2009年03月07日

鮎の干物を作ってみる

私の『食』において、欠かすことの出来ない 大きな存在なのが、薄墨桜で有名な 岐阜県は本巣市 根尾村(・・・いや、今は村じゃないか?)に住む伯母。

その伯母がよく持たせてくれるのが、根尾川で捕られる天然の鮎。
ご近所さんが持ってきてくれると、かき〜んと冷凍保存しておいてくれます。

先日は、初めて鮎を背開きにして 干物に挑戦してみました。

鮎の干物って、大体は贈答用に作られていて、アジのように スーパーで手に入るってモノではないんです。お値段も、そこそこしますし。

早速、朝食で・・・文句なしの出来でした。万歳っ!



作り方は、至ってシンプル。



鮎を背開きにして、丁寧に丁寧に腹ワタを洗います。
最初に、背骨に沿って背中に包丁を入れ、頭の部分をざくっと切って。

これを、お水1リットルにつき、大さじ2のお塩を溶かした中に、30分程漬けこんでから、しっかりと水気を拭き取り 風通しのよい日陰に干します。

干す時間はお好みで。

私は、ものすごく風の強い 寒い青空の日を選んで、4時間程。
若干 まだ水分が残る、しっとりした感じの仕上がりです。

開いてあるので、いつものように 靴下干しハンガーではなく、お魚干し網で。
この日は、一体全体どぉしたの?ってくらいの強風で、お魚干し網の下に、8リットルのボルヴィックのペットボトルをくくりつけての干物作りでした。


根尾の伯母からもらう鮎・・・山椒煮や、昆布巻き、色々挑戦してみましたが、たまにはシンプルな干物も良いものです。



そぉそぉ、根尾の伯母のお料理の中で、私が大好きなこれ・・・分かりますか?

ずいき・・・里芋の茎の部分。里芋の中でも赤目芋の茎の部分が美味しいそうですが、このずいきを酢の物にすると、こんなに鮮やかな色に。伯母は『すいり』と呼ぶお料理です。

赤い色をつけているワケではないんです。お酢に反応して、赤く染まるんです。

やっぱり、野菜作りに携わっている人たちは、特別な食べ方を知っています・・・って、もちろん 本人達には そんな自覚はないでしょうが。
でも、だから田舎料理って美味しいんでしょうね、愛情込めて作った野菜で、食べさせたい人の顔を浮かべて愛情込めて作る・・・伯母のお料理に近付けないのは道理です
ラベル: 干物 鮎の開き
posted by しんさん at 07:35 | Comment(2) | たまぁ〜に作る凝ったお料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鮎、それも天然の鮎、いいですなぁ(じゅる

アーモンドクリームタルトUPしました〜
糖質低くていい感じなのです♪

でも、焼かないクリームだけでも食べ過ぎちゃいそうで危険です。カロリー制限はしていないけどさすがにやばいかな^^
Posted by at 2009年03月08日 00:18
アーモンドクリームタルト、すごぉ〜い・・・綺麗な焼き色、美味しそぉぉぉぉ〜。

そぉっかぁ、糖質=カロリーじゃぁないんですね、糖質制限って奥が深いですね・・・って、私が無知なだけですが。

糖質制限を守りつつ、それを楽しむ松さんは本当に素敵です。

私もそろそろ歯の外科的処置を行わなくてはならない兆候・・・主人のダイエットを兼ねた離乳食のようなスープを主食とする日々を、松さんのように楽しむことといたしましょう。

Posted by しんさん at 2009年03月08日 16:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。