2008年08月27日

バナナがとろけるフレンチトースト風・・・究極のあり合わせですが。

無事、タイから帰って参りました
そして、いつものように、主人のいびきで起こされ、お弁当作りを・・・と、キッチンに立ったは良いのですが・・・冷蔵庫はすっからかん
タイに行く前に、野菜室や冷蔵庫の在庫を一掃しておいたので、当然のこと。

何もないとは言いながら、冷凍保存してあったサンドイッチ用の薄切り食パンや、乾物、
いつぞや冷凍保存しておいた完熟バナナやら、ある食材をかき集めて。

普段、彩りに使われるバジル君も実家に預けてあるし・・・本日のお弁当は、彩りなんて二の次です。究極のあり合わせのお弁当。

それでも、フレンチトーストらしきものが出来上がりました。
バナナがとろけるフレンチトースト風・・・本日の主食です。




卵とバターたっぷりのフレンチトースト、メープルシロップもたっぷりかけて・・・というのは、我が家ではあり得ない話。
宣言通り、3キロ太った主人に、そんな危険な食べ物・・・
我が家のフレンチトーストは、オーブンで焼き上げるので、カロリー控えめです

卵1個に、いつぞや作った桃のコンポートのシロップと、牛乳を合わせて200CC。しっかり泡だて器で混ぜて、ひと口に切った食パンを浸します。
食パンは、二人でサンドイッチ用の薄切りパンを4枚。
まぁ、量的には許容範囲。

桃のコンポートのシロップの代わりは、甘味のあるものなら何でもいけるかと。
缶詰のシロップでも、ジャムをちょっとゆるめに水で溶いたもの、梅酒なんてのも美味しいかも
牛乳と合わせてから味をみて、甘味が足りないようならお砂糖も少々。

軽く食パンを押さえつつ、スプーンで、パンに卵液をまわしかけたりして・・・卵液をしっかりとパンに吸収させます。
卵液が、すっかりパンに吸収されるまで浸したら、クッキングシートを敷いた鉄板に並べて。
180度に予熱したオーブンで、15分程焼き上げます。


こんがり焼き色がついた、カロリー控えめのフレンチトースト。でも、これだけでは、あまりにも味気ないので・・・
カラメリゼ(・・・と言うほど立派なものでもありませんが)した、冷凍バナナを挟んでみました。

焦げ目がついたバナナが、フレンチトーストの間から、
とろぉ〜ん・・・です
本当に食材がなかったので、おやつ用に以前冷凍しておいたバナナを使いましたが、もちろん普通のバナナでも。

フライパンを火にかけ、ほんの少量のバターを溶かします。
ここに、輪切りにしたバナナを並べます。火加減は、強めの中火で。
バナナを並べた上に、グラニュー糖を振りかけて。
スティックシュガーを1本使いましたが、お砂糖の量はお好みで。


グラニュー糖が溶けて、ちょっと茶色に色づいてきたら、フライパンをゆすりながらバナナに絡めて。
仕上げに、レモン汁を少々ふって出来上がりです。


焼き上がって、とろっとしたバナナを、こんがり焼き上がったフレンチトーストを数枚重ねた間に挟んで。
上に重ねるフレンチトーストで、バナナをカラメリゼしたフライパンに残ったカラメルを、さっと拭ってからバナナの上に重ねます。

ピックを刺してお弁当箱へ。
あり合わせのフレンチトースト、バナナサンドの出来上がり。




副菜も・・・これもまた、苦し紛れのひと品。

我が家の冷凍庫に、常に小分け保存されているおから。
空っからの野菜室に、ころんっと1個転がっていた、小さな小さなミニサイズのカボチャ・・・坊ちゃんカボチャ。
そして、いつも冷蔵庫に常備されているラッキョウを使って。

主人のお腹周りに優しい、カボチャのサラダを副菜に。

冷凍おからは、自然解凍してから、ラップなしでレンジへ。
レンジで1分加熱して、乾煎りしておきます。

カボチャは、皮とワタを取り、ひと口サイズに切ってからラップをし、レンジで軟らかく加熱。
ザルにとって、軽く水分をとばしてから、ビンの底等で潰しておきます。
カボチャの量は、おからの倍ほどで。

乾煎りしたおから、潰したカボチャ、ツナ(半缶)とみじん切りにしたラッキョウ(4個ほど)をしっかり混ぜたら、ヨーグルト(大さじ2)、マヨネーズ(大さじ1弱)、お塩少々で味付けを。
仕上げに、黒コショウをたっぷりふって出来上がりです。
ラッキョウの、サクサクっとした歯ごたえと、黒コショウがポイントの副菜です




材料が乏しくても、一通り出来るもの・・・
本日のスープは、凍み大根に大豆、冷凍保存しておいたトマト・・・生鮮食品は使わず、保存食ばかりを使って。
具沢山の、トマト風味のスープです。

前日に、大豆はお水に、凍み大根は熱湯に浸けて、軟らかく戻しておきます。
軟らかく戻した凍み大根は、ひと口サイズに切っておきます。

ニンニクはみじん切りにして、オリーブオイルで炒めます。
弱火でじっくりと炒めて、ニンニクの香りを引き出したら、たっぷりの薄切り玉ねぎを。
玉ねぎがしんなりするまで炒めます。
ここに、ざっくり刻んだ冷凍トマトを加えて、さっと火を通したら、大豆と凍み大根を、戻し汁ごと加えます。コンソメスープの素も、ここで1個。
後は、大豆が軟らかくなるまで、ひたすら煮込むだけ。
副菜で使ったツナ缶の油も加えて、風味付け

大豆が軟らかくなったら、さっと茹でて冷凍保存してあったグリーンピースと、副菜で少々残った、レンジ加熱したカボチャを加えて、さっと火を通します。

仕上げに、お醤油少々で味付けをして出来上がり。
今回は、先日秋田で買ってきた、『しょっつる』で。
トマト風味にしょっつる・・・この組み合わせ、好きなんです



単色で、ビジュアル的には、いまいちですが・・・
乏しい食材でも、何とかなるもんです


主食のフレンチトースト&カラメリゼしたバナナ・・・最強の組み合わせです
美味しいんです、我ながら。

副菜は、カボチャとおからのサラダ。
グリーンピース、冷凍しておいて、ホンと助かりました。

頂き物の凍み大根が大活躍した本日のスープ。
冷凍トマトに大豆・・・あり合わせながらも、体に良さそうなスープです。

昨日、夕方飛行機を降りて、結局、お家に到着したのは夜の9時頃。
スーツケースを置いて、軽く夕食に。
食後に、ミニストップでプリンパフェなんて食べてないで、食材の調達すれば良かったぁ・・・なんて悔やんだのもつかの間。
あり合わせて、出来たじゃんと。
じゃが芋と、玉ねぎは大量にあるし、冷凍保存してある里芋にカボチャ、トマト・・・その他もろもろ。
面白いので、今週は買い物に行かずに過ごそうかと・・・




おまけ

どぉしても、これが使いたかったんです。

タイで見つけた、キッチュな像のピック。
1本、60バーツなりぃ。大体、180円ですね。



像の部分は、白蝶貝の細工で。
ひとつひとつ出作りのようで、微妙にお顔が違います。

ちょっと人相の悪い像も・・・


posted by しんさん at 11:49 | Comment(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。