2021年07月02日

全粒粉グジェールと酒粕クリーム

昨日は大変斬新なスイートブールを焼いてしまい、しかも堂々とそれを備忘録として画像に残してしまい(☆彡)、それを誰かに見られることもあり得る、そう思うと今日の梅雨空と同じくらい憂鬱。
出来るだけそれを考えないようにしながら眠りにつきました。

明日は金曜なのだから楽しいことを考えなくては。
そう努める私の頭をふと過ったのは、冷蔵庫の中の作り置き料理。
金曜日、そう、食材は貧困しているけれど作り置き料理のお片付けをしなければ。

久しぶりにグジェール、焼いてみましたよ。

20210702 00008.png

ペコリーノロマーノの塩味が効いた全粒粉グジェール。
全粒粉生地にちらほら見える緑のスジは、エルブ・ド・プロヴァンスです。
エルブ・ド・プロヴァンスを容器に移し換えた際、袋に極少量残ったのを目ざとく見つけ生地に加えました。

作り置き料理お片付けは、生地でなくフィリングです。
全粒粉生地からとろりとろけるのは、こちらもペコリーノロマーノの塩味が効いた『酒粕クリーム』

20210702 00003.png

数日前、そう、オートミールクレープを焼いた日(☆彡)すね。

ビーツやビーツグリーンと一緒に巻こうと思って拵えた『酒粕クリーム』のことをすっかり忘れておりました。
どうりで当日出来上がったオートミールクレープが貧相だったこと、その日の夕方に思い出しました。

いっそのこと、何かしらの生地に混ぜ込んで焼いてしまおうとも思いましたが、それでは今後の進展に全くつながりませんものね。
先ずは味見、そして主人の意見も聞かないと。

酒粕クリーム+バジルがフィリングの全粒粉グジェール、はてさて、主人の意見はいかがなものでしょうか。

20210702 00009.png





◆グジェール生地の材料(直径5〜6センチのグジェール5つ分です)  
  • お水 50g
  • 無塩タイプの発酵バター 20g
  • お塩 ひとつまみ

  • 全粒粉薄力粉 30g
  • 全粒粉強力粉 5g

  • 卵 1個(室温に戻しておきます)

  • エルブ・ド・プロヴァンス 適量
  • 粗く粉砕したペコリーノロマーノ 10g
  • ナツメグ 適量

  • アーモンドミルク 6〜10g






◆作り方

  1. 薄力粉と強力粉は予め合わせてふるっておきます。

    小さなお鍋にお水・バター・お塩を合わせ、中火でしっかりと煮立てましょう。
    火を止め、ここに合わせておいた小麦粉を一気に加え、ひとつにまとまるまで木べらで混ぜます。

    生地がまとまったら中〜弱火にかけ、鍋底に薄っすら白い膜のようなものが張るまで1分そこそこ混ぜ続けましょう。

    20210702 00012.png
    20210702 00013.png20210702 00014.png


  2. 予め室温に戻しておいた卵はを、よくほぐしておきます。
    生地の熱で卵に火が入らないよう、混ぜながら卵を少しずつ少しずつ加えてなじませていきましょう。

    別容器に生地を移して混ぜ込むと失敗しません。
    最初はツルンッと頑なになじまない卵と生地ですが、やがてなじんで滑らかな生地になります。
    エルブ・ド・プロヴァンス、ペコリーノロマーノ、すりおろしたナツメグを加えて更に混ぜましょう。

    20210702 00015.png

  3. 生地をすくってみて、ゆっくり三角になってスパチュラから垂れ落ちてくるのが理想的。
    アーモンドミルクを少しずつ足してかたさ加減を調節しましょう。

    1cmの丸口金を付けた絞り出し袋(ビニール袋ですが・・・)に移します。

    20210702 00016.png

  4. 天板にオーブンシートを敷き、十分に間をあけて生地を絞り出します。
    指先をお水で湿らせ、生地の尖がった部分を抑えてあげましょう。
    粉砕したペコリーノロマーノ(分量外)を散らしたら、霧吹きでお水をひと吹きして素早く250℃に予熱したオーブンへ。

    20210702 00017.png

  5. 最初の2分間は250℃のまま、2分ほど高温で焼いて表面を焼きかためます。
    その後210℃にして8分間、更に180℃〜160℃で10分間、計20分ほど焼いてそのままオーブン庫内で粗熱をとりましょう。

    20210702 00002.png

  6. 酒粕クリームの分量ですが、どうやら走り書きしたメモを捨ててしまったようです。

    木綿豆腐・酒粕・ペコリーノロマーノ・白味噌・葛粉を合わせてミルで撹拌し、ぽってりと煮詰めて粗熱をとった後でレモン汁を数滴たらす・・・確かこんな感じだったかと。

    冷蔵庫で保存して数日たった今朝。
    さっと湯通ししたバジルの葉をしっかりと絞り、一緒にミルで撹拌しました。

    20210702 00010.png20210702 00011.png
    20210702 00018.png


  7. 酒粕クリームを絞り出し袋に入れます。
    シュー生地の底に箸等で小さな穴を開け、そこからはみ出してくるまでたっぷりとしぼり出しましょう。

    20210702 00019.png

    はい、金曜日の恒例お片付け料理、今週は酒粕クリーム詰まった全粒粉グジェールでした。

    20210702 00020.png






2018-07-06T15_39_09-c47b5-thumbnail2.gif





そう言えば、畑で摘んだパクチーと間引いたビーツの葉っぱがまだ残っておりました。

困ったら巻く、が私の料理の鉄則。
食材がなくても在庫食材を巻く、献立が思い浮かばなければ巻く、兎にも角にも巻く。
なのでライスペーパーはキッチンになくてはならない存在、今日のお菜は生春巻きです。
20210702 00005.png





いつぞやお弁当用に拵えた苦し紛れのスペイン風オムレツ、パクチー、ビーツグリーン、とにかくあるものをライスペーパーで巻きます。

20210702 00007.png






切り分けて詰め込んだら、作り置き料理で隙間埋め。
ビーツグリーンのナムルが毒々しい存在感を放っております。

20210702 00004.png





2018-07-06T15_39_09-c47b5-thumbnail2.gif





今朝の主食は、主人喜ぶ釜玉うどんの伊勢うどんver.
そしてお魚は、こちらも主人が毎週楽しみにしておりますイオンブランドのイワシ生姜煮。

イオンネットスーパーのお買い物にすっかり慣れ親しんでしまった昨今。
以前のようにイワシを買ってきて煮るのはもうしばらくお休みし、楽家事を満喫しております。

20210702 00001.png

いつもならお味噌汁に加える酒粕。
今日はお昼にしっかり酒粕を摂取しましたからね、お味噌汁の酒粕は控えましょう。





今日はお楽しみの金曜日。

それは主人も同じなようで、今宵の晩酌が待ちきれないといった類の発言が今日は朝からちらほら。
週2日を除く飲酒日(以前は確か3日だったかと)はいつも楽しみ、ですがそれが金曜日ならばことのほか。

ですが今日は歯医者さんの定期健診日。
私が歯医者さんに行くときはいつも雨、時に雷におびえることも多々。

今日の天気予報は大雨。
おや、ですが外が明るくなっていますよ。


w45-thumbnail2.gif



posted by しんさん at 13:45 | Comment(0) | お弁当日記 〜 手作りお手軽パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする