2008年10月23日

ちびサイズのお豆腐パン 3種

週末まであと一歩の木曜日。本日の我が家のお弁当の主食です。
・・・大量のお豆腐パン

先日届いた、高校時代からの友人のメール。
久しぶりにランチでも・・・ということになったのですが、何分、出不精の私
じゃぁ、お家においでよ・・・というワケで、本日は彼女を招いてのお弁当ランチということに。
いつも作っているふたり分、プラス彼女の分を作るハズが、大量のお豆腐パンに。
ま、食べきれなかった分は、中学生の息子さんのお土産に・・・もちろん、お口に合えばですが。

久しぶりに会う友人だというのに、大根や、白菜の抜き菜を使ってのお昼・・・
気心の知れた彼女だから出来ること、と自分に言い聞かせて
いつものお弁当より、ちょっと頑張って作った本日のお昼ご飯です。

甘いコンデンスミルクとさつま芋のパン。

大根の抜き菜と人参のパン。

ベーコンにシイタケ、チーズのパン。

おしゃべりしやすいよう、小さなサイズの3種類のお豆腐パンは、どれも野菜がたっぷりです




まずは、さつま芋と人参を、軽くレンジ加熱しておきます。
さつま芋は、いちょうに切ってからしばらく水に浸して、アク抜きをしてから。
人参は、副菜用に型で抜いて、切れっ端も一緒に軽めに加熱しておきます。

お豆腐は、水切り不要の充填豆腐を220グラム。本日は絹ごしを使いました。
軽く崩してから、ラップなしで500Wのレンジで1分程加熱して、人肌程度に温めます。

ボールに、強力粉300グラムを。
真ん中にくぼみを作って、そこにドライイースト6グラム、お砂糖大さじ1.5を。
くぼみから離して、強力粉の淵にお塩小さじ3分の1程をおきます。

お砂糖とイーストのくぼみに、人肌に温めたお豆腐を少量入れて菜箸でなじませてから、お豆腐を何回かに分けて加え、強力粉を崩すようにしながら、中心から外に向かって混ぜていきます。
全体がなんとなく混ざったら、オリーブオイル大さじ1.5も加えて更に混ぜ合わせます。
箸で混ぜるのが重くなってきたら、ゴムべらに持ち替えて。
手とゴムべらで、生地がまとまるまで・・・


生地がまとまってきたらボールから台に移し、10〜15分程こねます。
あまりべたつくようなら台に打ち粉をして。いつもより量が多いので、ちょっと頑張って・・・

生地が滑らかになってつやが出てきたら、こねは完了。
まとめた生地の上に、軽く湿らせたキッチンペーパー、その上にラップをかぶせて、レンジ弱で30秒・・・第1発酵させます。

この生地を、3等分します。更に、ふたつは5等分に。
それぞれ、断面を内側に押し込むようにしながら丸めて、先程と同じく湿らせたキッチンペーパーとラップをかぶせて、10分程休ませます。

10分もすると、むくむくと発酵がすすんで大きく膨らんで・・・この瞬間が好きなんです。


膨らんだ生地を、それぞれ形成していきます。

まずは、さつま芋のロールパン・・・5分割していない生地で作ります。
生地を軽く手でつぶしてガス抜きをしてから、めん棒で長方形にのばします。
ここに、レンジ加熱しておいたさつま芋と、フルーツ入りのメープル味のシリアルを。

手前から、破れないようきっちりと巻いて、とじ目をしっかりと指でつまんでから7等分します。

おかずカップに入れて、先程と同じく、キッチンペーパーとラップをかぶせ、レンジ弱で30秒→10分休ませます。これが第2発酵になります。
この間に、オーブンを190度に予熱します。

大きく膨らんだ生地の上に、コンデンスミルクを
・・・もぉ、たまらなく美味しそうな組み合わせ。
オーブンの温度を180度に下げて、18〜20分焼き上げて出来上がり


さつま芋パンを焼いている間に、小さく分割した生地で残り2種類を。

まずは、大根葉のねじりパンから。
膨らんだ生地を、細長い棒状にのばして、両手で中心から左右にころがしながら30センチ程に。
生地をひと結びしたら、両端の先端を内側に通して、裏側で指でつまんで丸く形成します。

クッキングペーパーとラップをかぶせて、大きく膨らむまでおいてから、上に大根葉のトッピングを。

大根葉は、軽く茹でてから水にとり、水気をきつくしぼって刻みます。
これをお鍋で乾煎りし水分をとばしたら、レンジ加熱した人参の切れっ端と一緒に少量の昆布茶で和えて。
生地の上にトッピングし、マヨネーズをしぼってからオーブンで焼き上げます。


もうひとつは、ベーコンとチーズ、シイタケのパンです。
膨らんだ生地を、軽く手でつぶしてガス抜きし、楕円にのばします。
生地の上に、刻んだベーコン、細切りのシイタケ、あられに切ったプロセスチーズをちりばめて、手前から巻いていき、巻き終りを指でつまんで閉じます。

これをふたつに折って、合せ目をしっかりと指で押さえてくっつけたら、閉じ口を下にして、包丁で切れ目を入れて開いて出来上がり。


それぞれ、180度のオーブンで18〜20分・・・こんがりと焼き上げます。
オーブンが小さくて入りきらないので、3回に分けて焼き上げました。
後から形成した2つのパンは、オーブン待ちの間に発酵が進んで膨らんでくれるので、レンジの助けがなくても大丈夫・・・ちゃんとふっくらと発酵してくれました。




パン作りがひと段落したところで、
本日の副菜です。

本日は、やはり久しぶりの友人に、大根葉や白菜の抜き菜ばかりではあまりに申し訳ないので・・・あまり我が家では登場しないお肉が登場です。
炒り大豆と、白菜の抜き菜で豚肉を巻いた豚肉ロールの煮物です。


炒り大豆の作り方は、昨日の生地・・・副菜のあたりをご参照

http://shintakenaka.seesaa.net/article/108439437.html

白菜の抜き菜は、さっと茹でてザルにあげ、水気を切っておきます。
お鍋に、炒り大豆(2分の1カップ分)と、お水を入れて火にかけます。
沸騰したら火を弱め、日本酒大さじ1と、顆粒の鰹だし少々を加えて。
さらに、レンジ加熱しておいた型抜き人参も加えて、大豆が軟らかくなるまで煮ます。

その間に、白菜の抜き菜を広げて、豚の薄切り肉、レンジ加熱した人参、細切りにしたシイタケをのせて、軸の方から巻いていきます。
半分程巻いたら、片方の端を折り曲げて、最後まで巻き切ります。
もう片方の端を、内側にねじ込んで。

これをお豆のお鍋に加えて、浮いてきたアクをり、だし醤油で味付けをして出来上がりです。




本日のスープは、女性が大好きなさつま芋のポタージュです
・・・って、さつま芋パンの残りが、ちょうど良い量あったので

本日はサラダ油で。
つぶしたニンニク→薄切り玉ねぎの順に、弱火でじっくり炒めたら、薄切りにしたさつま芋を投入。
さつま芋は、皮をむいて薄切りにし、しばらくお水に浸けてアクを抜いてから加えます。

全体に油がまわったら、ひたひたのお水とコンソメスープの素1個を加えて、さつま芋が軟らかくなるまで煮ます。
本当は、栗も入れたかったのですが、さつま芋の量が多すぎて・・・断念
後はいつもと一緒。火からおろし、牛乳少々を加えてハンドミキサーでミキシング。
再度火にかけて、牛乳でお好みの濃さにのばして塩コショウで出来上がりです。
黒ゴマのトッピングで仕上げます。



何とか完成!
本日は、お客様仕様のお昼です


豆腐パン・・・簡単とは言いながら、何分オーブンが小さいので。
3回転は、やっぱり大変でした

副菜の豚肉ロール。
どちらかというと脇役の炒り大豆の煮物が美味しいんです。

さつま芋のポタージュ。
彼女、高校の頃から焼き芋系、好きだったし・・・

頑張りすぎない、お互い負担をかけないお付き合い。
基本、人をお招きする時も、極力お家にあるものでおもてなし・・・が好きです。
こんな、特別でないありきたりの食材で作ったお昼ご飯。彼女、喜んでくれるといいな。
あ、もちろん、たまにはローストチキンなんてものも作りますよ・・・生涯2回程ですが



おまけ

3種類のお豆腐パン。
これがまた結構いけるんです。
特に、大根葉のねじりパン・・・つまみ食いして感動の美味しさ。
さつま芋パンのコンデンスミルクもまた良い感じで・・・つまみ食いでお腹いっぱいです。



たくさん出来上がったお豆腐パン。
本日に限っては、失敗作品の行く先は主人のお弁当バック。
明日のお弁当にも、大好きなお肉、
いっぱい入れてあげるから許してね


posted by しんさん at 12:02 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。