2009年02月01日

今、キャンティを飲んでみる

ゆるぅ〜い 土曜日でした、昨日は。

久しぶりにお仕事の入っていない主人と、ふらぁっと普段着のままランチを食べ、帰ってからは オダギリジョー主役の『時効警察』の録画をぼけぇ〜っと見て笑い・・・
『時効警察』・・・さすが、深夜ワクだっただけあって、そのいい加減さが面白いんです。

さて、そんなゆるい土曜日の夜は、我が家の土・日の定番・・・切るだけ盛るだけ。

バゲットの上にのせたメット・ヴルスト・・・豚肉の挽肉を使ったスプレッドタイプのソーセージ。
辛みの残る刻み玉ねぎと一緒に、ぱりっぱりのバゲットにのせて。これ、お勧めです。






パンとソーセージは、こちらのお店で。

軽いバゲットがお気に入り・・・近所のパン屋さん、『CANNON(カノン)』さん。

お店の女の子。
大人しそうな方なんですが、パンを愛してるのね?って感が ひしひしと伝わる素敵な方。
彼女が作る クロワッサン・オ・ザ・マンドは私のお気に入り・・・いちばん手前のパンですね。

ベーカリー CANNON(カノン)

岐阜県岐阜市入舟町2-10
TEL 058-240-0317
営業時間 10:00〜19:00
定休日 火曜定休

・・・ちなみに、CANNON(カノン)さんのお隣、庶民派スーパー『マルナカ』さんは、もずくがひとパック100円。ここでもずくを3パック程まとめて買っている女がいたら、それは私です。
私が、10年以上・・・お昼に 必ず食べるもずくは、春夏秋冬問わずここで。






そして、ちょっと足をのばして、車で30分程。ドイツソーセージのお店、『トキワ』さん。

レバーペーストやテリーヌ・・・ワインがすすみそうなものがずらり。
ご主人と奥様が、細かく商品説明をして下さいます・・・こちらが聞けば、ですがね。
トキワミートを思い出させない おしゃれな外見。有名なパン屋さん『ペイザン』さんのすぐ近く。

メッゲライ・トキワ

岐阜県関市池田町127 
TEL 0575-23-0029
水曜定休

どんどんと試食用にスライスしてくれるご主人・・・ワイン持ち込んでだめですか?

こちらにいらっしゃる時は、クーラーバックと氷の用意を・・・でないと、奥様に叱られます。
『はい、おやつ・・・』と、スライスしたソーセージをバゲットの上に。
ご主人が作るソーセージが大好きな 素敵な方です。






で、タイトルにもいたしましたが、ワインはキャンティ。主人が、先日、6本まとめてお取り寄せ。

『何故いまさらキャンティ???』・・・が、正直な私の感想。

主人曰く・・・それなりのワインを色々と口にしてきた今、今改めて飲むキャンティが重要なんだとか。
6本をじっくりと落ち着かせて、お店で飲むワインとの違いを楽しむ・・・とか何とか言ってかな?よく憶えておりません、彼の熱弁は。


でも、段ボールで届いたキャンティを、そっとセラーに片付ける主人。
・・・パジャマ姿で。

何だか愛おしいですね、男の人って・・・こんな姿が。


キャンティ・クラシコの雄鶏マーク。
楽しい土曜日の締めくくり














posted by しんさん at 08:01 | Comment(0) | お気に入りのもの達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。