2024年03月13日

サクサクオートミールクランブル〜プリンアラモード編

昨日、全卵2個を使い切りたくて拵えたプリン ☆彡
4つのうち2つは昨日のお昼に、そして残りの2つをちょっとリメイク、今日のお昼にいたしましょう。

プリンにサクサクのオートミールクランブル、そして焼き芋のピュレを合わせましたよ。

20240313 00004.png

プリンカップとメイソンジャーの大きさがちょっと合わなかったので、堂々と『プリンアラモード』と言うには躊躇する仕上がりです。
でも、まぁ、プリンは崩せばカスタードクリームになると思っている性分ですし、食べるあてのないプリンを堂々とリメイクするのも一案か、と。

下の層にはサクサクのオートミールクランブル、その上には焼き芋とココナッツミルクのピュレ、そしてデーツシロップのプリンが続きます。
オートミールクランブルの出来が良かったので、そこを中心に備忘録。

20240313 00002.png






◆オートミールクランブルの材料(作りやすい分量です、残った分は冷凍保存)

  • ロールドオーツ 80g
  • アーモンドプードル 13g(最後の使い切りでしたので中途半端な量です)
  • てんさい糖 5g
  • アーモンドと胡桃 各20g

  • 無塩タイプの発酵バター 15g
  • 蜂蜜 25g
  • オーツミルク 30g




◆作り方

  1. アーモンドと胡桃はざく切りにしてボールに合わせます。
    ロールドオーツ・アーモンドプードル・てんさい糖を合わせ、よく混ぜておきましょう。

  2. バター・蜂蜜・オーツミルクを合わせて湯せんにかけ、バターが溶けたらよく混ぜ合わせます。

    20240313 00007.png

  3. ボールに2を加え、スパチュラでさっくりとなじませます。

    お魚ホイル(オーブンペーパーでも良かったのですが何故?)を敷いた上に移し、均一にひろげて予熱したオーブン庫内へ。
    設定温度を150℃にして先ずは15分。

    20240313 00008.png

  4. 一旦オーブン庫内から取り出し、全体をざっくりと混ぜます。
    再度均一にひろげ、設定温度 150℃で15分。

    20240313 00010.png

    そのまま粗熱をとりれば出来上がり。
    今日使わない分は冷凍保存しておきます。

    20240313 00009.png




甘い紅はるかの焼き芋を、皮をむいた状態で冷凍保存しておきました。
自然解凍してお鍋に移し、ココナッツミルクを加えて練りあげれば、それだけで美味しい焼き芋餡の出来上がり。

20240313 00011.png

ジャーにオートミールクランブルと焼き芋餡を重ね、プリンをその上にポンと乗せれば出来上がり。

20240313 00005.png







il-plants5-thumbnail2.gif






具沢山なゴボウのサラダを添えましょう。
牛蒡・人参・ゆで卵・ひじき・ブルグル・枝豆・ひらたけ・ローストポーク・セミドライミニトマト・・・本当に具沢山です。

20240313 00003.png






  1. 新牛蒡は綺麗に洗い、皮つきのままピーラーでささがき風にし酢水にさっと晒します。
    軽く水を切って耐熱ボールに移しましょう。

    人参は細切り、ひじきは下茹でして冷凍しておいたもの、冷凍むき枝豆・粗く裂いたひらたけ・丸粒ブルグルをここに合わせます。
    大さじ1ほどのスープストックを回しかけたら、ふわりとラップをしてレンジ加熱3分間。

    10分ほどそのまま蒸らします。

    20240313 00012.png

  2. ブルグルがしっかりやわらかくなっていることを確認し、ボールを傾けて軽く水を切ります。
    野菜要素たっぷりのこのスープは朝のお味噌汁に直行。

    昨日拵えたローストポークとその漬け汁(☆彡)・冷凍しておいたセミドライミニトマト・ゆで卵も加え、極少量のマヨネーズで味を決めます。

    20240313 00013.png

    黒胡椒を挽いて出来上がり。




プリンカップからツルンッと出てきたプリンに愛情を抱いてしまいました。
今度は『す』なしの仕上がりを目指しましょう。

20240313 00006.png





il-plants5-thumbnail2.gif




朝食です。
来週から水曜日の金太郎イワシが戻ってきますが、到着日の関係で今日は冷凍しておいた生姜煮イワシ。
手前味噌ではありますが、自分で煮たイワシはやはり美味しいのです。

主食は梅粥ですよ。
炊き粥に2022年製の自家製梅干し、そしてその前の年の副産物『ゆかり』を添えて。

20240313 00001.png

今日は主人からのホワイトディのプレゼント、癒しのフェイシャルに行って参ります。
ご近所にあるエステサロンって、しかも評判の良いエステサロンって。
主人曰く、今宵はお酒を控えるそうですがぐっすり眠れそう。

col36-thumbnail2.gif





posted by しんさん at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 リメイク料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月12日

オーブンで滑らかデーツシロッププリン、続きのローストポーク

今日中に使ってしまいたい卵がふたつありました。
なので、全卵ふたつでプリンを拵えましたよ。

20240312 00005.png

低温のオーブンでゆっくりと湯せん焼きにして仕上げるオーツミルクと全卵のプリン。
カラメルはてんさい糖、プリン生地にはデーツシロップを使いました。
容器越しの『す』が目を引きますが、それとは裏腹な滑らかな焼きプリンに仕上がりました。
見た目からは予想できない美味しいプリンです。

20240312 00004.png





◆材料(100mlプリンカップに4つ分です)


 ◆カラメル
  • てんさい糖 45g
  • お水 大さじ1
  • 熱湯 大さじ3

 ◆プリン生地
  • オーツミルク 300g
  • デーツシロップ 45g
  • 卵 2個




◆作り方

  1. 先ずはカラメルソースの準備。

    小鍋にてんさい糖とお水を合わせ、中〜弱火にかけます。
    お鍋をゆっくりと回しながら、とろみがついて全体が泡立つまでしっかりと煮立てます。
    てんさい糖なので色付き加減はあまり目安にならないかも。

    20240312 00008.png

    一旦火からおろし、熱湯を加えて素早くなじませます。
    とろりとするまで再度弱火で加熱し、プリンカップに分け入れましょう。

    20240312 00009.png

  2. プリン生地に進みます。
    カラメルソースで使用したお鍋をそのまま使って効率良く楽をします。

    オーツミルクとデーツシロップを合わせ、デーツシロップが溶ける程度に温めます。
    ボールに卵を割り入れ、泡立てないようフォークで滑らかに溶き混ぜましょう。

    卵に火が通らないよう、少しずつオーツミルクを加えて混ぜ合わせます。

    20240312 00010.png

  3. プリン生地を2回漉してプリンカップに流し入れます。
    表面の泡を丁寧にすくい、天板にお湯を張って予熱したオーブン庫内へ。

    20240312 00011.png

    設定温度を150℃にして25分湯せん焼きに。
    粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして召し上がれ。

    20240312 00007.png






rain13-cfb0d-thumbnail2.gif





小ぶりなプリン1個では、流石に主人の不満顔は避けられません。
ボリューム満点な冷麵を添えます。

肝心な冷麵が見えないくらいたっぷりのレタスでカサ増し。
プリンの後のオーブンをそのまま引き継いでローストポークも仕上げます。

20240312 00003.png

実はこのローストポーク、ゴボウの醤油漬けの漬け汁で漬け込んだお片付け料理です。
豆板醤風味のお醤油ベースがローストポークにしっかりなじんでいます。

20240312 00006.png





  1. 豆板醤とお醤油ベースのゴボウの漬け汁に、ハリッサ・蜂蜜・オイスターソース・レモン(冷凍しておいたものです)・ローズマリー・すりおろし玉ねぎ等を合わせます。

    20240312 00012.png

    ここに室温に戻しておいた豚バラブロックを加え、ビニール袋を傷つけないよう気をつけながら全体をフォークで突きます。
    袋の空気を抜いて室温で30分ほど。

    20240312 00013.png

  2. グリルパンにアルミホイルを敷き、更にお水で濡らして絞ったオーブンシートを重ねて、煮汁も一緒にお肉を移します。
    予熱したオーブン庫内へ移し、設定温度 200℃で25〜30分。
    冷めるまで放置して切り分けます。

    20240312 00014.png

  3. 冷麵を指示通りに茹で、お水でしっかり洗って水切りをします。
    ボールに移し、付属のスープと少量の胡麻油をからめたら、食べやすいようハサミで切ってからスープジャーへ。

    20240312 00015.png

    レタスをたっぷりと上に重ね、ローストポークと漬け汁を添えて出来上がり。




20240312 00001.png





rain13-cfb0d-thumbnail2.gif




朝食です。
今朝の主食は鴨蕎麦です。
温泉卵と柚子胡椒を添えた主人お気に入りの主食。

火曜日のお魚はしめ鯖・アボカド・玉ねぎスライスの名トリオですよ。

20240312 00002.png

朝から続く冷たい雨。
明日は上がるそうですよ。

cup.gif






posted by しんさん at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当、だけどおやつにも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月11日

『ホヤの磯辺揚げ』と『ずいきの煮もの』

先日、主人が『日高見市場』さんから取り寄せした『冷凍おつまみセット』
さっと炙ったつぶ貝やお刺身わかめ、牡蠣の潮煮等々おいしそうなものが詰まっていました。

そして最初に開封したのは『お刺身ほや』
結婚前、私が頻繁に取り寄せておりました『莫久来(ばくらい)』のイメージだったのでしょう。
が、お刺身のほやは想像以上に食べ辛い、取り寄せた当の本人も降参の面持ち。

という訳で揚げてみましたよ。

20240311 00009.png

とても品質の良いお品だということは重々承知しております。
私たちがホヤの味覚を分かってあげられないだけなのです。
でも、どうしても美味しいと思えないホヤのお刺身。

20240311 00007.png

強過ぎる磯の香りに大葉と海苔、そして塩レモンで味を添えて揚げてみたところ、良い具合にホヤの風味を残しつつ、例の苦手な感じは軽減。
うん、美味しいからとパクパク食べるタイプのお料理ではありませんが、珍味としてひとつふたつ摘まむのに良い磯部揚げがさっくり揚がりましたよ。

残りひとつのホヤ、ふたつ候補が上がっておりますがまたそれは追々。

20240311 00004.png




手順はとっても簡単です。

  1. ホヤはザルにとり、更にキッチンペーパーの上に並べて水気を抑えておきます。

  2. 冷凍卵白(お菓子などを作った際に残った卵白をひとつずつラップで包んで冷凍してあります)をボールに移し、半解凍の状態で米粉・塩レモンと合わせます。
    少しずつ様子を見ながら冷水を加え、ゆるめのパンケーキ生地程度のかたさになるよう混ぜながら衣の準備。

    大葉と海苔を用意して準備は完了。

    20240311 00006.png

  3. 大葉の上に海苔を重ね、ホヤを置いてくるりと巻き楊枝で留めます。
    衣にくぐらせてたっぷりとまとわせたら、熱した太白胡麻油の中へ。

    20240311 00010.png

    形が落ち着いたら楊枝をとり、さっくり揚げれば出来上がり。

    20240311 00011.png





w-line81-thumbnail2.gif




もうひとつ、珍味ではありませんがあまり日常的ではない食材。
昨年根尾の伯母宅にお邪魔した際、『お母さんに持ってって』そう言って渡された『ずいき』

私も料理した旨を伯母に伝えたところ、私の分を少し取り分けて持たせてくれました。
もちろん料理のコツは動画で記録、伯母直々レシピです。

20240311 00008.png





  1. ずいきはぬるま湯で戻します。
    15分ほどぬるま湯に浸し、真っ黒になったお水から引き上げて絞り、揃えて食べやすい長さに切りそろえましょう。

    伯母のお勧めは『スルメ』を一緒に炊くこと。
    イオンさんに届けていただきましたよ、ずいきのために。

    20240311 00012.png

  2. 切りそろえたずいき・細く切ったスルメ・戻して細切りにした干しシイタケ・油揚げ・鷹の爪を小鍋に合わせ、お酒・みりん・お醤油・お砂糖を加えて水気がなくなるまで10分弱。
    私は赤酒と生砂糖を使います。

    20240311 00013.png

    お湯で戻すことでシャキシャキのずいき独特な食感が楽しめるのです。
    今度は胡桃も入れてみようかしら。

    根尾の伯母とも母親とも違うずいきの煮物。
    伯母にも食べてもらいたいな、私が煮たずいきも。

    20240311 00014.png




ずいきの煮ものにスナップエンドウの塩麴和え、カボチャの煮物。
我が家らしい今週分の作り置き料理が出来ました。

20240311 00003.png

そして今朝は、主食にひじきの炊き込みご飯を炊きましたよ。

20240311 00005.png

吸水させたお米に蕎麦の実・もち麦・押し麦・十六雑穀を合わせます。
戻したひじきに油揚げ・干しシイタケ・人参を散らし、お酒とお醤油・お塩をひとつまみ足していつもの水加減。

いつも通りに炊き上げれば、ふわりひじき香る炊き込みご飯の出来上がり。
ひろがる湯気に和みます。

20240311 00015.png

お弁当にホヤを詰めることなんて、以降ないことでしょう。

20240311 00002.png





w-line81-thumbnail2.gif





朝食です。

月曜日のアジの干物も残り1回分となりました。
以降は西京漬けになる予定です。

20240311 00001.png

ホワイトディも近いからと、主人からエステに行くよう命令が下りました。
そしておとなしく予約に至りました。

歩いて行ける距離に評判の良いサロン、うん、良い感じ。

2019-06-11T17_38_00-dfb23-thumbnail2.gif




posted by しんさん at 13:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | お弁当日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月08日

オートミールと黒米のいなり寿司〜レンジ編

お待ちかねの金曜日です。
明日の午前中に完成するであろう初めての試みに気もそぞろで、今日のお昼については全くの無計画。

早朝キッチンに立ち、とりあえず今日中に使ってしまいたい油揚げを冷蔵庫から取り出しました。
甘辛お醤油味をひたひたに含んだ油揚げに、黒米を混ぜたもっちりオートミールを詰め込みましたよ。
オートミールと黒米のいなり寿司です。

20240308 00002.png

普段苦手意識の高い電子レンジ調理ですが、背に腹は代えられない、今日ばかりは電子レンジに頼ると致しましょう。
想像以上に出来の良いオートミールいなり寿司が、ちょちょいのちょいで完成致しました。
電子レンジ調理、見直しても良いかも。





◆材料と作り方(小ぶりなオートミール稲荷寿司3つ分です)



 ◆油揚げ
  • 油揚げ(マックスバリュ製品です) 5枚
  • お水 100t
  • てんさい糖・みりん・お酒・お醤油 各大さじ1



 ◆オートミールご飯
  • オートミール(ロールドオーツ) 35g
  • お水 55g
  • 黒米(炊いて小分けにし、冷凍しておいたものです) 36g
  • 冷凍おくら  適量
  • 寿司酢(☆彡) 大さじ1





  1. 先ずはオートミールご飯から。

    オートミールとお水を耐熱ボールに合わせてさっと混ぜ、凍ったままの黒米を加えます。
    ラップをしないで、600Wの電子レンジで加熱すること1.5分。

    20240308 00005.png

  2. 全体を混ぜ、黒米がしっかりと解凍されていることを確認します。
    冷凍おくらを凍ったまま加え、更に寿司酢も加えて混ぜましょう。

    20240308 00006.png

  3. 5分割し、ラップで小さなまん丸お結びさんを5つ作ります。

    20240308 00007.png

  4. 油揚げに進みます。

    油揚げは小さな正方形タイプ。
    1辺を切り落とし、すりこ木を転がして袋状に開きます。
    箸を使うと細すぎてやり辛いので、私は小ぶりなすりこ木を目下愛用中。

    熱湯でさっと茹でてザルにあげ、粗熱が取れたら1枚ずつ両手でしっかり挟んで水を絞っておきます。

    調味料とお水を耐熱ボールに合わせ、数秒レンジ加熱してお砂糖をしっかり溶かしましょう。
    ここに下拵えした油揚げを放射線状に並べ、スパチュラで押さえて全体に調味料をしみ込ませます。

    20240308 00008.png

    ラップをしないで600Wの電子レンジで加熱すること3分間。
    レンジ庫内から取り出したらすぐに上下を返し、そのまま冷ましましょう。

    20240308 00009.png

  5. 冷めた油揚げをそっと絞れば準備は完了。

    20240308 00010.png

    油揚げをそっと裏返して丸めたオートミールに当て、そっと裏返して形を整えます。
    こんもり丸っこいオートミール稲荷寿司の出来上がり。

    20240308 00011.png






dotline2_ve3-thumbnail2.gif




油揚げの煮汁を有効利用して、鯖缶とささがき牛蒡の唐揚げ風。
そして温泉卵を添えたレタスのシーザーサラダ風。





20240308 00004.png

今週最後のお弁当は地味な佇まいとなりました。





dotline2_ve3-thumbnail2.gif




朝食です。
金曜日は楽をさせてもらう日、主食は伊勢うどん、お魚はイオンさんに届けて頂くイワシの梅煮です。

20240308 00001.png

時折飛び上がるほどの強風が吹き荒れております。
さ、キッチンに戻って酵母のつぶやきを確認しましょうか。

03013-thumbnail2.gif







2024年03月07日

まだまだ要改善、米粉パン〜オーツミルクとスキムミルク編

木曜日なので今週もパンを焼きました。
最近はもっぱら米粉パンです。

20240307 00005.png
米粉を使って悪戦苦闘が続く木曜日のパン作りですが、前回焼いた『おゆず』さんの米粉ペーストを使用した米粉パン(☆彡)は上々の焼き上がり。
このレシピを毎週少しずつアレンジしていけば、何かしらの到達感を得られるのでは?そう思いつきました。

今週はとりあえず、お水をオーツミルクに置き換えました。
そして米粉の量を少し減らし、代わりにスキムミルクを投入。
泡立て器は最初から電動式をつかい、米粉生地をしっかりと撹拌しました。
前回よりぐっと断面の肌理もそろった気が致します。

20240307 00002.png

但し今回のこの米粉パン、成形を諦めるほどのゆるい生地。
いちどは成形を諦めて、琺瑯容器に詰めてフォカッチャ風に焼き上げようかとも思ったほど。

ココナッツオイルを使ってどうにかこうにか成形に漕ぎ着け、焼成にたどり着いたといった運びです。
まだまだ改善点は盛沢山、週にいちどの米粉パンに期待は膨らむのです。

20240307 00007.png





◆材料(4つ分です)

 ※前述の通り、成形にはかなり難儀いたしました

  • 米粉(ミズホチカラ) 135g
  • スキムミルク 15g
  • コーンスターチ 10g
  • てんさい糖 10g
  • インスタントドライイースト(マックスバリュ製品です) 2g
  • お塩 2g


  • ホエー(手作りの豆乳ヨーグルトから出た水分です) 40g
  • オーツミルク ホエーと合わせて140g計量します


  • ココナッツオイル(湯せんにかけ液状にして加えます)6g
  • サイリウム 5g



  • 成形時、仕上げ用のココナッツオイル 適量


    ◆米粉ペースト

  • 米粉 6g
  • お水 20g



◆作り方

  1. 先ずは米ペーストの準備をします。

    米粉とお水を容器に合わせてよく混ぜ合わせてから、ラップをしないで600Wの電子レンジで加熱すること20秒。
    糊状になるまでしっかりと混ぜ合わせておきます。

    20240307 00008.png

  2. 米粉・スキムミルク・コーンスターチ・てんさい糖・インスタントドライイースト・お塩をボールに合わせます。

    20240307 00009.png

    米粉が軽いので、いきなり泡だて器で撹拌すると大変なことになります。
    先ずはスパチュラで優しく、ですが確実に全体を混ぜ合わせておきましょう。

    ホエーとオーツミルクを合わせてよく混ぜ、粉類に加えてスパチュラで混ぜ合わせます。
    米粉が少しなじんで飛び散らなくなったら、徐に電動泡だて器に持ち替えてよく混ぜ合わせましょう。

    20240307 00010.png

  3. 筋の跡も残らないくらいゆるい生地です。
    泡立て器のアタッチメントもサラサラな状態。

    米粉ペーストとココナッツオイルを加え、更に泡立て器で撹拌します。

    20240307 00011.png

  4. サイリウムをふり入れ、スパチュラに持ち替えてぽってりとするまでよく混ぜます。
    ボールの壁に生地を押し付けるようにしながら、ここがいちばんの頑張りどころ。

    20240307 00012.png

  5. 相当にゆるい生地で、両手のひらにいつもより多めにココナッツオイルをぬってどうにかこうにか成形しました。
    4分割した生地を成形し、綴じ目を下にして並べます。

    オーブンシートにこびり付いた生地が成形時の悪戦苦闘の記。
    お水で湿らせたキッチンペーパーとラップをふわりとかけ、オーブンの発酵機能 30℃で25分間成形を促しましょう。

    20240307 00013.png

  6. 生地をオーブン庫内から出して予熱を始めます。
    予熱完了間近になったら、刷毛で表面にココナッツオイルを薄く満遍なく優しくぬりましょう。

    20240307 00014.png

    予熱したオーブン庫内へ移し、設定温度190℃で20〜25分。

    20240307 00006.png

    しばらくはフィリングなしのこの路線で続けようかと思っております。

    20240307 00015.png






table_s.gif




ぽってり濃厚な緑のスープ。
スナップエンドウとお豆腐のポタージュです。

20240307 00003.png

スナップエンドウは大好きな野菜のひとつ。
イオンネットスーパーさんでも見かけるようになってからは常にお買い物カゴに入れています。

最近は旬も後半、実もはじけるほど大きくなってきました。
いつものようにさっと下茹でしてお浸しにするのでは少々食べ辛い。
ならばと、圧力鍋で蒸してみたらば加熱し過ぎで主人からは辛辣な評価。




こっそりスープにしてしまえとばかりに、スナップエンドウのお浸しが入った容器を手にしましたよ。


胡麻油で玉ねぎをじっくり炒めたら、スープストックを控えめ量注いでスナップエンドウのお浸しを加えます。
スナップエンドウのお浸しは、主に莢だけを加えました。
お豆腐も崩し入れてしばし加熱。

20240307 00016.png

お豆腐が温まる程度に加熱したら、オーツミルクを注いでバーミックスで撹拌します。
これを中〜弱火でゆっくりと温めながら、茹でて冷凍しておいた緑豆・冷凍むきアサリ・冷凍オクラ・冷凍むき枝豆・別にしておいたスナップエンドウの実と一緒に浸してあったむきエビ等を加えます。

20240307 00017.png

ひと煮たちさせてスープジャーに盛り、カイエンペッパーでピリッとアクセント。






『今日のスープも美味しいね』
・・・主人からのメッセージ。

しめしめ。

20240307 00001.png





table_s.gif





朝食です。
木曜日のお魚は塩鯖です。

主食は炊き粥、2022年製の梅干しを添えました。
ふっくらと仕上がった良い梅干しです。

20240307 00004.png

最近の体重増加を気にする主人。
私、塩鯖にはお粥でなく白いご飯派なのですが、主人のションボリした顔を見ていられませんもの、今日もお粥で。




主人の体重は週末が危険なのですけどね。

col32-thumbnail2.gif











ラベル:米粉パン
posted by しんさん at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米粉を使って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする