2008年08月10日

生ハムと桃の冷製パスタ

先日、5年生の姪っ子から誕生日プレゼントをもらいました。
それが、生ハムにスモークサーモンと、なぜか生わさび・・・
『白ワインに合うんでしょ?』と、満面の笑顔で。

お酒好きのイメージが定着してしまっているのね、彼女には

そんな5年生の女の子が一生懸命選んでくれたワインのお供・・・
昨日は、その中から生ハムを使って。

料理とは言えないくらい簡単・・・でも、主人は『美味しい』と大絶賛ホンと、大袈裟なんです。
生ハムと桃の冷製パスタで白ワイン・・・といきたかったのですが、セラーの中に白ワインはゼロ。
限りなく白に近いロゼと一緒に






生ハム・桃・トマト・パスタ・・・生ハムの塩気がポイントの組み合わせです。
桃は、皮をむいてくし形に切ったら、変色しないようレモン汁を回しかけて冷蔵庫で冷やしておきます。



パスタは、1.4mm〜1.5mmくらい・・・なるべく細めのものを。
スーパーで、フェデリーニを選んできました。2人分、しっかりはかります。

たっぷりの熱湯に、1%のお塩を加えてパスタを茹でます。
冷製なので、袋に記載の茹で時間より3分程長めに茹でます。
茹で上げたパスタは、冷水にとってから、最後に氷水でしめてあげます。
ざるにあげて、しっかり水気を切ってから、更にキッチンペーパー等で水気を吸い取ります。

後は、和えるだけ。
ボールに、湯むきしてからざっくり刻んだトマトを。
オリーブオイル大さじ1、お塩をほんのひとつまみ、そして黒コショウをたっぷり加えて和えてから
水気をしっかり切ったパスタを投入。
全体を混ぜ合わせます。

お皿に盛り付けて、冷やしておいた桃と生ハムをのせて出来上がり


付け合わせは、焼きナスに人参の葉っぱのジェノベーゼを合わせただけ。
これまた簡単なひと品。





採れたてのナスは、皮が気持ち良く・・・つるんっとむけます。
脱皮状態。




先日の誕生日の時に、ラーモニィで出していただいた生ハムメロン・・・
富山だったか、福井だったか・・・市場には出ていないらしい、マダムが取り寄せをした珍しいメロンと生ハムを合わせていただきました。
そんなひと品からチンと浮かんだ本日のメニュー
生ハムがないと塩気が足りない・・・
ものすごく微妙な味に仕上がりましたが、なかなかの組み合わせです。




おまけ
1年生の甥っ子からのプレゼント。
川原で拾った飛びっきりの石・・・人参(の形)の石なんだそう。
そして、水にぬらしてから拭くと、模様が浮き出る不思議な石だとか。
彼の中では、いちばんのお気に入りの宝物なんだろうぉな・・・と。
お姉ちゃんと一緒に、プレゼント一生懸命考えてくれたんだね、と。

そんな姪っ子と甥っ子に、ちょっと感動の素敵な誕生日でした
posted by しんさん at 10:20 | Comment(0) | たまぁ〜に作る凝ったお料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。