2008年06月25日

ハーブとさくらんぼの簡単スコーン風

温泉でリフレッシュ、お腹いっぱいの焼肉・・・
月・火曜と目いっぱい楽しませてもらった感謝の気持ちも込めて。
理解のある主人に、更に愛情たっぷりのお弁当を

本日の主食は・・・
ん?材料的には、いつもと一緒かも。
頂きもののさくらんぼと、昨日叔母にもらったフレッシュハーブたっぷり。
おからとお豆腐ベースの、なんちゃってスコーン。






ノンバター(オイルは少々入っていますが)、ノン卵のヘルシースコーン風が、本日の主食です。






おからと小麦粉は、合わせて150グラム。おからが60グラム程だったので、小麦粉を90グラムにしました。
小麦粉は、ベーキングパウダー小さじ1と一緒にビニール袋に入れて、振り混ぜておきます。

ボールに、絹ごし豆腐150グラムを入れ、ハンドミキサーでしっかりとミキシング。

ここに、ラップなしレンジで1分弱加熱→ほぐして更に1分弱加熱して、乾煎りしたおからと、牛乳大さじ1を加えて、更にしっかりとミキシング。
なめらかになったら、ビニール袋で合わせておいた小麦粉とベーキングパウダー、サラダオイル大さじ1、みじん切りにしたレモンバーム(お好みで)、種をとったさくらんぼを加えて、へらでしっかりと混ぜ込みます。

クッキングシートを敷いた鉄板の上に生地をあけ、軽く鉄板の底を打ちつけて空気を抜いてから、ちょっと低めのドーム型に形成します。
ナイフで、生地を切り離さないように8等分に切れ目を入れて。
仕上げに、茶こしで表面に小麦粉を振りかけて、
200度に予熱したオーブンで、25分程。





表面が、こんがりときつね色になるまで
焼き上げます。
冷めたら、切れ目に沿って切り分けてお弁当箱へ。





副菜にもレモンバームを使って。
簡単な野菜のハーブマリネにしてみました。

スライスした玉ねぎと人参、インゲンは、レンジで過熱。
マッシュルーム、エリンギ、薄切りにしたカボチャは、オーブンで焦げ目が付くぐらいにグリルします。
グリルしたマッシュルームはふたつに、エリンギは、縦に4つに切って。
ピーマンと、プチトマトは、グリルしてから薄皮をむいて。ピーマンは、破裂しないよう頭の部分を切り取って、種を取り出してからグリルします。


ボールに、酢とハーブ塩、サラダオイル少々をしっかり混ぜ合わせて。
ここに、野菜をどんどん焼きあがったものから漬けていきます。
最後に、手でちぎったレモンバームも加えて、しばらくおいて味を馴染ませて出来上がり。




我が家は、根尾の伯母特製、らっきょうの漬け汁とハーブ塩、サラダオイルで。
このまま漬けて、冷蔵庫に入れておくと、更に美味しくなって夕ご飯にも・・・




さて、久しぶりのスープ。
本日のスープは、スコーン風で残った、半分の絹ごし豆腐を使って。
焼きナスと、お豆腐の冷たいポタージュです。

本日は、ごま油を使いました。
ナスは、破裂しないようヘタの部分を切り取ってからオーブンで皮にしっかりと焦げ目がつくまでしっかりグリル。皮をざっくり手でむいておきます。



弱火で、たたいたニンニク、薄切り玉ねぎの順にじんわり炒めたら、コンソメスープの素とお水を加えて、しばらく煮ます。
お豆腐が入るので、お水は極めて控えめに。
お豆腐を加えて、さっと火を通したら、お鍋を火からおろし、刻んだ焼きナスを加えて、ハンドミキサーでミキシング。
牛乳でのばして、塩コショウで出来上がり。
ひねりゴマと、千切りの青ジソをたっぷりトッピング。




主人に感謝、感謝のお弁当。
本日も、無事完成です


レモンバームの香りと、甘酸っぱいさくらんぼ。
もうちょっと甘味を加えてもよかったかな?
簡単、ヘルシーなスコーン風が本日の主食です。

副菜にも、すっきりした香りのレモンバームを使って。
1日お家を空けただけで、主人はかなり野菜不足の様子。
もりもり野菜を、マリネにして、野菜不足を解決

暑いとご機嫌斜めになる主人に。
焼きナスとお豆腐の冷たいスープで、にこやかに・・・ね。



上げ膳据え膳の、温泉旅行も良いけれど。
やっぱり、こうしてお弁当やら、頂きモノの食材の使い道やらの案を練っていると・・・
『そぉそぉ、やっぱこれでないと』って感じ。
やっぱり、私って出不精なんだと再確認した小旅行でした



おまけ

さくらんぼの種取り。
こんな方法を教えてもらいました。


2本の爪楊枝を、輪ゴムで縛ったモノを使って。


綺麗に洗って、ヘタをとったさくらんぼの、くぼみの部分に爪楊枝を差し込みます。
種の周りを、くるっと爪楊枝で1周させて、引き抜くと・・・


種だけがつるんっと。

               こりゃ便利
posted by しんさん at 09:37 | Comment(0) | お弁当日記 おからを使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。