2008年10月19日

お手軽☆お豆腐のテリーヌ

お気に入りの小さな小さなリストランテ・・・『ミオ・オルト』
久しぶりに主人と一緒の土曜日。昨日のお昼は、白ワイン片手に、お皿に盛られた色とりどりの前菜をつまみながらのパスタ待ち・・・
当然、主人も私も食べ過ぎ・・・そんなワケで、夕食は軽めに

お家にあるもので、テリーヌを作って、パン&白ワインで済ましましょう・・・ということに。
パンを買ったついでに、一応食材を・・・と、生クリームだけを購入してお家に。
テリーヌ・・・要するに、茶碗蒸しでしょ?と、作ったこともないのに、酔った勢いで作り始めました。




ちょうど、良い具合に。使いかけのお豆腐が冷蔵庫に。
お豆腐を使って。お昼を食べ過ぎた、私たちの体に優しいテリーヌ、初挑戦です

お豆腐は、320グラム程。
これを、レンジOKの器に入れて、ラップなしで3分程レンジ加熱。ざるにあげて、水切りをしておきます。水切り後は、270グラムになっていました。

水を切ったお豆腐、卵1個、80グラムのツナ缶
1個、生クリーム大さじ2、コンソメスープの素1個をボールに入れて、ハンドミキサーで攪拌します。塩コショウして、テリーヌ生地の出来上がり

後は、クッキングシートを十字に敷いたテリーヌ型に、生地を流し込んで蒸し上げます。
シートを敷くのは、型から取り出しやすくするため。


テリーヌ型がなくても、オーブンOKのココット皿等につめて、アルミホイルで蓋をすれば大丈夫。

生地は、焼くと膨らむので、余裕を持たせて型に流し込みましょう・・・
右の写真は、もりもりに詰まっておりますが

生地の3分の1程を流し込んだら、軽くレンジ加熱したあられ切り人参とさつま芋、さっと茹でて冷凍保存してあったオクラを。お家にある野菜で。

更に、3分の1程の生地を流し込んで、底を数回打ち付けて空気抜きをしたら、残りの生地を。
生地は、流し入れるごとに空気抜きをして、気泡が入らないように・・・
野菜を入れる時は、生地の上下両端に余裕を持たせて。隙間なく野菜を並べると、型から抜いた時に、野菜で生地が切断されて、崩れてしまうので。

テリーヌ型に蓋をして、熱湯を張った鉄板にのせ、
180度に予熱したオーブンで40分程蒸し上げます。竹串をさしてみて、生の生地がついてこなければ蒸し上がり

蒸したては、生地がふっかふかに膨らんでいますが、冷めれば落ち着いてきます。
粗熱がとれたら冷蔵庫に入れて、しっかりと冷やしてから型から抜きます。

その間に、ソース作りを・・・といっても、これもものすごく簡単。
テリーヌ生地をミキシングしたボール・・・少し生地が残っていたので、残った人参(レンジ加熱したもの)と、生クリーム大さじ2、牛乳大さじ1を加えて、ハンドミキサーで滑らかにミキシングして塩コショウをしただけ。残り物を利用した、簡単ソースです。

しっかり冷えたテリーヌを型から出し、切ってお皿に盛りつけてソースをたっぷり・・・

あり合わせの、いんちきテリーヌ・・・若干、切り口にみだれも見えますが、
まぁ、初めてにしては上出来・・・ということで。

型にバターを塗っていないので・・・と言うか、塗り忘れたので心配でしたが、底に敷いたクッキングシートのおかげ?ちょっと包丁で淵に隙間を作ってあげたら、すっと取り出せました。
偶然の、嬉しいカロリーオフです
posted by しんさん at 07:25 | Comment(0) | たまぁ〜に作る凝ったお料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。