2008年06月15日

玉ねぎの縛り方

母と伯母、私の3人で勤しむ素人畑。
先日、念願のニンニクを収穫

ニンニクって、収穫まで時間がかかる上、ものすごく肥料を与えないと育ってくれない過保護モノ。
でも、採れたての新ニンニク・・・絶対、感動します。
ものすごくみずみずしくって、うっすら透き通った感じ。
もちろん、採れたてをいくつか、そのまま小房に分けて、皮をむかずにホイルで包んで、オーブンへ
空気に触れさせずに調理すると、意外とにおいも気にならないもの。
・・・もちろん、ニンニクのにおいがテンでダメって人には勧められませんが・・・
新ニンニクを楽しむ分だけを残して、後は干して乾燥させてから保存。

ニンニクと一緒に収穫した新玉ねぎ。

玉ねぎの収穫時の見極め方・・・玉ねぎの葉っぱが、『もぉ採ってもいいよぉっ』って、おじきしてくれるんです。葉っぱが、へにゃっと倒れたら、収穫OKのサイン

3人で分けても、これだけ大量。今年もよく頑張りました。

玉ねぎも、ニンニクもひもで縛って、風通しのよいベランダに干して吊るして乾燥させて保存します。


昨年は、縛り方が下手っぴで・・・
時間がたって、乾燥した玉ねぎの縛った所が緩んできたり、はたまたきつく縛りすぎて
ちぎれてしまったり。
リビングにいると、ベランダでどどんっっと物音が。
主人の影に隠れ、びびりびびり様子を見に行くと、あわれ玉ねぎさんが、コンクリートに強打・・・

今年は、そんな玉ねぎさんを出さないよう、しっかり根尾の伯母に聞いて、玉ねぎさんの縛り方を研究してきました。


ひもはふたつに折って、玉ねぎの後ろにスタンバイ。









右の輪の方に、左の先端を通して、ぎゅっと締めます。


更に、4つ玉ねぎがあったら、ふたつに分けて、下からひもをもう一度通して、もういちどぎゅっと縛って結びます。

これを、雨のかからない、風通しのよい場所に吊るして乾燥させて保存します。
頭をちょんちょんに切られてしまった子達は、ネットに入れて。


我が家の小さなベランダは、大量の玉ねぎとニンニクが。
素人畑でも、一人前の収穫量。

本日日曜日。
せっかくの日曜だというのに、主人はこれから出張。
明日の夜まで、私は一人暮らし状態

ちょっと早起きしたので、畑の人参・・・草むしりでもして参ります。
posted by しんさん at 05:39 | Comment(0) | 保存食・調味料・常備菜等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。