽しみでもあり 日課になりつつ ありました。

でもね・・・
これって ダイエッターさんには あるまじき行為でしょ?日課になっちゃぁ マズいでしょ?

キツネのように 賢い主人は 考えました。
考えて 考えて 考え抜いた結果・・・彼は、『朝アイス』 という 楽しみを 見出しました。

朝、ご飯を食べ 食器を 片付け 一息ついたところで、おもむろに 冷凍庫から アイスを。
新聞の社説欄を、厳しい目つきで じっくりと眺めながら 木のスプーンで アイスを口に運ぶ彼。

あのぉ〜・・・目つきと やっているコトが 合致していないのですが。

困った万年ダイエッターさんは、今頃 おすまし顔で 仕事をしていることでしょう・・・
でも、きっと 頭の中は 煩悩(主に 食欲)でいっぱいなんですよ、職場の方々





おまけ
ちょこちょこと、色々な方から きゅうりを 頂くように なりました。

それは それは 真っすぐで 立派なきゅうり。器量良しばかり・・・に交じって、実家の母親から。

向上心のあるきゅうり・・・
この きゅうりのように 上をむいて 歩んでゆきなさい・・・って 母からのメッセージ。

な ワケないか



posted by しんさん at 12:28 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。